トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門分野のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索

2015年度 トピックス

1

島武謳カ、教授就任10周年

10th anniversary of Professor Shimazaki

  島武謳カは2006年1月に教授就任、以来10年が経ちました。本号では、島武謳カがとくに大切にしている「角膜フェローの教育」について、特集を組みました。ぜひご覧ください。
2

島武謳カ、角膜学会理事長に

Professor Shimazaki becomes President of Japan Cornea Society.

  島武謳カは2015年度より日本角膜学会理事長に就任しました。「裾野の拡大」と「国際交流」に努めていきたいと意気込みを語ります。ビッセン先生は2010年より日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)の理事長に就任しており、公益社団法人となった組織を持ち前のリーダーシップで牽引しています。東京歯科大学眼科の誇るお二人が、それぞれの分野を代表する組織のトップとして活躍しています。
3

羊膜バンク、組織移植学会認定へ

AM Bank received recognition from the Japan Society of Tissue Transplantation.

 
羊膜バンク認定証
2014年に設立した羊膜バンクは、2015年11月日本組織移植学会のバンク認定をカテゴリーTで取得しました。これにより、難治性眼疾患の患者さんへの羊膜移植が可能となるだけでなく、全国へ羊膜組織を分配することができます。
1

ムラト先生、学長奨励賞研究助成金受賞、チームFUDEの発足

New era of our dry eye research group has begun.

  後期研修医として当科に戻ってきてくれたムラト先生が、ドライアイグループに参画、新しいリサーチグループ「FUDE」(Future of Dry Eye)が発足しました。スローガンは「ドライアイの未来を書き換える」です。ムラト先生はさっそく「Epidermal fatty acid binding protein のシェーグレン症候群の診断マーカーとしての有用性」というプロジェクトで本学の学長奨励賞研究助成金を申請、見事受賞しました。ドライアイグループのますますの発展にご期待ください。
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明