トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門外来のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
業績一覧
TOP
-----
業績2004年
1.「英文論文」 Original Papers (English)
  1. Bissen-Miyajima H, Nakamura K, Kaido M, Shimmura S, Tsubota K. Role of the endothelial pump in flap adhesion after laser in situ keratomileusis. J Cataract Refract Surg 2004; 30: 1989-1992. (Impact factor = 1.897)
  2. Shimazaki J, Shimmura S, Tsubota K. Donor source affects the outcome of ocular surface reconstruction in chemical or thermal burns of the cornea. Ophthalmology 2004; 111(1): 38-44. (Impact factor = 3.162)
  3. Shimazaki J, Shinozaki N, Shimmura S, Holland EJ, Tsubota K. Efficacy and safety of international donor sharing: a single-center, case-controlled study on corneal transplantation. Transplantation 2004; 78:216-220. (Impact factor = 3.608)
  4. Shimmura S, Tadano K, Tsubota K. UV dose-dependent caspase activation in a corneal epithelial cell line. Curr Eye Res 2004; 28(2): 85-92. (Impact factor = 1.113)
  5. Shimmura S, Ando M, Ishioka M, Shimazaki J, Tsubota K. Same-size donor corneas for myopic keratoconus. Cornea 2004; 23(4): 345-349. (Impact factor = 1.517)
  6. Dogru M, Karakaya H, Baykara H, Ozmen A, Koksal N, Goto E, Matsumoto Y, Kojima T, Shimazaki J, Tsubota K. Tear function and ocular surface findings in premature and term babies. Ophthalmology 2004; 111: 901-905. (Impact factor = 3.162)
  7. Dogru M, Kaderli B, Gelisken O, Yucel A, Avci R, Goto E, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K. Ocular surface changes with applanation contact lens and coupling fluid use after argon laser photocoagulation in noninsulin-dependent diabetes mellitus. Am J Ophthalmol 2004; 138: 381-388. (Impact factor = 2.258)
  8. Dogru M, Honda R, Omoto M, Fujishima H, Yagi Y, Tsubota K, Kojima T, Matsuyama M, Nishijima S, Yagi Y. Early visual results with the rollable ThinOptX intraocular lens. J Cataract Refract Surg 2004; 30(3): 558-565. (Impact factor = 1.897)
  9. Matsumoto Y, Dogru M, Goto E, Ohashi Y, Kojima T, Ishida R, Tsubota K.Autologous serum application in the treatment of neurotrophic keratopathy.Ophthalmology 2004; 111: 1115-1120. (Impact factor = 3.162)
  10. Matsumoto Y, Dogru M, Goto E, Endo K, Tsubota K. Increased tear evaporation in a patient with ectrodactyly-ectodermal dysplasia-clefting syndrome. Jpn J Ophthalmol 2004; 48: 372-375,(Impact factor = 0.543)
  11. Takano Y, Fukagawa K, Miyake-Kashima M, Tanaka M, Asano-Kato N, Dogru M, Tsubota K, Fujishima H. Dramatic healing of an allergic corneal ulcer persistent for 6 months by amniotic membrane patching in a patient with atopic keratoconjunctivitis: a case report. Cornea 2004; 23(7): 723-725. (Impact factor = 1.517)
  12. Takano Y, Fukagawa K, Dogru M, Asano-Kato N, Tsubota K, Fujishima H. Inflammatory cells in brush cytology samples correlate with the severity of corneal lesions in atopic keratoconjunctivitis. Br J Ophthalmol 2004; 88: 1504-1505. (Impact factor = 2.099)
  13. Tanaka M, Takano Y, Dogru M, Fukagawa K, Asano-Kato N, Tsubota K, Fujishima H. A comparative evaluation of the efficacy of intraoperative mitomycin C use after the excision of cobblestone-like papillae in severe atopic and vernal keratoconjunctivitis. Cornea 2004; 23(4): 326-329.

    (Impact factor = 1.517)
  14. Tanaka M, Dogru M, Takano Y, Miyake-Kashima M, Asano-Kato N, Fukagawa K, Tsubota K, Fujishima H. The relation of conjunctival and corneal findings in severe ocular allergies. Cornea 2004; 23(5): 464-467.

    (Impact factor = 1.517)
  15. Tanaka M, Takano Y, Dogru M, Toda I, Asano-Kato N, Komai-Hori, Tsubota K. Effect of preoperative tear function on early functional visual acuity after laser in situ keratomileusis. J Cataract Refract Surg 2004; 30(11): 2311-2315. (Impact factor = 1.897)
  16. Onguchi T, Takano Y, Dogru M, Ono M, Tsubota K. Lidocaine tape (Penles) reduces the pain of botulinum toxin injection for Meige syndrome. Am J Ophthalmol 2004; 138(4): 654-655. (Impact factor = 2.258)
  17. Miyake-Kashima M, Fukagawa K, Tanaka M, Takano Y, Dogru M, Asano-Kato N, Takahashi S, Fujishima H. Kaposi varicelliform eruption associated with 0.1% tacrolimus ointment treatment in atopic blepharitis. Cornea 2004; 23(2): 190-193. (Impact factor = 1.517)
  18. Miyake-Kashima M, Takano Y, Tanaka M, Satake Y, Kawakita T, Dogru M, Asano-Kato N, Fukagawa K, Fujishima H. Comparison of 0.1% bromfenac sodium and 0.1% pemirolast potassium for the treatment of allergic conjunctivitis. Jpn J Opthalmol 2004; 48(6) 587-90.(Impact factor = 0.543)
  19. Asano-Kato N, Toda I, Fukumoto T, Asai H, Tsubota K. Detection of
    neutrophils in late-onset interface inflammation associated with flap injury after laser in situ keratomileusis. Cornea 2004;23: 306-310. (Impact factor = 1.517)
  20. Ono M, Takamura E, Shinozaki K, Tsumura T, Hamano T, Yagi Y, Tsubota K. Therapeutic effect of cevimeline on dry eye in patients with Sjogren’s syndrome: a randomized, double-blind clinical study. Am J Ophthalmol 2004; 138(1): 6-17. (Impact factor = 2.258)
  21. Kaido M, Goto E, Dogru M, Tsubota K. Punctal occlusion in the management of chronic Stevens-Johnson syndrome. Ophthalmology 2004; 111(5): 895-900. (Impact factor = 3.162)
  22. Kojima T, Ishida R, Dogru M, Goto E, Takano Y, Matsumoto Y, Kaido M, Ohashi Y, Tsubota K. A new noninvasive tear stability analysis system for the assessment of dry eyes. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2004; 45(5): 1369-1374. (Impact factor = 4.148)
  23. Kawakita T, Takano Y, Asano-Kato N, Tanaka M, Dogru M, Goto E, Tsubota K, Takahashi S, Fukagawa K, Fujishima H. Quantitative evaluation of eyelid elasticity using the cutometer SEM575 and its clinical application in assessing the efficacy of tacrolimus ointment treatment in eyelid atopic dermatitis. Cornea 2004; 23(5): 468-471.(Impact factor = 1.517)
  24. Konomi K, Shimazaki J, Shimmura S, Akabane N, Goto E, Tsubota K. Efficacy of core vitrectomy preceding triple corneal procedure. Br J Ophthalmol 2004; 88(8): 1023-1025. (Impact factor = 2.099)
  25. Oshika T, Eguchi S, Oki K, Yaguchi S, Bissen-Miyajima H, Ota I, Sugita G, Miyata K. Clinical comparison of Healon5 and Healon in phacoemulsification and intraocular lens implantation. J Cataract Refract Surg 2004; 30: 357-362. (Impact factor = 1.897)
  26. Noda-Tsuruya T, Toda I, Asano-Kato N, Hori-Komai Y, Fukumoto T, Tsubota K. Risk factors for development of diffuse lamellar keratitis after laser in situ keratomileusis. J Refract Surg 2004; 20(1): 72-75. (Impact factor = 1.877)
  27. Koseki M, Maki Y, Matsukubo T, Ohashi Y, Tsubota K. Salivary flow and its relationship to oral signs and symptoms in patients with dry eyes. Oral Dis 2004; 10(2): 75-80. (Impact factor = 1.016)
  28. Ryusuke Homma, Hideshi Yoshikawa, Mitsuhiro Takeno, Manae S. Kurokawa, Chieko Masuda, Erika Takada, Kazuo Tsubota, Satoki Ueno, and Noboru Suzuki. Induction of epithelial progenitors in vitro from mouse embryonic stem cells and application for reconstruction of damaged cornea in mice. Invest Ophthalmol Vis Sci 2004; 45: 4320-4326. (Impact factor = 4.148)

 

[このページのトップに戻る]
2.「和文論文」 Original Papers (Japanese)
  1. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 中村匡志, 菊地毅志. マイトマイシンCを用いたPRK後のエンハンスメント. 臨床眼科 58: 461-464, 2004.
  2. 中村匡志, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 菊地毅志. Wavefront-guided LASIKにおけるPreVue lensの有用性. 臨床眼科 58: 703-706, 2004.
  3. 本田理恵, 村戸ドール, 藤島浩, 戸田郁子, 荒井宏幸, 坪田一男. 調節可能眼内レンズを用いた白内障手術の成績. 臨床眼科. 58(4): 469-474, 2004.
  4. 大本雅弘, 榛村重人, ムラトドール, 島崎潤, 坪田一男. 角膜移植ハイリスク症例に対するシクロスポリン全身投与の効果と安全性.臨床眼科 58(5): 773-776, 2004.
  5. 石岡みさき, 島崎潤, 八木幸子, 坪田一男. βブロッカー点眼と防腐剤が涙液・眼表面に及ぼす影響. 臨床眼科 58: 1437-1440; 2004.
  6. 大鹿哲郎, 宮田和典, 杉田元太郎, 太田一郎, ビッセン宮島弘子, 谷口重雄, 大木孝太郎, 江口秀一郎. 白内障眼内レンズ手術におけるヒーロンVとヒーロンの無作為比較試験. あたらしい眼科 21: 253-257, 2004.
  7. 石川達也, 榛村重人, 島崎潤, 臼井あけ美, 篠崎尚史, 深川和己, 吉田悟, 斉藤一郎, 藤島浩, 高野洋之, 坪田一男. 再生角膜の作成及び移植に関する研究 研究経過報告. 歯科学報. 104(1): 7-15, 2004.
[このページのトップに戻る]
3.「英文総説」 Review papers (English)
  1. Shimmura S. Component surgery of the cornea. Cornea 2004; 23(suppl.1): S31-S35.
  2. Goto E. Quantification of tear interference image: tear fluid surface nanotechnology. Cornea 2004; 23(8): S20-S24.
[このページのトップに戻る]
4.「和文総説」 Review Papers (Japanese)
  1. 坪田一男. 眼科研究のたのしいアプローチ サイテーションインデックス. あたらしい眼科21(1): 225-226, 2004.
  2. 坪田一男. 角膜の再生医療. 慶應医学81(1): 1-7, 2004.
  3. 坪田一男. ごきげんナースとごきげんドクター:睡眠時無呼吸症候群撲滅!. 眼科ケア6(1): 62-63, 2004.
  4. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術ヨーロッパの最近の動向. あたらしい眼科21: 349-350, 2004.
  5. ビッセン宮島弘子. Laser in situ keratomileusis (LASIK)の新しい話題. IOL&RS 18: 16-21, 2004.
  6. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術ABC No.1 誰にでもできる適応判断. 3i 角膜診療 1: 8, 2004.
  7. 島崎潤. 眼表面再建術の最近の進歩. 臨床眼科 58(3): 257-260, 2004.
  8. 島崎潤. ‐カラーアトラス-羊膜移植. 歯科学報 104(1): 81-83, 2004.
  9. 島崎潤. 輪部移植. 日本角膜移植学会誌5: 13-17, 2004.
  10. 島崎潤. 角膜移植術者の立場から. −白内障術者へのリクエスト−. 臨床眼科増刊号 58(11): 89, 2004.
  11. 島崎潤. 角膜パーツ移植. 医学のあゆみ 211(10): 989-993, 2004.
  12. 篠崎尚史.私とアイバンク.J.E.B.A.評議員紹介.財団法人日本アイバンク協会. 8(3): 22-27, 2004.
  13. 藤島浩. 薬物治療の現状と今後の展開. アレルギーの臨床 24(11) 882-886, 2004.
  14. 藤島浩. 重症アレルギー対策. 医学のあゆみ211(10) 999-1002, 2004.
  15. 藤島浩. ‐カラーアトラス-重症アレルギー性結膜炎のマネージメント. 歯科学報 104(3): 281-283, 2004.
  16. 榛村重人, 坪田一男. 眼組織の再生. 現代医療 36(1): 45(45)-48(48), 2004.
  17. 榛村重人, 坪田一男. 角膜. バイオマテリアル−生物材料− 22 (3): 205-208, 2004.
  18. 榛村重人, 坪田一男. 角膜の再生医療. 分子リウマチ 1(2): 65(137)-68(140), 2004.
  19. 榛村重人. 水疱性角膜症に対する羊膜移植.あたらしい眼科 21(7): 915-916, 2004.
  20. 榛村重人, 大橋裕一. Endothelial Lamellar Keratoplasty (ELK). あたらしい眼科 21(9): 1211-1212, 2004.
  21. 榛村重人. 角膜の再生医療. 小児外科 36(11): 1435-1438, 2004.
  22. 榛村重人. ‐カラーアトラス-あたらしい角膜移植. 歯科学報 104(5): 485-487, 2004.
  23. 松本幸裕. ‐カラーアトラス- Graft-versus-host disease (GVHD) の眼の治療. 歯科学報 104(2): 121-123, 2004.
  24. 高野洋之. アレルギー性結膜炎. 治療86: 791-792, 2004.
  25. 高野洋之. -ケアに生かす手術アトラス- 第18回輪部移植術. 眼科ケア6 (7): 661-664, 2004.
  26. 田聖花. 角膜上皮接着障害. あたらしい眼科 21: 617, 2004. 
  27. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子. 眼内レンズの進歩 Multifocal IOL. あたらしい眼科21: 591-596, 2004.
  28. 中村匡志, ビッセン宮島弘子. ‐カラーアトラス-新しい屈折矯正手術“Wavefront-guided LASIK”. 歯科学報 104(3): 411-413, 2004.
  29. 川島素子, 後藤英樹.急増MGD!.医学のあゆみ第一土曜特集 1011-1014, 2004
  30. 御宮知達也. ‐カラーアトラス−. 口腔粘膜培養上皮移植. 歯科学報 104(6): 587-589, 2004.
  31. 鈴木慎太郎.眼科スタッフのためのまるごと一冊白内障 全身検査.眼科ケア夏季増刊, 54-67, 2004.
  32. 石岡みさき. 日帰り手術−眼科スタッフのためのまるごと一冊白内障Q&A−. 眼科ケア 2004夏季増刊: 158-182, 2004.
  33. 石岡みさき. 第5回ようこそ眼科研究室へ(北海道大). 眼科ケア 5: 1024-1025, 2003.
  34. 石岡みさき. 第6回ようこそ眼科研究室へ(愛媛大). 眼科ケア 5: 1117-1119, 2003.
  35. 石岡みさき. 第7回ようこそ眼科研究室へ(近畿大). 眼科ケア 6: 64-65, 2004.
  36. 石岡みさき. 第8回ようこそ眼科研究室へ(大阪大). 眼科ケア 6: 160-161, 2004.
  37. 石岡みさき. 第9回ようこそ眼科研究室へ(東北大). 眼科ケア 6: 264-265, 2004.
  38. 石岡みさき. 第10回ようこそ眼科研究室へ(金沢大). 眼科ケア 6: 368-369, 2004.
  39. 石岡みさき. 第11回ようこそ眼科研究室へ(山口大). 眼科ケア6: 472-473, 2004.
  40. 石岡みさき. 第12回ようこそ眼科研究室へ(京都大). 眼科ケア 6: 568-569, 2004.
  41. 石岡みさき. 第13回ようこそ眼科研究室へ(福岡大). 眼科ケア 6: 672-673, 2004.
  42. 石岡みさき. 第14回ようこそ眼科研究室へ(慈恵会医大). 眼科ケア 6: 760-761, 2004.
  43. 石岡みさき. 第15回ようこそ眼科研究室へ(横浜市大). 眼科ケア 6: 856-857, 2004.
  44. 石岡みさき. 第16回ようこそ眼科研究室へ(大阪医大). 眼科ケア6: 968-969, 2004.
  45. 石岡みさき. ネット検索から手術まで. −特集新しい角膜移植−. あたらしい眼科 21: 200, 2004.
  46. 大橋淑起, 坪田一男. シェーグレン症候群とアクアポリン.シェーグレン症候群へのStrategy No.5: 30-34, 2004.
  47. 後藤英樹. 一般講演「涙液1、2」演題番号161-179. 第57回日本臨床眼科学会印象記, 眼科46(4), 567-569, 2004.
  48. 加藤直子. 女医の年齢―私の提案―やさしい目できびしい目で 59. 臨床眼科58 (7), 55, 2004.
  49. 西田輝夫, 榛村重人, 外園千恵, 西田幸二. Forum:オキュラーサーフェス再建術. 明日の眼科手術を見つめるEye 6(1): 3-7, 2004.
[このページのトップに戻る]
5.「英文執筆・編集」 Books/Chapters (English)
  1. Bissen-Miyajima H. Cataract Surgery in the Presence of Other Ocular Comorbidities. In: Steinert RF, Fine IH, Gimbel HV, Koch DD, Lindstrom RL, Neuhann TF, Osher RH, editors. Cataract Surgery Techniques, Complications, and Management. Philadelphia: Saunders, Inc. 2004: 369-373.
[このページのトップに戻る]
6.「和文執筆 ・ 編集」 Books/Chapters(Japanese)
  1. 島崎潤. 屈折を考えた角膜移植. 特集新しい角膜移植. あたらしい眼科21. 東京, メディカル葵出版, 161-165, 2004.
  2. 篠崎尚史, 浅水健志, 吉野由希子. インフォームド・コンセント‐承諾手続きと生命倫理‐. 移植コーディネーター概論. 東京, へるす出版, 57-62, 2004.
  3. 松本幸裕. Sjogren症候群. 眼科薬物治療ガイド. 東京, 文光堂, 188-190, 2004.
  4. 田聖花. アカントアメーバ角膜炎. 眼科診療ガイド. 東京, 文光堂, 174-175, 2004. 
  5. 田聖花. びまん性表層性角膜炎・点状表層角膜症. 眼科診療ガイド. 東京, 文光堂, 175-176, 2004.
  6. 田聖花. 角膜実質炎. 眼科診療ガイド. 東京, 文光堂, 177. 2004.
  7. 田中秀治, 篠崎尚史(編著). 移植コーディネーター概論. 東京, へるす出版, 2004.
  8. 川村梨紗, 奴田原紀久雄, 篠崎尚史, 浅水健志, 吉野由希子. 心停止後の臓器提供. 移植コーディネーター概論. 東京, へるす出版, 67-82, 2004.
  9. 浅水智絵, 青木大, 今川理映子, 鈴木玲央, 篠崎尚史, 本村昇, 小宮宏一郎, 剣持敬. 組織移植. 移植コーディネーター概論. 東京, へるす出版, 83-125, 2004.
  10. 篠崎尚史, 浅水健志, 吉野由希子. 啓発活動. 移植コーディネーター概論. 東京, へるす出版,127-129, 2004.
[このページのトップに戻る]
7.「国際学会」 International Meetings

The Association for Research in Vision and Ophthalmology, Annual Meeting, Florida, U.S.A., 2004/4/25-29.

  1. Bissen-Miyajima H, Minami K, Nakamura M, Miyake-Kashima M, Taira Y. Observation of corneal flap interface in existence of metal particles from microkeratome blade.
  2. Shimazaki J, Aiba M, Shimmura S, Tsubota K. Transplantation of cultivated limbal and conjunctival epithelium for various ocular surface disorders.
  3. Fujishima H, Tanaka M, Fukagawa K, Okamoto S, Miyazaki D, Yamada J, Fukushima A, Uchio E, Nakagawa Y. Comparison of NSAID (bromfenac sodium) and steroid (fluorometholone) eye drops in the treatment of allergic conjunctivitis.
  4. Shimmura S, Miyashita H, Konomi K, Taguchi T, Kobayashi H, Tanaka J, Shimazaki J, Tsubota K. Transplantation of Descemet’s membrane with endothelium by continuous curvilinear descemetorhexis (CCD).
  5. Matsumoto Y, Dogru M, Goto E, Fujishima H, Tsubota K. The efficacy of topical application of a new antifungal micafungin in the treatment of severe fungal corneal ulcer after keratoplasty.
  6. Dogru M, Okada N, Tanaka M, Asano-Kato N, Igarashi A, Takano Y, Fukagawa K, Shimmura S, Tsubota K, Fujishima H. Ocular surface alterations in atopic patients with shield ulcers.
  7. Takano Y, Igarashi A, Okada N, Tanaka M, Dogru M, Asano-Kato N, Fukagawa K, Tsubota K, Fujishima H. PGE2 production from conjunctival and corneal cells in allergic conditions and the measurement of PGE2 concentrations in tears of patients with severe ocular allergies.
  8. Tanaka M, Dogru M, Takano Y, Asano-Kato N, Fukagawa K, Tsubota K, Fujishima H. The evaluation of the effect of mitomycin-C aided and simple papillary resection by brush cytology in severe allergic keratoconjunctivitis.
  9. Satake Y, Akagawa E, Igarashi A, Okada N, Takano Y, Fukagawa K, Tsubota K, Fujishima H. Prostaglandin J2 in tears of patients with severe allergic conjunctival diseases.
  10. Suzuki T, Bissen-Miyajima H, Nakamura T, Kikuchi T, Ohnuma K. Outcomes of wavefront-guided LASIK depending on preoperative value of higher-order aberration.
  11. Honda R, Dogru M, Fujishima H, Toda I., Arai H, Tsubota K. Time-wise alterations of apparent accomodation after phacoemulsification with implantation of the akkomodative - 1CU IOL.
  12. Onguchi T, Dogru M, Okada N, Asano-Kato N, Tanaka M, Igarashi A, Takano Y, Fukagawa K, Fujishima H, Tsubota K. Comparison of tear functions and ocular surface findings between children and adults with atopic dermatitis.
  13. Recipient of ARVO travel grant受賞 
  14. Sumi T, Dogru M, Ishioka M, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K. The comparison of visual and refractive changes following continuous suture removal in penetrating keratoplasty patients with disparate and same graft size.
  15. Asano-Kato N, Okada N, Igarashi A, Fukagawa K, Dogru M, Satake Y, Tanaka M, Takano Y, Tsubota K, Fujishima H. Inflammation is a more important factor than fibrous processes in tissue remodeling in severe allergic conjunctivitis.
  16. Goto E, Dogru M, Kojima T, Suzuki S, Ishida R, Honda R, Tsubota K. Color mapping of tear lipid layer thickness distribution from the image analysis in DR-1 tear lipid layer interference images.
  17. Higa K, Oshima M, Ishibashi N, Aiba M, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K. Changes of the HLA-G expression in the corneal and conjunctival epithelium cultivated on the amniotic membrane.
  18. Okada N, Fukagawa K, Tanaka M, Dogru M, Asano-Kato N, Igarashi A, Takano Y, Tsubota K, Fujishima H. CRTH2 expression on eosinophils from atopic patients.
  19. Usui A, Shimmura S, Matsuzaki Y, Hideyuki O, Higa K, Seino Y, Tsubota K. Immature side population cells in human limbal epithelium.
  20. Miyashita H, Shimmura S, Kobayashi H, Taguchi T, Kato N, Usui A, Shimazaki J, Tanaka J, Tsubota K. Collagen-immobilized poly (vinyl alcohol) hydrogel as an artificial cornea scaffold.
  21. Oshima M, Higa K, Ishibashi N, Aiba M, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K.  Expression of HLA-G in the human corneal epithelium.
  22. Igarashi A, Takano Y, Okada N, Tanaka M, Murat D, Kato N, Tsubota K, Fukagawa K, Fujishima H. Bromfenac sodium decreases eotaxin production from primary cultured corneal keratocytes stimulated by IL-4 and TNF-alpha.

17th Symposium of American Society of Cataract and Refractive Surgery, San Diego, U.S.A., 2004/5/1-5.

  1. Bissen-Miyajima H, Suzuki T, Nakamura T, Kikuchi T. Wavefront-guided ablations for high myopia using VISX STAR S4.
  2. Bissen-Miyajima H. Quality of Cataract Surgery with the Infiniti System.
  3. Bissen-Miyajima H. What does the value of RMS mean to the patient?

22nd European Society of Cataract and Refractive Surgeons, Paris, France, September, 2004/9/18-22.

  1. Bissen-Miyajima H. What does the value of RMS mean to the patient?
  2. Bissen-Miyajima H, Nakamura T, Suzuki T, Ohnuma K. Wavefront-guided LASIK for symptomatic eyes and its evaluation with original software.
  3. Suzuki T, Bissen-Miyajima H, Nakamura T, Kikuchi T, Ohnuma K. Evaluation of postoperative visual function in high myopia.

4th International Conference on the Lacrimal Gland, Tear Film, Ocular Surface and Dry Eye Syndrome: Basic Science and Clinical Relevance, Puerto Rico, 2004/11/17-20,

  1. Matsumoto Y, Dogru M, Goto E, Ishida R, Kojima T, Onguchi T, Yagi Y, Shimazaki J, Tsubota K. The efficacy of a new eye steamer device on tear functions of patients with obstructive meibomian gland disease.
  2. Sasaki Y, Ohashi Y, Ishida N, Takeuchi T, Tsusaka K, Yasui M, Tsubota K. Prolactin-induced Protein regulates the Trafficking of Aquaporin 5 into Apical Membrane of Mouse lacrimal gland.
  3. Goto E, Dogru M, Fukagawa K, Suzuki S, Sato Y, Saiki M, Hara S, Kojima T, Honda R, Yamamoto Y, Kawashima M, Tsubota K. Novel low-dose lipid eye ointment application to lid margin for the treatment of lipid tear deficiency dry eye.
  4. Saiki M, Goto E, Asano-Kato N, Dogru M, Suzuki S, Tsubota K. Kinetic analysis of tear lipid layer interference images before and after the treatment of dry eye with allergic conjunctivitis.
[このページのトップに戻る]
8.「国際学会シンポジウム」 International Symposiums

Aspen Invitational Refractive Symposium, Aspen, U.S.A., 2004/3/16.

  1. Bissen-Miyajima H. Wavefront LASIK and Accommodation.

AMO Academy, San Diego, U.S.A., 2004/4/30.

  1. Bissen-Miyajima H. Predictability in Refractive Surgery Best Outcomes Analysis.

XIII. Afro-Asian Congress of Ophthalmology, Istanbul, Turkey, 2004/6/18-22.

  1. Shimazaki J. New surgical techniques for ocular surface reconstruction using cultivated corneal and oral mucosal epithelial sheet.
  2. Den S, Shimizu K, Ikeda T, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K. Association between meibomian gland changes and aging, gender, or tear function.
[このページのトップに戻る]
9.「国内学会」 Domestic Meetings

第27回日本眼科手術学会, 東京, 2004/1/30-2/1.

  1. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 中村匡志, 菊地毅志. LASIK後にステロイド緑内障および角膜混濁をきたした2例へのマイトマイシンCを用いたエキシマレーザー手術.
  2. 中村匡志, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 菊地毅志. 術前高次収差とWavefront-
  3. guided LASIK術後成績.
  4. 堀好子, 戸田郁子, 伊藤光登志, 山本享宏, 坪田一男. 昼間視と薄暮視における瞳孔中心の偏位.
  5. 山本亨宏, 伊藤光登志, 堀好子, 戸田郁子, 福本光樹, 辻一夫, 荒井宏幸, 酒井誓子, 坪田一男. Phakic IOLおよびLASIK後のコントラスト感度・高次収差の検討.

第28回角膜カンファランス, 第20回日本角膜移植学会, 米子市, 2004/2/19-21.

  1. 藤島浩, 田中まり, 深川和己, 岡本茂樹, 宮崎大, 山田潤, 福島敦樹, 内尾英一, 中川やよい. アレルギー性結膜炎におけるNSAIDとステロイド点眼の比較.
  2. 榛村重人, 許斐健二, 宮下英之, 田口哲志, 小林尚俊, 島崎潤, 田中順三, 坪田一男. Continuous curvilinear descemetorhexis (CCD)による角膜内皮移植.
  3. 松本幸裕, 村戸ドール, 後藤英樹, 藤島浩, 坪田一男. 難治性真菌性角膜潰瘍に対するミカファンギン点眼の有効性.
  4. 村戸ドール, 岡田直子, 田中まり, 加藤直子, 五十嵐安弥子, 高野洋之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. アトピー性角膜潰瘍眼におけるMuc5ACの発現の変化.
  5. 田中まり, 高野洋之, 村戸ドール, 加藤直子, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. 重症アレルギー性角結膜炎に対するマイトマイシンC結膜切除術のBrush Cytology評価.
  6. 田聖花, 島崎潤, 榛村重人, 坪田一男. 深層表層角膜移植術中のデスメ膜破裂が予後に及ぼす影響.
  7. 御宮知達也, 村戸ドール, 岡田直子, 田中まり, 加藤直子, 五十嵐安弥子, 高野洋之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. アトピー性皮膚炎を有する小児及び成人患者の涙液機能ならびに眼表面状態の比較検討.
  8. 角環, 村戸ドール, 石岡みさき, 榛村重人, 島崎潤, 坪田一男. 角膜移植後におけるドナーサイズと抜糸の屈折への影響.
  9. 照屋明子, 榛村重人, 島崎潤, 坪田一男. 瘢痕性角結膜疾患に対する深層表層角膜移植 (DLKP) . 
  10. 赤羽直子, 村戸ドール, 加藤直子, 榛村重人, 島崎潤, 田中陽一, 坪田一男. 慢性梅毒角膜症における角膜後面索状物の病理学的検討.  
  11. 鈴木慎太郎, 後藤英樹, 村戸ドール, 小島隆司, 原裕, 原美智子, 坪田一男. アレルギー性結膜炎における涙液油層の観察治療前後の報告.

  12. 石岡みさき, 後藤英樹, 佐藤由紀恵, 坪田一男. チモロールゲル点眼と涙液動態.
  13. 加藤直子, 深川和己, 村戸ドール, 佐竹良之, 高野洋之, 田中まり, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 赤川絵美, 坪田一男, 藤島浩. 重症アレルギー性結膜炎における結膜乳頭増殖のメカニズムの検討.
  14. 深川和己, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 加藤直子, 高野洋之, 田中まり, 村戸ドール, 坪田一男, 藤島浩. 好酸球による角膜上皮障害の経時的観察.
  15. 後藤英樹, ムラトドール, 小島隆司, 鈴木慎太郎, 石田怜子, 松本幸裕, 海道美奈子, 坪田一男. DR-1涙液干渉像解析で得られた涙液油層厚み分布のカラーマップ作成.
  16. 石田玲子. ヒアルロン酸ナトリウム点眼液のドライアイによる視機能低下への効果.
  17. 比嘉一成, 大島三冬, 石橋直子, 相場昌代, 榛村重人, 島崎潤, 坪田一男. 角結膜上皮におけるHLA-Gの発現と羊膜による影響.
  18. 岡田直子, 五十嵐安弥子, 赤川絵美, 加藤直子, 高野洋之, 田中まり, ムラトドール,  深川和己, 藤島浩. アトピー疾患患者の好酸球上CRTH2の発現について.
  19. 宮下英之, 榛村重人, 小林尚俊, 田口哲志, 加藤直子, 臼井あけ美, 島崎潤, 田中順三, 坪田一男. 人工角膜材料としてのコラーゲン固定化ポリビニルアルコールゲルの有用性の検討.
  20. 臼井あけ美, 榛村重人, 松崎有未, 岡野栄之, 比嘉一成, 清野泰子, 坪田一男. ヒト角膜輪部由来Side population細胞の特性に関する検討.
  21. 赤川絵美, 五十嵐安弥子, 岡田直子, 高野洋之, 田中まり, 加藤直子, 村戸ドール, 佐竹良之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. 重症アレルギー性結膜炎における涙液中PGJ2濃度.
  22. 五十嵐安弥子, 赤川絵美, 岡田直子, 加藤直子, 高野洋之, 田中まり, 村戸ドール, 佐竹良之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. ブロムフェナックによる培養角膜実質細胞からのエオタキシン産生抑制.

第243回千葉眼科集談会, 千葉市, 2004/3/14.

  1. 御宮知達也, 村戸ドール, 岡田直子, 田中まり, 加藤直子, 五十嵐安弥子, 高野洋之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. アトピー性皮膚炎を有する小児および成人患者の涙液機能ならびに眼表面状態の比較検討.
  2. 本田理恵, 田中まり, 高野洋之, 村戸ドール, 加藤直子, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. 重症アレルギー性角結膜炎に対するマイトマイシンC(MMC)併用結膜切除術 -有効性のBrush Cytologyによる評価-.
  3. 角環, 高野洋之, 田中まり, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. 羊膜移植術により治癒したアトピー性角結膜炎に伴う難治性角膜潰瘍の1例.

第3回日本再生医療学会総会, 千葉市, 2004/3/23-25.

  1. 榛村重人, 宮下英之, 小林尚俊, 田口哲志, 加藤直子, 臼井あけ美, 島崎潤, 田中順三, 坪田一男. 人工角膜材料としてのハイブリッド・ポリマーの有用性.
  2. 臼井あけ美, 榛村重人, 松崎有未, 岡野栄之, 比嘉一成, 清野泰子, 坪田一男. ヒト角膜輪部由来Side Population細胞の特性に関する検討.

15th World Congress of the International Society for Brain Electromagetic Topography (ISBET2004), Urayasu, Chiba, Japan, 2004/4/11-14.

  1. Tsubota K, Yoshino K, Shintani M, Kato Y, Kato M. Human cortical magnetic responses to visual moving objects.

第11回HAB研究機構学術年会. 東京, 2004/5/18.

  1. 篠崎尚史. 再生医療としての角膜移植.

第19回日本眼内レンズ屈折手術学会, 福岡市, 2004/6/25-27.

  1. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 中村匡志, 菊地毅志. 波面収差解析装置による屈折値と自覚的屈折値の比較.
  2. 中村匡志, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 菊地毅志, 大沼一彦. LASIK術後視機能不良例に対するWavefront-guided LASIKとその評価法.

第14回日本口腔粘膜学会総会・学術集会, 東京, 2004/7/9-10.

  1. 佐竹良之, 島崎潤, 外木守雄, 五十嵐崇恭, 榛村重人, 篠崎尚史, 坪田一男, 山根源之. ワークショップ新しい眼表面再建術:口腔粘膜培養上皮移植.

第38回日本眼炎症学会総会, 札幌市, 2004/7/9-11.

  1. 村戸ドール, 岡田直子, 加藤直子, 田中まり, 五十嵐安弥子, 高野洋之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. アトピー性角膜潰瘍眼における眼表面の状態.

第25回日本炎症・再生医学会, 東京, 2004/7/13-14. 

  1. 比嘉一成, 大島三冬, 石橋直子, 相庭昌代, 榛村重人, 島崎潤, 坪田一男. 角結膜上皮におけるHLA-Gの役割と羊膜による影響.
  2. 吉田悟, 榛村重人, 只野貴示枝, 比嘉一成, 宮下英之, 島崎潤, 松崎有未, 岡野栄之, 坪田一男. マウス角膜からの未分化細胞の分離・培養とその分化誘導に関する検討.

第3回日本組織移植学会, 横浜市, 2004/8/28.

  1. 篠崎尚史. WHO報告.

第244回千葉眼科集談会, 千葉市, 2004/9/12.

  1. 松本幸裕, 村戸ドール, 鈴木慎太郎, 島崎潤.難治性真菌性角膜潰瘍にミカファンギン点眼が有効であった3例.

第13回日本シェーグレン症候群研究会, 佐賀市, 2004/9/24-25.

  1. 佐々木恭正, 大橋淑起, 津坂憲政, 竹内勤, 坪田一男. シェーグレン症候群モデルマウスを用いたアクアポリン5細胞膜移行障害に関する研究.
  2. 佐伯めぐみ, 村戸ドール, 後藤英樹, 松本幸裕, 坪田一男. シェーグレン症候群に対するラクトフェリン内服の応用.

第32回日本臨床免疫学会総会東京, 2004/10/8-9.

  1. 藤島浩, 深川和己, 村戸ドール, 坪田一男. アトピー疾患者からの末梢血好酸球状のCRTH2の発現について.

第58回日本臨床眼科学会, 東京, 2004/11/11-14.

  1. ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 中村匡志, 大沼一彦. 強度近視眼への屈折矯正手術と視機能評価.
  2. 榛村重人. 専門別研究会(オキュラーサーフェス):アレルギー性結膜疾患と角膜移植.(臨床)特徴的な臨床所見・拒絶反応等.
  3. 松本幸裕.専門別研究会(オキュラーサーフェス):BUT短縮型ドライアイの病態と治療.
  4. 田中まり, 村戸ドール, 高野洋之, 加藤直子, 深川和己, 佐竹良之, 坪田一男, 藤島浩. 重症アレルギー性角結膜炎に対する結膜乳頭切除術後3年以上の長期経過報告.
  5. 鈴木慎太郎, 後藤英樹, 村戸ドール, 小島隆司, 佐伯めぐみ, 松本幸裕, 田中まり, 石田玲子, 加藤直子, 藤島浩, 島崎潤, 坪田一男. アレルギー性結膜炎の涙液動態の評価.
  6. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 中村匡志. LASIK後の角膜厚とregression.
  7. 中村匡志, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 大沼一彦. LASIK後の高次収差RMS値と実際の見え方.
  8. 大本雅弘. 角膜手術新世紀角膜内皮移植.
  9. 御宮地達也, 村戸ドール, 田中まり, 高野洋之, 加藤直子, 深川和己, 佐竹良之, 坪田一男, 藤島浩. 重症輪部型アレルギー性角結膜炎に対するサイクロスポリン点眼による治療の検討.
  10. 冨田真智子, 榛村重人, 坪田一男, 島崎潤. アカントアメーバ角膜炎と涙腺炎の合併.
  11. 石田玲子. 新しい装置によるドライアイの涙液蒸発量の測定と検討.
  12. 小島隆司, 原修哉, 石田玲子, 後藤英樹, 松本幸裕, 坪田一男. 新しい涙点プラグ(Smart PlugTM)の臨床評価.
  13. 原修哉, 石岡みさき, 市川一夫, 後藤英樹, 坪田一男, 島崎潤. 角膜移植術後の視力回復とドライアイの関係.
  14. 佐々木恭正, 大橋淑起, 津坂憲政, 竹内勤, 坪田一男. シェーグレン症候群におけるアクアポリン5細胞膜移行障害に関する研究.
  15. 佐伯めぐみ, 後藤英樹, 加藤直子, 村戸ドール, 鈴木慎太郎, 坪田一男. アレルギー性結膜炎を伴うドライアイ治療前後の涙液油層干渉像動的解析.

第70回日本中部眼科学会・第15回眼科酸化ストレス研究会, 大阪市, 2004/11/26.

  1. 今村裕, 橋爪公平, 榛村重人, 坪田一男, 足立哲夫, 野田節子, 池田恒彦. 加齢黄斑変性患者における血中EC-SOD濃度と組織発見.
[このページのトップに戻る]
10.「国内学会シンポジウム」 Domestic Symposiums

第27回日本眼科手術学会総会, 東京, 2004/1/30.

  1. ビッセン宮島弘子. イブニングセミナー: レシピ3:未来編 まだまだ出てくる秘密のレシピ.
  2. 榛村重人. 眼類天疱瘡.

第3回日本再生医療学会, 千葉市, 2004/3/23-25.

  1. 島崎潤. 培養角結膜上皮シートの作成および生着に関わる要因.

第108回日本眼科学会総会, 東京, 2004/4/16.

  1. ビッセン宮島弘子. シンポジウム: 眼光学と白内障手術: 屈折矯正を目的とした水晶体/IOL手術.
  2. 島崎潤. 角膜再生と人工角膜の開発.  

第37回日本眼科講演会ミニシンポジウム, 東京, 2004/5/16.

  1. 榛村重人. 手術療法.

第19回日本眼内レンズ屈折手術学会シンポジウム, 福岡市, 2004/6/26.

  1. 榛村重人. シンポジウム:角膜疾患.

第7回日本組織工学会, 東京, 2004/7/1-2.

  1. 島崎潤. シンポジウム3: 皮膚・眼・歯周: 角膜再生と人工角膜の現状.

第58回日本臨床眼科学会, 東京, 2004/11/11-14.

  1. ビッセン宮島弘子. イブニングセミナー: 白内障手術進化論・術式/IOL/粘弾性物質―この15年から語る、今のBest―.
  2. 田中まり, 村戸ドール, 高野洋之, 加藤直子, 深川和己, 佐竹良之, 坪田一男, 藤島浩. 重症アレルギー性角結膜炎に対する結膜乳頭切除術後3年以上の長期報告.
  3. 本田理恵, 村戸ドール, 後藤英樹, 田中まり, 高野洋之, 佐伯めぐみ, 佐藤幸恵, 戸田郁子, 坪田一男. 難治性ドライアイに対する確実な涙点閉鎖術.
  4. 御宮知達也, 村戸ドール, 田中まり, 高野洋之, 加藤直子, 深川和己, 佐竹良之, 坪田一男, 藤島浩. 重症輪部型アレルギー性角結膜炎に対するサイクロスポリン点眼による治療の検討.

日本バイオマテリアル学会シンポジウム2004, つくば市, 2004/11/15.

  1. 榛村重人. 人工角膜scaffoldの開発.

第70回日本中部眼科学会, 大阪, 2004/11/26-28.

  1. 島崎潤. 瘢痕性角結膜症上皮疾患への応用. −羊膜移植の現状と未来−. 

第5回学術研修会, 愛知県眼科医会, 名古屋市, 2004/11/27.

  1. 藤島浩. 春季カタル.

10th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club, Kyoto, 2004/12/10-11.

  1. Fujishima H. Prostaglandin D2 induces chemotaxis in eosinophils via its receptor CRTH2 and may cause severe ocular inflammations in patients with allergic conjunctivitis.

日本レーザー歯学会特別講演, 千葉市, 2004/12/11.

  1. ビッセン宮島弘子. エキシマレーザーによる角膜屈折矯正手術.

K-ネットカンファレンス, 東京, 2004/12/2. 

  1. 藤島浩. アレルギー性結膜炎におけるケモカインと好酸球による重症化.
[このページのトップに戻る]
11.「その他の日本語講演」 MISC. (Japanese)
  1. ビッセン宮島弘子. LASIKと角膜. 第36回神奈川県眼科臨床談話会, 川崎市, 2004/1/11.
  2. ビッセン宮島弘子. インストラクションコースLASIK合併症とその対策: 術中合併症とその対策.第27回日本眼科手術学会総会, 東京, 2004/1/30.
  3. ビッセン宮島弘子. ファイザー潟uースセミナー: HealonVの特性をよく知ろう!−CCCコントロール編−. 第27回日本眼科手術学会総会, 東京, 2004/1/30.
  4. ビッセン宮島弘子. ランチョンセミナー: Infiniti その機能と使用経験. 第43回日本白内障学会, 浦安市, 2004/3/6.
  5. ビッセン宮島弘子. シングルピースアクリソフレンズ. 第3回大分県Advanced Phaco Seminar, 大分市, 2004/4/3.
  6. ビッセン宮島弘子. ランチョンセミナー: 超音波乳化吸引術いわゆるバイマニュアルシステムを検証する−フルファンクションからの分離は有効か?第108回日本眼科学会総会, 東京, 2004/4/16.
  7. ビッセン宮島弘子. 白内障手術と屈折矯正手術について. 第2回中野区歯科医師会学術講演会, 東京, 2004/6/16.
  8. ビッセン宮島弘子. 白内障手術の新しい話題. 東京歯科大学眼科イブニングセミナー, 市川市, 2004/10/14.
  9. ビッセン宮島弘子. 歯科医の眼. 埼玉県歯科医師会女性歯科医会講演会, さいたま市, 2004/11/25.
  10. 島崎潤. 眼表面疾患と角膜手術−術前・後眼表面の観察法を中心にして−. 日本眼科医会第47回生涯教育講座, 東京, 2004/2/22.
  11. 島崎潤. 眼表面疾患と角膜手術−術前・後眼表面の観察法を中心にして−. 日本眼科医会第47回生涯教育講座, 神戸市, 2004/2/29.
  12. 島崎潤. 羊膜あれこれ. 第24回あやめ会懇談会, 永田眼科, 奈良市, 2004/3/4.
  13. 島崎潤. 眼表面疾患と角膜手術−術前・後眼表面の観察法を中心にして−. 日本眼科医会第47回生涯教育講座, 福岡市, 2004/3/14.
  14. 島崎潤. 最近の角膜手術. 関西眼疾患研究会, 京都府立医科大学, 京都市, 2004/3/17.
  15. 島崎潤. 角膜移植: 術前、術中の注意点と術後管理. 平成15年度群馬県眼科医会春季集談会, 群馬メディカルセンター, 前橋市, 2004/3/28.
  16. 島崎潤. オキュラーサーフェスの診かた、治しかた. 第169回高知大学眼科研究会, 高知大学, 南国市, 2004/4/7.
  17. 島崎潤. 眼表面疾患と角膜手術−術前・後眼表面の観察法を中心にして−. 日本眼科医会第47回生涯教育講座, 名古屋市, 2004/4/25.
  18. 島崎潤. 角膜移植アップデート. 第3回北海道角膜セミナー, 札幌市, 2004/5/8.
  19. 島崎潤. オキュラーサーフェスの診かた・考え方. 第19回三重県眼科セミナー, 津市, 2004/7/11.
  20. 島崎潤. オキュラーサーフェス−診療のポイント−. 亀田クリニック, 鴨川市, 2004/8/7.
  21. 島崎潤. ドライアイ診断と治療. 興和株式会社第6回眼科領域研究会, 東京, 2004/8/23.
  22. 島崎潤. 日常診療に役立つオキュラーサーフェスの知識. 岡山県眼科医会第6回前眼部疾患研究プログラム, 岡山市, 2004/8/29.
  23. 島崎潤. 翼状片と結膜弛緩症に対する手術の実際. 東京歯科大学眼科イブニングセミナー, 市川市, 2004/10/14.
  24. 島崎潤. マイボーム腺機能不全とドライアイ. ランチョンセミナー3 ドライアイ−診断と治療のエッセンス, 第70回日本中部眼科学会, 大阪市, 2004/11/27.
  25. 島崎潤. PTKより悪化した角膜混濁の一例. 第21回COST, 東京, 2004/12/3.
  26. 篠崎尚史. 移植コーディネーターとはーコーディネーターに必要とされる倫理観. 杏林大学医学部, 三鷹市, 2004/10/5
  27. 篠崎尚史. 医療と健康−再生医療. Ipv6ビジネスサミット2004. 東京, 2004/2/16.
  28. 篠崎尚史. ドナーアクションプログラム. 第9回アイバンクコーディネーターセミナー, 市川市, 2004/2/14.
  29. 篠崎尚史. 実習「閉瞼縫合」. 第9回アイバンクコーディネーターセミナー, 市川市, 2004/2/14.
  30. 篠崎尚史. 角膜移植第1回JOTコーディネーター. 都道府県コーディネーター、組織移植コーディネーター、アイバンクコーディネーター合同セミナー, 東京, 2004/9/25.
  31. 篠崎尚史. 清潔操作手洗い・ガウンテクニック・器具の取り扱い. 第1回JOTコーディネーター. 都道府県コーディネーター、組織移植コーディネーター、アイバンクコーディネーター合同セミナー, 東京, 2004/9/26.
  32. 篠崎尚史. 厚生労働省研究班における「ドナーアクションプログラム」について−患者さんの意思をいかすこととは−. 第二回看護協会講義. 千葉市, 2004/1/17.
  33. 篠崎尚史. 医療人に必要な倫理観−移植医療の実際をふまえて. 千葉県立衛生短期大学特別講義. 千葉県立衛生短期大学. 千葉市, 2004/1/28.
  34. 榛村重人. 角膜と酸化ストレス. 第1回日本角膜学会学術奨励賞受賞記念講演. 第28回角膜カンファランス・第20回日本角膜移植学会, 米子市, 2004/2/19.
  35. 榛村重人. オキュラーサーフェスの再生医療. 関西眼科先進医療研究会, 吹田市,  2004/3/3.
  36. 榛村重人. 重症眼表面疾患における羊膜移植の抗炎症作用. 第277回東京歯科大学学会(例会), 千葉市, 2004/6/5.
  37. 榛村重人. ランチョンセミナー:眼科手術諸問題−角膜編.第19回日本眼内レンズ屈折手術学会シンポジウム, 福岡市, 2004/6/26.
  38. 榛村重人. 角膜の再構築. 専門医制度第41回講習会, 東京, 2004/11/13.
  39. 鈴木高佳. 東京歯科大学水道橋病院眼科でのトライイリス導入・使用経験. 第1回近見反応測定装置, トライイリス東海セミナー, 浜松市, 2004/12/19.
  40. 浅水健志. アイバンクについて. 新人研修オリエンテーション. セコメディック病院. 船橋市, 2004/4/5
  41. 吉野由希子. 角膜移植とアイバンク. 杏林大学医学部M4講義. 三鷹市, 200411/16.
  42. 福田昌彦, 下村嘉一, 江口洋, 榛村重人. インストラクションコース:人工角膜. 第58回日本臨床眼科学会, 東京, 2004/11/11-14.
[このページのトップに戻る]
12.「啓蒙」 Public Education

雑誌 (Magazines)

  1. 島崎潤. 先端医療のすべて!−羊膜移植−. ホスピタウン 5月号: 33, 2004/5.
  2. 島崎潤. 医師がすすめる最高の名医+治る病院 2005年版: 159, 2004/12.
  3. 吉野健一. 女性のためのお医者さん最新リスト. HANAKO 773: 67, 2004/2.
  4. 吉野健一. 疲れ目、充血、ドライアイかも!?. Style: 348-350, 2004/4.
  5. 吉野健一. 頼りになるお医者さん最新リスト. HANAKO 808: 10, 70, 2004/10.
  6. 吉野健一. コンタクトレンズ関連トピックス. エイエムオー・ジャパンVol.3: 12, 2004/12.

啓蒙(書籍) Books

  1. ビッセン宮島弘子. 東京歯科大学水道橋病院眼科. 医者がすすめる専門病院東京都版: 349, 2004/4.
  2. 島崎潤. 角膜の病気に羊膜移植. 実例とイラストでよくわかる[いざというとき役に立つ]最先端医療. 読売新聞医療情報部編. 技術評論社. 2004/3.

啓蒙(新聞) Newspapers

  1. Bissen-Miyajima H. CustomVue LASIK may be useful for correcting high myopia, study suggests. Ocular Surgery News 22(2): 33-34, 2004/1/15.
  2. Bissen-Miyajima H. 論点: Wavefront-guided ablation. Ocular Surgery News 4(5): 1-3, 2004/5.
  3. Bissen-Miyajima H. Adjusting the Infiniti, and adjusting to the Infiniti. Ocular Surgery News Improving Cataract Surgery Performances: 4-5, 2004/7/1.
  4. 島崎潤. 角膜パーツ移植の5つの術式を報告−輪部移植-. Medical Tribune 37 (14): 20-21, 2004/4/1.
  5. 島崎潤. 角膜移植後の水疱性角膜症. Medical Tribune 37 (49): 15. 2004/12/2.

啓蒙(ビデオ) Video

  1. 浅水健志. アイバンクスタッフによるロールプレイ (ビデオ). 財団法人日本アイバンク協会. 2004/8.
-----
TOP
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明