トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門外来のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
業績一覧
TOP
-----
業績 2014年
1.「英文論文」 Original Papers (English)
  1. Satake Y, Yamaguchi T, Hirayama M, Higa K, Shimazaki-Den S, Dogru M, Kawakita T, Kawashima M, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Ocular surface reconstruction by cultivated epithelial sheet transplantation. Cornea 2014;33 Suppl 11:S42-46. (Impact factor=2.360)
  2. Yamaguchi T, Ohnuma K, Konomi K, Satake Y, Shimazaki J, Negishi K. Peripheral optical quality and myopia progression in children. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2014;252(1):175. (Impact factor=2.333)
  3. Inoue M, Bissen-Miyajima H, Arai H, Hirakata A. Retinal images viewed through a small aperture corneal inlay. Acta Ophthalmol. 2014;92(2):168-169. (Impact factor=2.512)
  4. Inoue M, Bissen-Miyajima H, Arai H, Noda T, Ohnuma K, Hirakata A. Image quality of grating target in model eye when viewed through a small-aperture corneal inlay. J Cataract Refract Surg. 2014;40:1184-1191. (Impact factor=2.552)
  5. Inoue M, Uchida A, Shinoda K, Taira Y, Noda T, Ohnuma K, Bissen-Miyajima H, Hirakata A. Images created in a model eye during simulated cataract surgery can be the basis for images perceived by patients during cataract surgery. Eye (Lond). 2014 ;28(7):870-879. (Impact factor=1.897)
  6. Kamiya K, Hayashi K, Shimizu K, Negishi K, Sato M, Bissen-Miyajima H; Survey Working Group of the Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery. Multifocal Intraocular Lens Explantation: A Case Series of 50 Eyes. Am J Ophthalmol. 2014 ;158(2):215-220. (Impact factor=4.021)
  7. Kojima T, Dogru M, Ibrahim OM, Nagata T, Higa K, Shimizu T, Shirasawa T, Satake Y, Shimazaki S, Shimazaki J, Tsubota K. The effects of 3% diquafosol sodium application on the tear functions and ocular surface of the Cu,Zn-superoxide dismutase-1 (Sod1)-knockout mice. Mol Vis. 2014;20:929-938. (Impact factor=2.245)
  8. Ibrahim OM, Dogru M, Matsumoto Y, Igarashi A, Kojima T, Wakamatsu TH, Inaba T, Shimizu T, Shimazaki J, Tsubota K. Oxidative stress induced age dependent meibomian gland dysfunction in Cu, Zn-superoxide dismutase-1 (Sod1) knockout mice. PLoS One. 2014;9(7):1-13. (Impact factor=3.534)
  9. Yamazoe K, Yamazoe K, Yamaguchi T, Omoto M, Shimazaki J. Efficacy and safety of systemic tacrolimus in high-risk penetrating keratoplasty after graft failure with systemic cyclosporine. Cornea 2014;33(11):1157-1163. (Impact factor=2.360)
  10. Matsumura S, Higa K, Igarashi T, Takaichi S, Tonogi M, Shinozaki N, Shimazaki J, Yamane GY. Characterization of mesenchymal progenitor cell populations from non-epithelial oral mucosa. Oral Dis. 2014 Sep 2. (Impact factor=2.404)
  11. Ishii A, Muramatsu T, Lee JM, Higa K, Shinozaki N, Jung HS, Shibahara T. Expression of p75(NGFR), a Proliferative and Basal Cell Marker, in the Buccal Mucosa Epithelium during Re-epithelialization. Acta Histochem Cytochem. 2014 ;47(4):145-153. (Impact factor=1.224)
[このページのトップに戻る]
2.「和文論文」 Original Papers (Japanese)
  1. 島 潤. 角膜移植. 眼科56(11):1315-1321, 2014/10.
  2. 藤井かんな, 佐竹良之, 島 潤. 角膜移植後の角膜感染症. あたらしい眼科31(11):1697-1700, 2014/11.
  3. 若木みちよ, 斉野泰代, 大木伸一, 平沢 学, ビッセン宮島弘子. 白内障手術希望患者への効果的は診療体制および術前説明の検討. 第29 回日本視機能看護学会研究発表抄録集:63-65, 2014/4.
  4. 鈴木 崇, 戸所大輔, 小早川信一郎, 外園千恵, 江口秀一郎, 宮田和典, ビッセン宮島弘子, 池 康嘉, 大橋裕一. 腸球眼内炎ワーキンググループ. 腸球菌による白内障術後眼内炎の臨床像の検討. 日本眼科学会雑誌118(1):22-27, 2014/1.
[このページのトップに戻る]
3.「英文総説」 Review Papers (English)
  1. Biussen-Miyajima, H. How would you Treat A+1.50D Redidual Refractive Error in a Patient With a Multifocal IOL? How Abour -1.00D? How About +1.25D Asisgmatism? Curbside Consultation in Refractive and Lens-Based Surgery:189-190, October, 2014.
[このページのトップに戻る]
3.「和文総説」 Review Papers (Japanese)
  1. 島 潤. 角膜移植の進歩―パーツ移植の時代へ. 日本医師会雑誌 142(10):2286-2288, 2014/1.
  2. 島 潤. 角膜移植. 診断と治療(別刷) 102(10):1521-1527, 2014/10/1.
  3. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーによる白内障手術. Medical Science Digest 40(3):116-117, 2014/2.
  4. ビッセン宮島弘子, 清水公也. フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術. あたらしい眼科31(8):1169-1170, 2014/8.
  5. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーの白内障手術; 導入と実際LensX. IOL&RS 28(3):233-238, 2014/9.
  6. 平沢 学, ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーによる白内障手術. あたらしい眼科31(6):819-825, 2014/6.
  7. 平沢 学, ビッセン宮島弘子. フェムト秒レーザー, 白内障手術, 眼科臨床エキスパート; 知っておきたい屈折矯正手術. 医学書院:265-276, 2014/11.
  8. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子. Restore トーリック(Alcon 社). IOL&RS 28(3):262-268, 2014/9.
  9. 藤掛雅子. 白内障、緑内障治療薬の副作用. 医学のあゆみ 251(9) : 876-881, 2014/11.
[このページのトップに戻る]
4.「英文執筆 ・ 編集」Books/Chapters(English)
  1. Bissen-Miyajima H. Views from Asia-Paficific. Eye World;10(3):43, September, 2014.
  2. Bissen-Miyajima H, Koch DD, Weikert MP, editors. Cataract Surgery: Maximizing Outcomes Through Research. Tokyo: Springer Japan KK, 2014.
  3. Bissen-Miyajima H. How Would You Treat a +1.50 D Residual Refractive Error in a Patient With a Multifocal IOL? How About − 1.00 D? How About +1.25 D Astigmatism? Curbside Consultation in Refractive and Lens-Based Surgery: 49 Clinical Questions;189-191, 2014.
  4. Inoue M, Ohnuma K, Noda T, Bissen-Miyajima H. Image quality of the eye with a premium IOL: simulation of the retinal surgeon’s view. In: Bissen-Miyajima H, Koch DD, Weikert MP, editors. Cataract Surgery: Maximizing Outcomes Through Research. Tokyo: Springer Japan KK;179-192, 2014.
[このページのトップに戻る]
4.「和文執筆 ・ 編集」Books/Chapters(Japanese)
  1. ビッセン宮島弘子. 理事会だより. IOL&RS 28(2):223,2014/7.
  2. ビッセン宮島弘子. - 先輩からのメッセージ-. IOL&RS 28(3): 329-332, 2014/9.
[このページのトップに戻る]
5.「国際学会」 International Meetings

World Ophthalmology Congress of the International Council of Ophthalmology, Japan, 2014/4/2-6.

  1. Shimazaki J, Toriyama N, Shimazaki-Den S, Murat D. New Indices for Assessing Ocular Surface Sensitivity in Dry Eye.
  2. Satake Y, Shimazaki-Den S, Yamaguchi T, Murat D, Shimazaki J. Long-Term Outcomes of Allogeneic Cultivated Limbal Epithelial Transplantation.
  3. Shimazaki-Den S, Iwasaki M, Tomida D, Murat D, Shimazaki J. A Prospective Randomized Comparative Study on the Efficacy and Safety of Three Different Procedures for Conjunctivochalasis.

American Society of Cataract and Refractive Surgery, Boston, MA, U.S.A., 2014/4/25-29.

  1. Bisssen-Miyajima H. One-Year Results of Microincision Toric IOLs: Prospective Japanese Multicenter Study.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2014Annual Meeting, Orlando, Florida, U.S.A., 2014/5/4-8.

  1. Satake Y, Higa K, Murat D, Mitamura H, Toriyama N, Shimazaki J. The Effect of Rebamipide to the Human Conjunctival Epithelium.
  2. Hirayama Y, Endo A, Mitamura H, Yamaguchi T, Hirayama M, Tomida D, Shimazaki-Den S, Satake Y, Shimazaki J. Stromal Rejection After Deep Anterior Lamellar Keratoplasty.
  3. Higa K, Miyashita H, Shimazaki J, Tsubota K, Shimmura S. Spheroidal cultivation of human limbal epithelial cells.
  4. Kawakita T, Higa K, Simmura S, Shimazaki J, Tsubota K. A gelatin hydrogel for corneal stromal transplantation in rabbit.
  5. Inaba T, Simazaki J, Tanaka Y, Tsubota K. The Potential of Quercetin for Dry Eye Diseases.

XXX U Congress of ESCRS, London, U.K., 2014/9/13-17.

  1. Bissen-Miyajima H, Long-term rotational stability of micro-incision hydrophobic acrylic aspheric toric intraocular lens in a Japanese multicenter study.
  2. Hirasawa M, Bissen-Miyajima H, Inoue Y, Nishimura T, Takahahara H, Nishikawa K, Comparison between toric and non toric intraocular lens implantation in eyes with corneal astigmatism.
  3. Nakamura K, Bissen-Miyajima H, Hayashi K, Hirasawa M, Matsumoto M, Takimoto M, Maeda N. The clinical outcomes of apodized diffractive +3.0 D multifocal intraocular lens implantation.
[このページのトップに戻る]
6.「国際学会シンポジウム」 International Symposiums

World Ophthalmology Congress of the International Council of Ophthalmology, Japan, 2014/4/2-6.

  1. Shimazaki J. Dry Eye Guidelines for Japan & East Asia-Japan Dry Eye Society. (Invited Symposium)
  2. Yamaguchi T. Measuring Corneal Aberrations in Clinical Practice. (Invited Symposium)
  3. Bissen-Miyajima H. Benefit of multifocal IOL.(Luncheon Seminar)

The 112th Anuual Meeting of the Korean Ophthalmological Society, Korea, 2014/10/31-11/2.

  1. Shimazaki J. Diquas in dry eye management.
[このページのトップに戻る]
7.「国内学会」 Domestic Meetings

第37 回日本眼科手術学会総会, 京都市, 2014/1/17-19.

  1. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 大木伸一, 田中みちる, 弓山里穂, 高橋晶子. 当院における先進医療としての多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術希望患者の動向.

第38 回日本角膜学会総会, 第30 回日本角膜移植学会, 宜野湾市, 2014/1/30-2/1.

  1. 山口剛史, 冨田大輔, 遠藤安希子, 平山裕美子, 葛西 梢, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. グラフト作成にFSレーザーとマイクロケラトームを用いた内皮移植術の比較.
  2. 平山裕美子, 平山雅敏, 佐竹良之, 島 潤. フェムトセカンドレーザーを用いた豚眼の乱視矯正角膜切開術.
  3. 遠藤安希子, 三田村浩人, 鳥山直樹, 葛西 梢, 冨田大輔, 平山裕美子, 山口剛史, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. 深層層状角膜移植(DALK)における原疾患別長期予後.
  4. 冨田大輔, 遠藤安希子, 平山裕美子, 山口剛史, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. フェムトセカンドレーザーで作成した移植片を用いた角膜内皮移植術の短期成績.
  5. 葛西 梢, 島武ケ花, 三田村浩人, 鳥山直樹, 冨田大輔, 遠藤安希子, 平山裕美子, 山口剛史, 佐竹良之, 島 潤. スティーブンジョンソン症候群と化学外傷の急性期マイボーム腺の観察.
  6. 三田村浩人, 遠藤安希子, 鳥山直樹, 葛西 梢, 冨田大輔, 平山裕美子, 山口剛史, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. 円錐角膜に対する深層層状角膜移植での術中デスメ膜穿孔の有無と予後.
  7. 比嘉一成, 宮下英之, 島 潤, 坪田一男, 榛村重人. Matrigel で形成した角膜輪部由来spheroid の解析.

第13 回日本再生医療学会総会, 京都市, 2014/3/4-6.

  1. 比嘉一成, 山根茂樹, 梅澤貴志, 吉成正雄, 島 潤, 阿部伸一. ウサギ口腔粘膜から上皮・間葉・筋の3 層ハイブリッドシートの作製と解析.

第263 回千葉眼科集談会, 千葉市, 2014/3/9.

  1. 田 聖花, 島 潤. 結膜弛緩症の手術成績-3 術式の前向き無作為比較検討-.
  2. 比嘉一成, 宮下英之, 坪田一男, 榛村重人, 島 潤. 角膜輪部上皮の新しい培養法.

第119 回日本解剖学会総会全国学術集会, 下野市, 2014/3/27-29.

  1. 梅澤貴志, 山根茂樹, 比嘉一成, 島 潤, 阿部伸一. 骨格筋筋芽細胞シートへの間葉系細胞の影響.

第35 回日本炎症・再生医学会, 名護市, 2014/7/1-4.

  1. 比嘉一成, 宮下英之, 島 潤, 坪田一男, 榛村重人. 角膜輪部ニッチ培養法の検討.

第29 回日本白内障屈折矯正手術学会, 福岡市, 2014/7/11-13.

  1. ビッセン宮島弘子. 角膜乱視を伴った白内障手術眼への新しいトーリック眼内レンズ挿入成績.
  2. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 大木伸一, 南 慶一郎. テクノスワンピース多焦点眼内レンズの長期的安定性.
  3. 平沢 学, ビッセン宮島弘子, 大木伸一, 井上 康, 竹原弘泰, 西村知久, 西川久美子. 白内障眼に対するトーリック眼内レンズ挿入効果の多施設後ろ向き研究.
  4. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 林 研, 吉野真未, 平沢 学, 桝本美樹, 瀧本峰洋, 細川久美, 前田直之. 乱視矯正機能が付加された着色非球面多焦点眼内レンズ(SND1T3, SND1T4,SND1T5,SND1T6)の白内障摘出眼を対象とした臨床試験成績.
  5. 大木伸一, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 吉野真未. フェムトセカンドレーザーを用いた白内障手術における乱視矯正同時手術.
  6. 田中みちる, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 弓山里穂, 高橋晶子, 大木伸一. 白内障手術におけるフェムトセカンドレーザー角膜切開不完全例の検討.
  7. 弓山里穂, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 田中みちる, 高橋晶子, 大木伸一. フェムトセカンドレーザーを用いた水晶体前嚢切開の精度.

第13 回日本組織移植学会, 岐阜市, 2014/8/29.

  1. 青木 大, 松本由夏, 佐々木千秋, 比嘉一成, 島 潤. 当院における羊膜バンク設立への過程.
  2. 佐々木千秋, 青木 大, 松本由夏, 島 潤. 全死亡例臓器提供意思確認システムの運用・分析.

第264 回千葉眼科集談会, 千葉市, 2014/9/14.

  1. 冨田大輔, 葛西 梢, 平山裕美子, 山口剛史, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. フェムトセカンドレーザーを用いた新しい角膜移植の現状と課題.
  2. 林 李恵, 鳥山直樹, 三田村浩人, 小川 護, 石居信人, 葛西 梢, 冨田大輔, 平山裕美子, 山口剛史, 佐竹良之, 島 潤. スティーブンス・ジョンソン症候群の角膜穿孔に対する多層羊膜移植術の有効性.

第56 回歯科基礎医学会, 福岡市, 2014/9/25-27.

  1. 梅澤貴志, 比嘉一成, 芹川雅光, 山根茂樹, 島 潤, 阿部伸一. 間葉系細胞の共培養が骨格筋筋芽細胞のMHC に与える影響.

第68 回日本臨床眼科学会, 神戸市, 2014/11/13-16.

  1. 冨田大輔, 遠藤安希子, 三田村浩人, 葛西 梢, 平山裕美子, 山口剛史, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. ヘルペス性角膜炎に対する角膜移植術の術式による予後の検討.
  2. 石居信人, 山口剛史, 葛西 梢, 冨田大輔, 平山裕美子, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤. 角膜内皮移植後の長期経過.
  3. 三田村浩人, 山口剛史, 遠藤安希子, 鳥山直樹, 葛西 梢, 冨田大輔, 平山裕美子, 田 聖花, 佐竹良之, 島 潤. 円錐角膜に対する深層層状角膜移植での術中デスメ膜穿孔の術前リスク因子の検討.
  4. 村戸ドール, 鳥山直樹, 遠藤安希子, 冨田大輔, 葛西 梢, 平山裕美子, 山口剛史, 島武ケ花, 佐竹良之, 深川和己, 島 潤, 坪田一男. 乾燥環境における新型加湿機能付き眼鏡装用が涙液機能に与える影響.
  5. 平沢 学, ビッセン宮島弘子, 林 研, 吉野真未, 中村邦彦, 大木伸一, 吉田起章, 桝本美樹, 佐々木博司. 着色非球面+2.5D 近方加入多焦点眼内レンズ SN6AD2(SV25TO) の臨床試験成績.

日本解剖学会関東支部第102 回学術大会, 東京都新宿区, 2014/11/22.

  1. 芹川雅光, 比嘉一成, 梅澤貴志, 山根茂樹, 島 潤, 阿部伸一. 筋芽細胞重層化メカニズムに関する検討.
[このページのトップに戻る]
8.「国内学会シンポジウム/セミナー」 Domestic Symposiums

第37 回日本眼科手術学会総会, 京都市, 2014/1/17-19.

  1. 島 潤. 角膜領域代表. [イブニングセミナー2], (演者)
  2. 島 潤. 田 聖花. 眼表面疾患の治療戦略. [インストラクションコース], (島 潤: オーガナイザー, 田 聖花:演者)
  3. 佐竹良之. 角膜上皮移植. [教育セミナー2], (演者)
  4. 田 聖花. 結膜弛緩症. [教育セミナー6], (演者)
  5. ビッセン宮島弘子. 白内障手術の進歩:マニュアルからデジタルの時代へ. [特別講演]
  6. ビッセン宮島弘子. 爽やかな朝に、爽やかな術後のためのお話し!〜白内障手術 お役立ち情報〜 . [モーニングセミナー]
  7. ビッセン宮島弘子. 進化し続ける多焦点眼内レンズ. [ランチョンセミナー]

第38 回日本角膜学会総会, 第30 回日本角膜移植学会, 宜野湾市, 2014/1/30-2/1.

  1. 島 潤. 角膜!ナイトスクープin Okinawa. [イブニングセミナー1]
  2. 島 潤. Innovations in Corneal Lamellar Surgery for Asian Corneal Diseases. [特別講演], (座長)
  3. 島 潤. 角膜スペシャリストを目指して〜バリア機能を知る〜:ドライアイ. [モーニングセミナー1]
  4. 島 潤. 目の前と後から迫る糖尿病眼合併症診療の最前線. [モーニングセミナー3], (座長)
  5. 島 潤. 田 聖花. 不定愁訴ケーススタディ. [ランチョンセミナー], (島普@潤:座長, 田 聖花:パネリスト)
  6. 山口剛史. 角膜治療最新アップデート〜角膜移植と周術期管理〜 . [ランチョンセミナー2], (演者)
  7. 青木 大. Routine Referral System(RRS) の取り組み- 楽しいPED 第2 部- これからのアイバンクができること. [シンポジウム]
  8. 青木 大. 第一部アイバンクドナーデータ比較.

第118 回日本眼科学会総会, 東京都千代田区, 2014/4/2-6.

  1. 島 潤. 再生角膜と人工角膜の現状と課題. [シンポジウム], (演者)
  2. 島 潤. 角膜移植後の薬物療法. [サブスペシャリティサンデー], (演者)
  3. 佐竹良之. 培養口腔粘膜上皮シートを用いた眼表面再建術. [シンポジウム], (演者)

第2 回福島眼科セミナー, 郡山市, 2014/5/24.

  1. 島 潤. 角結膜疾患診療のポイント. [特別講演], (演者)

第8 回箱根ドライアイクラブ, 北佐久郡, 2014/6/20-21.

  1. 島 潤. 瞬目時の摩擦亢進の原因と自覚症状. [シンポジウム]
  2. 島 潤. 痛みの過敏化と慢性化のメカニズム. [特別講演], (座長)
  3. 村戸ドール. 国別対抗ドライアイ クイズグランプリ. [Evening Event], (座長)

フォーサム2014 東京, 東京都千代田区, 2014/7/4-7/6.

  1. 島 潤. 油層からのアプローチ. [モーニングセミナー6], (演者)

第29 回JSCRS 学術総会, 福岡市, 2014/7/11-13.

  1. 島 潤. 円錐角膜に対する角膜移植. [シンポジウム7], (演者)
  2. 島 潤. 円錐角膜の新しい治療. [インストラクションコース10], (島普Fオーガナイザー, 講師)
  3. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーは白内障手術を変えるのか? [特別講演]
  4. ビッセン宮島弘子. 白内障手術の近未来システム. [ランチョンセミナー]
  5. 吉野真未. トーリック眼内レンズ. [ランチョンセミナー]
  6. 平沢 学. フェムトセカンドレーザー 白内障手術の基礎と臨床 各社レーザーの特徴. [シンポジウム2], (演者)

第34 回比較眼科学会年次大会, 東京都千代田区, 2014/8/9-10.

  1. 佐竹良之. 角膜パーツ移植の現状と未来. [特別講演]

第13 回日本組織移植学会, 岐阜市, 2014/8/29.

  1. 青木 大. 移植コーディネーターの現状とこれから. [シンポジウム], (座長)

第68 回日本臨床眼科学会, 神戸市, 2014/11/13-16.

  1. 島 潤, 佐竹良之, 田 聖花, 榛村重人. これで完璧!角膜移植;初めての角膜移植. [インストラクションコース]
  2. 島 潤. 渡辺 仁, 横井則彦, 堀 裕一. ドライアイスペシャリストの老舗こだわり講座. [インストラクションコース]
  3. 島 潤. 対談企画!木下茂先生vs 清水公也先生. [イブニングセミナー1], (パネリスト)
  4. 島 潤. Corneal Transplantation. [イブニングセミナー1]
  5. 島 潤. See more for better decision-making −術中OCT で確信の持てる状況判断を− . [モーニングセミナー12], (演者)
  6. 島 潤. 目に見えない自覚症状の原因を暴く!−自覚症状とドライアイの検査− . [ランチョンセミナー19], (座長・演者)
  7. 島 潤. ドライアイの「今」を知ろう−第2 部TFOD とTFOT(眼表面の層別診断と層別治療): コンセプトと新展開− . [イブニングセミナー10]
  8. 山口剛史. 角膜移植後の視機能とイメージング解析. [シンポジウム12]
  9. 山口剛史. 角膜疾患での白内障手術. [イブニングセミナー]
  10. ビッセン宮島弘子. 日本の屈折矯正手術の変遷と現状. [シンポジウム]
  11. ビッセン宮島弘子. ZEISS Cataract Suite- 手術室顕微鏡もプレミアムの時代へ-. [ランチョンセミナー]
  12. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーTopics: Cataract Surgery. [イブニングセミナー]
  13. 宮田和典, ビッセン宮島弘子, 根岸一乃, 三戸岡克弥, 神谷和孝. 明日からすぐ実践! 高機能眼内レンズの上手な使い方. [インストラクションコース]

第13 回日本移植コーディネーター協議会総合研修会, 東京都大田区, 2014/11/28.

  1. 青木 大. 臓器移植推進のためにできること. [ランチョンシンポジウム], (座長)
[このページのトップに戻る]
9.国際講演

International Eye Forum-Taiwan 2014, Taipei, Taiwan, 2014/6/28-29.

  1. Shimazaki J. Ocular surface reconstruction.
  2. Shimazaki J. Endothelial Keratoplasty in Asian Eyes.
[このページのトップに戻る]
10.国内講演
  1. 島 潤. ドライアイ診療、最近の話題. ムコスタ点眼液発売2 周年記念講演会 in つくば, つくば市, 2014/1/15.
  2. 島 潤. これからのドライアイの流れを占う. 第6 回ドライアイ・アレルギージョイントセミナー, 東京都千代田区, 2014/1/24.
  3. 島 潤. 視力の概念が変わる!実用視力が低下するドライアイとは? Santen Anniversary Forum in TOKYO, 東京都港区, 2014/1/26.
  4. 島 潤. ドライアイの自覚症状を考える. ムコスタ点眼液発売2 周年記念講演会 in 東京, 東京都港区, 2014/2/8.
  5. 島 潤. 角結膜疾患診療のポイント. 第1 回雪明・新潟眼科フォーラム, 新潟市, 2014/2/16.
  6. 島 潤. シェーグレン症候群とドライアイ. 第4 回江戸川ラインSS 研究会, 市川市, 2014/2/21.
  7. 島 潤. 角結膜疾患の診断と治療. 第4 回オープン手術カンファランス, 福岡市, 2014/3/1.
  8. 島 潤. 角結膜疾患の診断と治療. なにわ眼科勉強会, 大阪市, 2014/3/13.
  9. 島 潤. オキュラーサーフェスのみかたと治しかた. 房総眼科フォーラム, 鴨川市, 2014/3/15.
  10. 島 潤. ドライアイ診療、最近の話題. オキュラーサーフィスセミナー in 栃木, 宇都宮市, 2014/3/28.
  11. 島 潤. 角膜上皮障害の考え方と治療法. 第2 回Tokai Retinea Seminar, 名古屋市, 2014/5/15.
  12. 島 潤. ドライアイの自覚症状を考える〜自覚症状改善へのアプローチ〜 . ムコスタ点眼液発売2 周年特別講演会, 東京都品川区, 2014/6/14.
  13. 島 潤. 眼科アップデート〜角膜疾患〜 . 第50 回関東甲信越眼科学会(ブロック講習会), 千葉市, 2014/6/14.
  14. 島 潤. 実践!ドライアイ診療〜診断〜 . 眼科臨床実践講座2014, 東京都品川区, 2014/8/2.
  15. 島 潤. 明日から役立つ角結膜診療のポイント. 北海道眼科医会生涯教育講座, 札幌市, 2014/9/6.
  16. 島 潤. 明日から役立つ角結膜疾患診療のポイント. 第24 回東邦大学医療センター大橋病院と渋谷区・世田谷区・目黒区眼科医会合同勉強会, 東京都渋谷区, 2014/10/25.
  17. 佐竹良之. 抗アレルギー点眼薬の賢い使い方. 第21 回長野県眼科フォーラム, 諏訪市, 2014/2/22.
  18. 佐竹良之. 抗アレルギー点眼薬の賢い使い方. 南勢地区眼科学術講演会, 伊勢市, 2014/3/1.
  19. 佐竹良之. 効果的に使うアレルギー点眼薬. 群馬県眼科医会学術講演会, 前橋市, 2014/9/26.
  20. 佐竹良之. 花粉と黄砂と花粉症メガネ. 第3 回日本眼科アレルギー講習会, 品川区, 2014/10/4.
  21. 山口剛史, Pedram Hamrah, 島 潤. 角膜神経障害と樹状細胞動態の変化. 眼創傷治癒研究会, 東京都品川区, 2014/8/23.
  22. 山口剛史. 角膜外科とその評価法の進歩. Tokai Ophthalmic Academy, 名古屋市, 2014/10/5.
  23. 田 聖花. ドライアイ 最新の知見. 房総眼科フォーラム, 鴨川市, 2014/3/15.
  24. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズの現状と未来. 第7回東京眼科アカデミー, 東京都港区, 2014/1/25-26.
  25. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーを用いた角膜水晶体手術. New 第38 回COST, 東京都港区, 2014/2/7.
  26. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザー白内障手術. 第12 回御茶ノ水セミナー, 東京都千代田区, 2014/2/15.
  27. ビッセン宮島弘子. 多焦点IOL の選択方法. 眼科診療アップデートセミナー2014 in Kyoto, 京都市, 2014/3/8.
  28. ビッセン宮島弘子 . フェムトセカンドレーザー白内障手術の基礎と臨床. 第5 回水道橋眼科フォーラム, 東京都港区, 2014/5/29.
  29. ビッセン宮島弘子. 最新のレストアファミリ-. ATIOL Users Seminar, 東京都港区, 2014/8/30.
  30. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術を身近なものに- 白内障術後タッチアップ. 第2 回JSCRS サマーセミナー, 東京都港区, 2014/8/30.
  31. ビッセン宮島弘子. 超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズ. 慶應義塾大学教育講演, 東京都新宿区, 2014/9/4.
  32. 青木 大. Routine Referral System(RRS) について. 東大病院移植医療シンポジウム, 東京都文京区, 2014/3/6.
  33. 青木 大. 権利としての提供と求められる体制とは. 東大病院移植医療シンポジウム, 東京都文京区, 2014/3/6.
  34. 青木 大. 組織移植について. 公益社団法人臓器移植ネットワーク本部新人コーディネーター研修, 東京都港区, 2014/4/9.
  35. 青木 大. アイバンクと角膜移植. 読売光と愛の事業団角膜センター見学, 市川市, 2014/4/22.
  36. 青木 大. 角膜センター紹介. 公益社団法人臓器移植ネットワーク東日本支部新人コーディネーター研修, 市川市, 2014/6/6.
  37. 青木 大. 角膜センター紹介. 順天堂大学医学部衛生学・公衆衛生学学生研修, 市川市, 2014/6/13.
  38. 青木 大. アイバンクと角膜移植. 日本アイバンク協会見学, 市川市, 2014/7/2.
  39. 青木 大. 角膜提供について. 東京女子医科大学病院移植支援室主催院内講習会, 東京都新宿区, 2014/7/4.
  40. 青木 大. 初期情報対応について. 第28 回アイバンクワークショップセミナー, 東京都千代田区, 2014/7/26.
  41. 青木 大. アイバンクの果たす役割〜 For the Patient 〜 . 東邦大学眼科学術研究会特別講演, 東京都大田区, 2014/9/17.
  42. 青木 大. 眼球摘出講習会. 東邦大学医療センター大森病院眼科医局勉強会, 東京都大田区, 2014/10/8.
  43. 青木 大. アイバンクの役割〜 For the Patient 〜 . 東京慈恵会医科大学眼科学講座 第528 回慈眼会, 東京都港区, 2014/12/21.
  44. 松本由夏. 角膜センター紹介. 読売光と愛の事業団角膜センター見学, 市川市, 2014/4/22.
  45. 松本由夏. アイバンクと角膜センター. 市川市歯科医師会理事会, 市川市, 2014/5/20.
  46. 松本由夏. アイバンクと角膜移植. 公益社団法人臓器移植ネットワーク東日本支部新人コーディネーター研修, 市川市, 2014/6/6.
  47. 松本由夏. アイバンクと角膜移植. 順天堂大学医学部衛生学・公衆衛生学学生研修, 市川市, 2014/6/13.
  48. 佐々木千秋. 角膜センター紹介. 日本アイバンク協会見学, 市川市, 2014/7/2.
  49. 佐々木千秋. 目の健康について. 市川市教育委員会養護教諭講習会, 市川市, 2014/8/5.
  50. 佐々木千秋. アイバンクと角膜移植. ふれあい看護体験(高校生), 市川市, 2014/8/26.
  51. 佐々木千秋. アイバンクと角膜移植. 昭和学院中学校職場体験, 市川市, 2014/11/20.
  52. 福田朋子. ビジネスマナー. 順天堂大学医学部衛生学・公衆衛生学学生研修, 市川市, 2014/6/13.
[このページのトップに戻る]
11.啓蒙(新聞)
  1. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患〜目で見る鑑別診断〜 . 週刊医学界新聞, 2014/3/3, 6 面.
  2. ビッセン宮島弘子. きちんと知る女性のカラダ+レーシック. シティリビング, No.1528, 2014/10/24, 8 面.
  3. ビッセン宮島弘子. 名医の診察室. 東京スポーツ新聞, 2014/11/7, 11 面.
  4. 青木 大. 質の担保のためにはバンクの設立が必要. Medical Tribune47(39):10, 2014/9/25.
12.啓蒙(雑誌、冊子)
  1. 島 潤. 40歳からの眼筋エクササイズ. 女性自身 2 月11 日号:185-187, 2014/1/28.
  2. 島 潤. TFOS 2013 のトピックスを振り返って. TFOS in Taormina 学会レポート. 大塚製薬株式会社, 2014/1.
  3. 島 潤, 横井則彦, 渡辺 仁, 小幡博人. 日本初!ドライアイ点眼薬の使い方. Frontiers in Dry Eye 9(1):8-16, 2014/4.
  4. 島 潤. 染色アプリケーター. Frontiers in Dry Eye 9(1):42-44, 2014/4.
  5. 島 潤. ドライアイの新しい考え方. OPHTHALMIC FORESIGHT 18(3):4-5, 2013.
  6. 島 潤. “Tear film oriented diagnosis” から“Tear film oriented therapy” につながる研究成果に注目. ARVO 2014 Annual Meeting 年次総会記録集. 大塚製薬株式会社, 2014/9.
  7. ビッセン宮島弘子. けんこうQ&A 白内障. けんぽだより: 10, 2014/2.
  8. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術- よくわかる「先進医療」Book-. オリックス生命; 7, 2014/2.
  9. ビッセン宮島弘子. 時代を支える女性医師. ドクターズマガジンNo.175: 22-26, 2014/4/20.
  10. ビッセン宮島弘子. 白内障の水晶体手術に従来は手作業だった目の切開をレーザーで精密に行う新方式が登場. わかさ7 月号:66-70, 2014/6.
  11. ビッセン宮島弘子.「目のかすみ・緑内障」白内障の治療法 ベストチョイスは? チョイス@病気になったときVol.2:28-29, 2014/12.
  12. 田 聖花. Q8 マイボーム腺機能異常の治療について教えてください. あたらしい眼科30(臨時増刊号): 45-47, 2013/12.
  13. 田 聖花. SPK をみたら. あたらしい眼科31(3): 313-318, 2014/3.
  14. 坪田一男, 島 潤, 横井則彦, 渡辺 仁, 大橋裕一, 木下 茂. 第3 版ドライアイ診断基準改訂の提言. あたらしい眼科31(4):523-525, 2014/4.
13.啓蒙(書籍)
  1. 島 潤. 眼科領域(ドライアイ). 女性医学ガイドブック〜更年期医療編2014 年度版:243-248, 2014/4.
  2. 島 潤. 角膜移植術後の画像診断. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No24 前眼部の画像診断:288-295, 2014/10.
  3. 島 潤. 全層角膜移植. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No25 角膜混濁のすべて:278-283, 2014/11.
  4. ビッセン宮島弘子. もっと知りたい白内障「白内障治療先進ガイド」. 病院の実力2014 年総合編 読売新聞医療部: 44-46, 4/1.
  5. 佐竹良之. 表層角膜移植. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No25 角膜混濁のすべて:272-276, 2014/11.
[このページのトップに戻る]
14.啓蒙(テレビ)
  1. ビッセン宮島弘子. 白内障アフターフォロー. チョイス@ 病気になったとき(NHK-E テレ) 2014/2/22.
  2. ビッセン宮島弘子. 気づかずに進行する緑内障と白内障. L4You!(テレビ東京) 2014/4/16.
[このページのトップに戻る]
15.啓蒙(ラジオ)
  1. 島 潤. 翼状片の治療. ラジオNIKKE「I 医学講座」, 2014/5/8 放送.
[このページのトップに戻る]
-----
TOP
 
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明