トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門分野のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
2009年度トピックス
1 角膜移植外来始まる
  9月から新しく角膜移植外来を立ち上げました。パーツ移植の増加などにともない、角膜移植の適応と選択は以前より複雑になっているため、患者さんおひとりに時間を十分取って、最適な治療オプションを提供できるよう配慮しました。移植のご相談などの紹介患者さんも、この外来で対応させていただいています。
2 円錐角膜の治療、広がる
 
円錐角膜の治療、広がる
円錐角膜外来も新しく始まりました。近年、円錐角膜には、角膜内リングやクロスリンキングなど治療の選択肢が増えています。角膜移植も全層角膜移植の他に、深層状角膜移植も安全に行えるようになっています。これらの中から最適な治療を選択できるような態勢を整えました。コンタクトレンズ外来と同時に行うことで、効率よく診察できるようにしています。
3 水道橋合同プロジェクト進む
  水道橋合同プロジェクト進む水道橋病院のフェムトセカンドレーザーを用いた、円錐角膜に対する角膜内リング治療が始まりました。HCL装用が容易になったり、移植を遅らせたりする効果があります。また、同レーザーを用いた角膜移植を行う態勢も整いつつあり、来年には始められる予定です。定期的な合同ミーティングを開くなど、今まで以上に連携を強くしています。
4 歯科大から出すエビデンス、形に
  歯科大の移植のノウハウを凝縮した『これで完璧 角膜移植』が出版されました。島崎教授がひとりで執筆した、120分に及ぶ手術ビデオ満載の力作です。また日本臨床眼科学会で同名のインストラクションコースを初めて開催し、多数の出席をいただくことができました。
歯科大から出すエビデンス、形に
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明