トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門分野のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
2005年度トピックス
1 角膜移植、史上最高件数を施行!
  角膜移植件数推移アイバンクの頑張りによる国内ドナーの増加、移植医のレベルアップ、手術室の新装をうけて、2005年には過去最多の角膜移植が施行されました。
培養上皮移植を併せると計323件で、わが国で第1位であるだけでなく、世界的にもトップレベルの実績です。
増える角膜再生医療の応用
  培養上皮移植再生医療の臨床応用である「培養上皮移植」が大幅に増加しました。
今年は「培養口腔粘膜上皮移植」も広く行われるようになりました。
これまで良い治療法のなかった難治例が対象となるので、その発展に期待が集まっています。
当科ではこれら新しい術式の効果について、臨床と研究の両面から検討に力を入れています。
本格的な「層別角膜移植」の時代!
  層別角膜移植「全層角膜移植」から、悪い部分のみを移植する「層別角膜移植」へ、時代は確実にシフトしています。
技術的に難しいといわれる「深層表層角膜移植」(写真)からも術式の改良によってごく日常的に行われる手術になりました。
「内皮移植」も始まり、「培養上皮移植」を併せて、角膜移植のバリエーションが格段に増えました。
スタッフの著しレベルアップ
  術者別角膜移植件数2005年の最大の課題であったスタッフのレベルアップには、大きな成果が得られました。
角膜移植件数のうち2/3を助手やフェローが担当し「誰でも一通りのことができる」体制ができあがりました。
英文論文の投稿数も増え、留学帰りの川北講師と御宮知医師がKyoto Cornea Clubへの入会を果たしました。
来年も入会者が続くものと期待されます。
マスコミの力 島賦瘟ネ部長が9月に某テレビ局の「スーパードクター」という番組に出演しました。
次の日から問い合わせが殺到し最終的に300件以上となり、外来に直接受診される患者さんも大勢いらっしゃいました。それを受けてから今年の紹介患者数も増加。
昨年のモハマド君に続いてマスコミの力を見せつけられました。
これからも患者さんの期待に沿えるよう努力していきます。
島崎医師TV出演画像
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明