トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門分野のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索

外来のご案内

ドライアイ外来 -Dry eye clinic-

隔週水曜日午後 Wednesday afternoons, every other week

一般外来で治しきれない患者さんを診ています。ドライアイはいくつもの原因が重なって生じる眼表面疾患です。ライフスタイルの見直しをはじめとした原因の追究と、点眼以外にも、涙点閉鎖やマイボーム腺治療などをはじめとしたオプション治療にも力を入れています。
また、新たにドライアイ研究グループ「team FUDE」を立ち上げました。月に一度ミーティングを行い、臨床研究や基礎研究についてアイデアを出し合ったり、進捗状況をシェアしたりしています。
水曜日不定期にはなりますが、眼瞼痙攣に対するボトックス治療も行っています。メージュ症候群をはじめ、眼瞼痙攣とドライアイの関連は深く、ボトックス治療によってドライアイが改善することもあります。

We treat severe cases of dry eye by medicine and surgery. Our goal is to offer out patients a variety of treatment options, as the causes of dry eye are various. Therefore,treatment may include a change in lifestyle and options other than eye drops such as treatment for punctal occlusion and meibomian gland dysfunction.
In addition, we have put together a dr y eye research group, which will be responsible for new projects we have launched, the “Future of Dry Eye” (FUDE).
Botox injections are used to treat patients suffering from blepharospasm or Meige’s syndrome.


アレルギー外来 -Allergy clinic-

隔週木曜日午後 Thursday afternoons, every other week

アトピー性角結膜炎、春季カタルなど難治性疾患を対象にしています。病態の説明と年間を通しての治療方針を理解してもらうことで、症状の改善だけでなく再発させない治療を目指しています。

We treat patients with severe vernal keratoconjunctivitis and atopic keratoconjunctivitis. Our goal is to fully understand the clinical condition of each patient so that we can develop a therapeutic strategy that will not only improve the signs and symptoms of the disease, but also keep their eyes healthy into the future.


円錐角膜外来およびコンタクトレンズ外来
-Keratoconus and contact lens outpatient clinic-

月1回金曜日 Friday afternoon, once a month

円錐角膜の診断と治療法の選択を主に行っています。初期から中期の円錐角膜についてはその進行予防あるいは抑制を目的とした治療法として角膜内リングや角膜クロスリンキング(CXL) が加わりました。角膜内リングは視力改善やコンタクトレンズ不耐症の改善効果があります。CXLは新しい治療法で、日本ではまだ施行可能な施設が限られていますが、今後増加していくことが期待されています。我々は、早期発見・早期治 療により角膜移植を行わずに十分な矯正視力が得られ、快適に日常生活を過ごしていただくことを目指しています。
また、進行した円錐角膜や角膜移植後で通常のコンタクトレンズの装用が難しい方には、コンタクトレンズ外来にて特殊コンタクトレンズの処方を行っています。

Our goal is to provide treatment for early- to moderatestage keratoconus. We aim to stop the progression of this disease by not only prescribing appropriate contact lenses, but also making use of new technologies, including corneal crosslinking and intracorneal ring transplantation.


角膜移植外来
-Corneal transplantation outpatient clinic-

毎週木曜日午後 Every Thursday afternoon

角膜移植の術式や術前後のケアに特別な難しさがともなう症例を対象にしています。複数の医師による診察とディスカッションにより、最適な治療を提供できるよう、努力しています。

We treat patients in whom the severity of their condition means that medical and surgical treatment will be difficult.Our patients are given the opportunity to undergo a rigorous examination and discuss their symptoms in depth with an experienced specialist, allowing us to provide the best treatment possible in such cases.


再生医療外来
-Regenerative medicine outpatient clinic-

隔週月曜日午後 Monday afternoons, every other week

スティーブンス・ジョンソン症候群や眼類天疱瘡など、角膜幹細胞が高度に障害された眼表面疾患に対して、再生医療の技術を用いて治療にあたっています。自己の角膜や口腔粘膜を培養して移植する培養上皮移植は、すでに約10年の実績があります。

We treat patients with severe ocular surface disorders, including Stevens-Johnson syndrome and ocular cicatricial pemphigoid due to damage of corneal stem cells. Our goal is incorporate regenerative medicine into our medical and surgical treatment of such patients.


緑内障外来 -Glaucoma outpatient clinic-

毎週木曜日午後 Every Thursday afternoon

角膜移植後の緑内障などの難治性緑内障に多く取り組んでいます。最近では、新しい緑内障点眼薬がいくつか発売になり、各々の特色をいかした処方を行っています。インプラント手術などの新しい手術が日本でも認可され、様々な手段を使って、疾患の種類に合わせた治療を行うようにしています。また、緑内障は治療が長くなるため、現在の眼の状態、点眼薬の使い方、手術治療の選択などについて丁寧に説明し、患者さん との対話を大切にしています。

Here, our team of specialists treats severe cases of glaucoma, including secondary glaucoma associated with corneal disease. Treatment includes surgical options other than eye drops such as filtration devices. Our goal is to treat our patients in full cooperation with corneal specialists. We value deep understanding of patients about their own disease and treatment through the dialogue between patients and doctors.


網膜硝子体外来
-Vitreoretinal disease outpatient clinic-

月1回木曜日 Thursday afternoon, once a month

網膜硝子体専門医を迎え、黄斑疾患や糖尿病網膜症などに対して、手術の適応症例には硝子体手術を行っております。
2015 年は11件施行しました。

Here at the Vitreoretinal Outpatient Clinic, our team of specialists is able to offer treatment to patients with diseases affecting the vitreous body, such as diabetic retinopathy and macular disease. We performed 11 vitreoretinal surgeries in 2015.


[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明