トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門外来のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
業績一覧
TOP
-----
業績2005年
1.「英文論文」 Original Papers (English)
  1. Bissen-Miyajima H, Suzuki S, Ohashi Y, Minami K. Experimental observation of intraocular pressure changes during ? microkeratome suctioning in laser in situ keratomileusis. J Cataract Refrac Surg 2005; 31: 590-594. (Impact factor = 1.937)
  2. Bissen-Miyajima H, Minami K, Miyake-Kashima M, Taira Y, Nakamura M. Observation of the corneal flap interface with metal? particles in a rabbit model. J Cataract Refract Surg 2005; 31: 1409-1413. (Impact factor = 1.937)
  3. Shimmura S, Shimazaki J, Omoto M, Teruya A, Ishioka M, Tsubota K. Deep lamellar keratoplasty (DLKP) in keratoconus patients? using viscoadaptive viscoelastics. Cornea 2005; 24: 178-181. (Impact factor = 1.290)
  4. Shimmura S, Omoto M, Den S, Bissen-Miyajima H, Tsubota K, Shimazaki J. Microkeratome-assisted phacoemulsification.? J Cataract Refract Surg 2005; 31: 1699-1701. (Impact factor = 1.937)
  5. Shimmura S, Miyashita H, Konomi K, Shinozaki N, Taguchi T, Kobayashi H, Shimazaki J, Tanaka J, Tubota K. Transplantation of? corneal endothelium with Descemet's membrane using a hyroxyethyl methacrylate polymer as a carrier.? Br J Ophthalmol 2005; 89: 134-137. (Impact factor = 2.000)
  6. Dogru M, Asano-Kato N, Tanaka M, Igarashi A, Shimmura S, Shimazaki J, Okada N, Takano Y, Fukagawa K, Tsubota K, ? Fujishima H. Ocular surface and MUC5AC alterations in atopic patients with corneal shield ulcers. Curr Eye Res 2005; 30: ? 897-908. (Impact factor = 1.097)
  7. Dogru M, Okada N, Asano-Kato N, Tanaka M, Igarashi A, Takano Y, Fukagawa K, Shimazaki J, Tsubota K, Fujishima H. ? Atopic ocular surface disease: Implications on tear function and ocular surface mucins. Cornea 2005; 24: S18-S23. (Impact factor = 1.290)
  8. Matsumoto Y, Dogru M, Tsubota K. Ocular surface findings in Hallopeau-Siemens subtype of dystrophic epidermolysis ? bullosa: report of a case and literature review. Cornea 2005; 24: 474-479. (Impact factor = 1.290)rs.
  9. Matsumoto Y, Dogru M, Goto E, Fujishima H, Tsubota K. Successful topical application of a new antifungal agent, micafungin,? in the treatment of refractory fungal corneal ulcers: report of three cases and literature review. Cornea 2005; 24: 748-753.? (Impact factor = 1.290)
  10. Onguchi T, Takano Y, Dogru M, Tsubota K, Shimazaki J. Clinical evaluation of the accuracy of intraocular pressure ? measurement by Tono-Pen XL in eyes with amniotic membrane patching. Am J Ophthalmol 2005; 139: 570-571.? (Impact factor = 2.332)
  11. Asano-Kato N, Toda I, Hori-Komai Y, Takano Y, Dogru M, Tsubota K. Histopathological findings of epithelial ingrowth after? laser in situ keratomileusis. Cornea 2005; 24: 130-134. (Impact factor = 1.290)
  12. Asano-Kato N, Fukagawa K, Okada N, Kawakita T, Takano Y, Dogru M, Tsubota K, Fujishima H. TGF-beta1, IL-1beta, and Th2? cytokines stimulate vascular endothelial growth factor production from conjunctival fibroblasts. Exp Eye Res 2005; 80: ? 555-560. (Impact factor = 2.846)
  13. Asano-Kato N, Toda I, Hori-Komai Y, Sakai C, Fukumoto T, Arai H, Dogru M, TakanoY, Tsubota K. Experience with the Artisan? phakic intraocular lens in Asian eyes. J Cataract Refract Surg 2005; 31: 910-915. (Impact factor = 1.937)

  14. Asano-Kato N, Fukagawa K, Okada N, Dogru M, Tsubota K, Fujishima H. Tryptase increases proliferative activity of human? conjunctival fibroblasts through protease-activated receptor-2. Invest Ophthalmol Vis Sci 2005; 46: 4622-4626. ? (Impact factor = 3.577)

  15. Fujishima H, Fukagawa K, Okada N, Takano Y, Tsubota K, Hirai H, Nagata K, Matsumoto K, Saito H. Prostaglandin D2 induces? chemotaxis in eosinophils via its receptor CRTH2 and eosinophils may cause severe ocular inflammation in patients with allergic? conjunctivitis. Cornea 2005; 24: S66-S70. (Impact factor = 1.290)
  16. Higa K, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K. Hyaluronic acid-CD44 interaction mediates the adhesion of lymphocytes by ? amniotic membrane stroma. Cornea 2005; 24 : 206-212. (Impact factor = 1.290)
  17. Higa K, Shimmura S, Miyashita H, Shimazaki J, Tsubota K. Melanocytes in the corneal limbus interact with K19-positive basal? epithelial cells. Exp Eye Res 2005; 81: 218-223. (Impact factor = 2.846)
  18. Yoshida S, Shimmura S, Shimazaki J, Shinozaki N, Tsubota K. Serum-free spheroid culture of mouse corneal keratocytes. ? Invest Ophthalmol Vis Sci 2005; 46: 1653-1658. (Impact factor = 3.577)
  19. Okada N, Fukagawa K, Takano Y, Dogru M, Tsubota K, Fujishima H, Matsumoto K, Nakajima T, Saito H. The implications of the? upregulation of ICAM-1/VCAM-1 expression of corneal fibroblasts on the pathogenesis of allergic keratopathy. ? Invest Ophthalmol Vis Sci 2005; 46: 4512-4518. (Impact factor = 3.577)
  20. Suda T, Arai F, Shimmura S. Regulation of stem cells in the niche. Cornea 2005; 24: S12-S17. (Impact factor = 1.290)
  21. Ito M, Asano-Kato N, Fukagawa K, Arai H, Toda I, Tsubota K. Ocular integrity after anterior ciliary sclerotomy and scleral ? ablation by the Er:YAG laser. J Refract Surg 2005; 21: 77-81. (Impact factor = 2.399)
  22. Yuta K, Kami M, Matsumoto Y, Murashige N, Suzuki S. Deep lamellar keratoplasty for corneal perforation due to chronic? graft-versus-host disease following allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation. Haematologica 2005; 90: ECR15.? (Impact factor = 4.192)
  23. Liu K, Kozono D, Kato Y, Agre P, Hazama A, Yasui M. Conversion of aquaporin 6 from an anion channel to a water-selective? channel by a single amino acid substitution. Proc Natl Acad Sci U S A. 2005; 102: 2192-2197. (Impact factor = 10.452)

 

[このページのトップに戻る]
2.「和文論文」 Original Papers (Japanese)
  1. ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳. バイマニュアル水晶体超音波乳化吸引術における潅流量とリーク量. 眼科手術18: 551-554, 2005.
  2. 川島素子, 船山智代, 山田昌和, 真島行彦. Transforming growth factor beta induced (TGFBI) 遺伝子変異による晩期発症の? 格子状角膜ジストロフィ6例. 日本眼科学会雑誌 109: 93-100, 2005.
  3. 石岡みさき, 島崎潤, 榛村重人, 谷野富彦, 坪田一男. ラタノプロスト点眼が誘因と考えられた角膜移植後ヘルペス性角膜ぶどう膜炎の一例. 眼科47: 1351-1353, 2005.
[このページのトップに戻る]
3.「和文総説」 Review Papers (Japanese)
  1. ビッセン宮島弘子. 患者さんからの質問6 LASIKの適応は?老眼も治りますか?. Journal of Integrated Medicine 15: 49, 2005.
  2. ビッセン宮島弘子. LASIKの現状. あたらしい眼科 22: 139-142, 2005.
  3. 島崎潤. 再発翼状片−効果的な羊膜の使い方とその適応−. 眼科手術18: 196-197, 2005.
  4. 島崎潤. 屈折を考えた角膜移植. 特集・新しい角膜移植. あたらしい眼科21: 161-165, 2004. 
  5. 篠崎尚史. 欧州における臓器提供の現況と推進への取組み−日本の臓器提供数増加に向けて−. 移植39: 145-162, 2004.
  6. 篠崎尚史. ドナーアクションプログラム. 日本臨床63: 1873-1877, 2005.
  7. 川北哲也, 島崎潤, 横井則彦. 毛嚢虫眼瞼炎. あたらしい眼科22: 1635-1636, 2005.
  8. 松本幸裕. 角膜移植後縫合糸断裂. あたらしい眼科21: 483-484, 2004.
  9. 田聖花, 島崎潤. 翼状片. あたらしい眼科22: 1479-1484, 2005.
  10. 川島素子, 後藤英樹. 眼の乾きと涙液油層−マイボーム腺脂質, 涙液蒸発, 涙液油層およびDR-1. あたらしい眼科 22: 295-302, 2005.?
  11. 大本雅弘, NEW INSTRUMENT 角膜移植用ケラトーム. 眼科手術 18: 193-195, 2005.?
  12. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子. 老視LASIKの可能性. あたらしい眼科 22: 343-344, 2005.
  13. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子. マルチフォーカルIOLによる老視治療. あたらしい眼科22: 1049-1053, 2005.
  14. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子. 強度近視眼に対する屈折矯正手術:Wavefront-guided LASIK vs 有水晶体眼内レンズ. あたらしい眼科22: 1225-1226, 2005.
  15. 本田理恵, ムラトドール. ドライアイ治療overview. あたらしい眼科22: 317-322, 2005.
  16. 角環, 榛村重人. ワンポイントアドバイス:眼瞼縫合. 眼科手術18: 200-201, 2005.
  17. 石岡みさき, 後藤英樹, 島崎潤. 翼状片再発 −効果的な羊膜の使い方とその適応−. 眼科手術18, 196-197, 2005.
  18. 石岡みさき, 後藤英樹, 島崎潤, 佐藤由紀恵, 坪田一男. チモロールゲル点眼直後の涙液干渉像の観察. あたらしい眼科22: 217-219, 2005.
  19. 石岡みさき. ようこそ眼科研究室へ. 第17回 浜松医大, 眼科ケア6: 1064-1065, 2004., 第18回 滋賀医大, 眼科ケア6: 1163-1165, 2004., ? 第19回 岩手医大, 眼科ケア7: 68-69, 2005., 第20回 自治医大, 眼科ケア8: 180-181, 2005., 第21回 独協医大, 眼科ケア8: 292-293, 2005.
  20. 石岡みさき. 眼科のあかるい悩み相談室. 第1回 眼科ケア7: 378-379, 2005., 第2回 眼科ケア7: 450-451, 2005., 第3回 眼科ケア7: 572-573, 2005.,? 第4回 眼科ケア7: 638-639, 2005., 第5回 眼科ケア7: 748-749, 2005., 第6回 眼科ケア7: 858-859, 2005., 第7回 眼科ケア7: 972-973, 2005.
  21. 加藤直子. アトピー性角結膜炎(含む眼瞼炎)の診療指針. 特集 アレルギー性 結膜疾患診療指針2005, あたらしい眼科22 : 733-738, 2005.
[このページのトップに戻る]
4.「和文執筆 ・ 編集」Books/Chapters(Japanese)
  1. 島崎潤. エキシマレーザー. すぐに役立つ眼科診療の知識 角膜・結膜・眼瞼・涙器. 東京, 金原出版, 133-142, 2005.
  2. 篠崎尚史. XI. 感覚;視覚. 栄養士・介護福祉士のための解剖生理学. 大阪, メディカルレビュー社, 225-233, 2005.?
  3. 篠崎尚史. WHO国際会議報告− Ethics, access and safety in tissue and organ transplantaion: Issues of global concern. 移植40. 東京, ? エルゼビア・ジャパン, 225-233, 2005.
  4. 田聖花. 榛村重人. 角膜移植後. 眼科プラクティス1 術後眼内炎. 東京, 文光堂, 104-107, 2005.
  5. 田聖花. マイボグラフィー. 眼科プラクティス4 眼科所見の捉え方と描き方. 東京, 文光堂, 19, 2005.
  6. 川島素子. 角膜異物・障害. 眼科プラクティス3 オーキュラーサーフェスのすべて. 東京, 文光堂, 206-210, 2005.
  7. 松本幸裕. 兎眼. 眼科プラクティス3 オキュラーサーフェスのすべて. 東京, 文光堂, 154-157, 2005.
[このページのトップに戻る]
5.「国際学会」 International Meetings

5th World Cornea Congress, Washington DC, U.S.A., 2005/4/13-15.

  1. Shinozaki N. Cultural and political barriers to corneal donation worldwide.
  2. Den S, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Cataract surgery following deep lamellar keratoplasty; case-controlled comparison with ? penetrating keratoplasty.

18th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery, Washington DC, U.S.A., 2005/4/15-20.

  1. Bissen-Miyajima H, Ohnuma K, Taira Y. Model eye analysis of Acrysof ReStor.
  2. Suzuki T, Bissen-Miyajima H, Ohnuma K. Clinical results of wavefront-guided LASIK and phakic IOL implantation in high myopia.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology, Annual Meeting, Fort Lauderdale, U.S.A., 2005/5/1-5/5.

  1. Shimazaki J, Higa K, Aiba M, Itabashi Y, Fukuda K, Tsubota K, Shimmura S. Comparison of cultivated limbal epithelial sheets with and ? without substrates.
  2. Satake Y, Aiba M, Dogru M, Sumi T, Tomita M, Higa K, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Barrier function and epithelial phenotype ? following cultivated oral mucosal epithelial transplantation.
  3. Kawashima M, Den S, Onguchi T, Omoto M, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Retrospective analysis of deep lamellar keratoplasty ? for corneal dystrophies.
  4. Omoto M, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Microkeratome-Assisted Endothelial Lamellar Keratoplasty.
  5. Tomita M, Shimmura S, Shimazaki J, Tsubota K. Dacryoadenitis associated with acanthamoeba keratitis.
  6. Uchino Y, Miyashita H, Shimmura S, Kobayashi H, Shimazaki J, Tsubota K. Amniotic membrane-poly( vinyl alcohol) hybrid polymer as an artificial cornea scaffold.(ARVO Kowa Travel Grant 受賞)
  7. Asano-Kato N, Okada N, Igarashi A, Kujira A, Fukagawa K, Dogru M, Tanaka M, Takano Y, Tsubota K, Fujishima H. Tryptase increases? conjunctival fibroblast proliferation via protease-activated receptor-2.
  8. Shimmura S, Miyashita H, Higa K, Yoshida S, Shimazaki J, Tsubota K. The matricellular protein SPARC is constitutively expressed by ? limbal fibroblasts and inhibits intercellular adhesion of corneal epithelial cells in vitro.
  9. Dogru M, Okada N, Asano-Kato N, Igarashi A, Tanaka M, Takano Y, Fukagawa K, Tsubota K, Shimazaki J, Fujishima H. Tear function and ? ocular surface mucin alterations in atopic dermatitis patients.
  10. Hara S, Hazama A, Sasaki Y, Dogru M, Tsubota K. The effect of topical amiloride eye drops on ocular surface tear retention in rabbits.
  11. Higa K, Shimmura S, Miyashita H, Shimazaki J, Tsubota K. Melanocytes in the corneal limbus interact with K19-positive basal ? epithelial cells.
  12. Yoshida S, Shimmura S, Matsuzaki Y, Shimazaki J, Okano H, Tsubota K. Sphere initiating cells in the mouse corneal stroma exhibit ? multipotency in addition to the keratocyte phenotype in vitro.
  13. Miyashita H, Shimmura S, Matsuzaki Y, Higa K, Okano H, Shimazaki J, Tsubota K. Characterization of human limbal side population (SP) cells.
  14. Goto E, Dogru M, Matsumoto Y, Fukagawa K, Saiki M, Uchino M, Kojima T, Yamamoto Y, Kawashima M, Tsubota K. Topical eye ointment? application to lid margin for the treatment of dry eye.
  15. Takano Y, Igarashi A, Kujira A, Okada N, Asano-Kato N, Satake Y, Tanaka M, Tsubota K, Fukagawa K, Fujishima H. The effect of tranilast ? on eotaxin production in cultured conjunctival fibroblasts.
  16. Usui Y, Akiba H, Satake Y, Takeuchi M, Okunuki Y, Kezuka T, Hattori T, Takeuchi A, Okumura K, Usui M. The role of OX40/OX40L pathway? in murine experimental autoimmune uveoretinitis( EAU).
  17. Uchino M, Goto E, Matsumoto Y, Dogru M, Saiki M, Fukagawa K, Tsubota K. Changes in tear evaporation rates after topical low-dose ? lipid eye ointment application to lid margin.
  18. Ohashi Y, Sasaki Y, Ishida N, Hirai S, Watanabe K, Yasui M, Tsubota K. Odorant-binding Protein-1a regulates Aquaporin 5 gating in Mouse.

23rd European Society of Cataract and Refractive Surgeons, Lisbon, Portugal, 2005/9/10-14

  1. Bissen-Miyajima H, Suzuki T, Honda R. Small incision surgery with a newly developed ultra sleeve.
  2. Bissen-Miyajima H, Ohnuma K, Taira Y. Visual quality with new generation multifocal IOL under different condition.
  3. Suzuki T, Bissen-Miyajima H, Honda R. The use of topical beta-blocker in the management of regression following LASIK for myopia.
[このページのトップに戻る]
6.「国際学会シンポジウム」 International Symposiums

ISRS/AAO:Emerging Trends in Refractive and Cataract Surgery, Hong Kong, China, 2005/5/14.

  1. Bissen-Miyajima H. Bimanual Phacoemulsification : Steps to acquire its technique.

International Conference on Aquaporins, Brussels, Belgium, 2005/9/10-13.

  1. Yasui M. Cloning and characterization of mouse aquaporin-6.

American Academy of Ophthalmology Subspecialty Day, Chicago, U.S.A., 2005/10/14.

  1. Bissen-Miyajima H. Optical quality of cornea in PRK, LASIK, LASEK.
[このページのトップに戻る]
7.「国内学会」 Domestic Meetings

第38回日本臨床腎移植学会−腎移植連絡協議会, 大津市, 2005/1/27-28.

  1. 篠崎尚史. 臓器移植の増加へのプロセス−アイバンク関係の立場から−.

第28回日本眼科手術学会, 大阪市, 2005/1/28-30.

  1. ビッセン宮島弘子,鈴木高佳. バイマニュアル水晶体超音波乳化吸引術における灌流量とリーク量.
  2. ビッセン宮島弘子,極小切開バイマニュアル水晶体超音波乳化吸引術のラーニングカーブ(ビデオ発表).
  3. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 大木伸一. 強度近視眼へのwavefront-guided LASIKと有水晶体眼内レンズ.?
  4. 御宮知達也, 高野洋之, 藤島浩, 島崎潤. 羊膜上のトノペンによる眼圧測定の評価.

第29回角膜カンファランス, 第21回日本角膜移植学会, 徳島市, 2005/2/17-19.

  1. 佐竹良之, 相場昌代, 村戸ドール, 角環, 富田真智子, 比嘉一成, 榛村重人, 坪田一男, 島崎潤. 口腔粘膜培養上皮移植後のバリヤー機能の評価.
  2. 川島素子, 田聖花, 御宮知達也, 大本雅弘, 榛村重人, 島崎潤. 角膜変性症に対する深層表層角膜移植術.
  3. 冨田真智子, 榛村重人, 佐竹良之, 坪田一男, 島崎潤. アトピー性皮膚炎合併患者における角膜移植.
  4. 内野裕一, 榛村重人, 大本雅弘, 田聖花, 坪田一男, 島崎潤. 重症眼表面疾患に合併した白内障に対するmicrokeratome-assisted PEA.
  5. 石岡みさき, 八木幸子, 島崎潤, 坪田一男. βブロッカー点眼が角膜移植後の上皮に与える影響.
  6. 加藤直子, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 鯨昭子, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩.マスト細胞由来typtaseはprotease-activated recepter-2(PAR-2)を? 介して結膜実質細胞の増殖を亢進する.
  7. 村戸ドール, 岡田直子, 加藤直子, 五十嵐安弥子, 田中まり, 高野洋之, 深川和己, 島崎潤, 坪田一男, 藤島浩. アトピー性皮膚炎における眼表面の? ムチンの変動.
  8. 比嘉一成, 榛村重人, 宮下英之, 島崎潤, 坪田一男. 角膜輪部上皮におけるメラノサイトの分布.
  9. 吉田悟, 榛村重人, 只野貴示枝, 島崎潤, 坪田一男. ケラトサイトの長期、大量培養法の検討.
  10. 藤島浩, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 鯨昭子, 坪田一男, 深川和己. 重症アレルギー眼疾患におけるブドウ球菌についての検討.
  11. 原修哉, 挾間章博, 佐々木恭正, 村戸ドール, 坪田一男. 翼状片と結膜弛緩症の同時手術を施行した症例の検討.
  12. 佐々木恭正, 大橋淑起, 石田成弘, 平井慎一郎, 渡辺克彦, 安井正人, 坪田一男. Odorant-binding protein-1aによるマウス涙腺アクアポリン5の? 水透過制御機構.
  13. 五十嵐安弥子, 鯨昭子, 加藤直子, 坪田一男, 深川和己, 藤島浩. 培養結膜実質細胞からのエオタキシン産生に対するトラニラストの効果.
  14. 宮下英之, 榛村重人, 松崎有未, 比嘉一成, 岡野栄之、坪田一男. ヒト角膜輪部side population細胞のcharacterization.
  15. 後藤英樹, 村戸ドール, 松本幸裕, 深川和己, 佐藤由紀江, 佐伯めぐみ, 小島隆司, 内野美樹, 山本祐介, 坪田一男. 極少量オフロキサシン? 眼軟膏眼瞼縁投与によるドライアイの治療.

第4回日本再生医療学会総会, 大阪市, 2005/3/1-2.

  1. 榛村重人, 比嘉一成, 宮下英之, 島崎潤, 坪田一男. 角膜上皮幹細胞ニッチにおけるメラノサイトの分布.
  2. 比嘉一成, 大島三冬, 石橋直子, 藤川裕重, 相場昌代, 榛村重人, 坪田一男, 島崎潤. 羊膜を用いた角結膜上皮再生におけるHLA-Gの発現.
  3. 吉田悟, 榛村重人, 只野貴示枝, 島崎潤, 坪田一男. ケラトサイトの長期、大量培養法の検討.
  4. 宮下英之, 榛村重人, 小林尚俊, 田口哲志, 本田貴子, 内野祐一, 加藤正文, 島崎潤, 田中順三, 坪田一男. 人工角膜材料としての、ポリビニル? アルコール・ハイブリットポリマーの有用性の検討.

第245回千葉眼科集談会, 千葉市, 2005/3/13.

  1. 佐竹良之, 相庭昌代, 比嘉一成, 榛村重人, 島崎潤. 新しい眼表面再建術: 口腔粘膜培養上皮移植.?
  2. 内野裕一, 田聖花, 島崎潤. アレルギー性結膜炎と診断されたヘルペス性眼瞼結膜炎.

第109回日本眼科学会総会, 京都市, 2005/3/24-27.

  1. 臼井嘉彦, 竹内大, 佐竹良之, 毛塚剛司, 奥貫陽子, 服部貴明, 慶野博, 臼井正彦, 秋葉久弥, 奥村康. 実験的自己免疫性ぶどう膜網膜炎における? OX40/OX40Lの役割.

第5回日本抗加齢医学会総会, 京都市, 2005/6/10-11.

  1. 深川和己, 藤島浩, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 鯨昭子, 坪田一男. 重症アレルギー性結膜疾患におけるオメガ3脂肪酸.

第20回日本眼内レンズ屈折手術学会, 京都市, 2005/6/17-19.

  1. ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 本田理恵. 新しいスリーブを用いた小切開白内障手術.
  2. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 大木伸一. LASIK術後リグレッション例に対するβ遮断薬点眼有効例と非有効例の検討.

第39回日本眼炎症学会, 横浜市, 2005/7/8-10.

  1. 臼井嘉彦, 竹内大, 佐竹良之, 奥貫陽子, 服部貴明, 毛塚剛司, 慶野博, 臼井正彦,秋葉久弥, 奥村康. 実験的自己免疫性ぶどう膜網膜炎(EAU)に? おけるTh1/Th2反応におけるOX40/OX40L経路の役割.

第26回日本炎症・再生医学会, 2005/7/12-13.

  1. 比嘉一成, 島崎潤, 相庭昌代, 板橋裕史, 福田恵一, 坪田一男, 榛村重人. フィブリン上における培養上皮シートの作成と羊膜上皮シートとの比較.
  2. 吉田悟, 榛村重人, 只野貴示枝, 島崎潤, 松崎有未, 岡野栄之, 坪田一男. マウス角膜実質由来の多分化能を有する成体幹細胞の分離・培養.
  3. 宮下英之, 榛村重人, 松崎有未, 比嘉一成, 吉田悟, 岡野栄之, 島崎潤, 坪田一男. ヒト角膜輪部由来side population細胞のcharacterization.

第4回日本組織移植学会, 大阪市, 2005/8/27.

  1. 篠崎尚史. 病院開発におかれる最終目標.
  2. 浅水健志, 篠崎尚史. 臓器提供意思確認のためのRoutine Referral System(RRS)導入報告.

第8回日本組織工学会, 東京, 2005/9/1-2.

  1. 宮下英之, 榛村重人, 小林尚俊, 田口哲志, 内野祐一, 加藤直子, 島崎潤, 坪田一男. 人工角膜材料としての羊膜・ポリビニルアルコール・? ハイブリッドポリマー.

第246回千葉眼科集談会, 千葉市, 2005/9/11.

  1. 島崎潤, 川島素子. 強角膜移植を要した淋菌性角膜潰瘍穿孔の1例
  2. 川北哲也, 角環, 島崎潤. 深層表層角膜移植術後の創口離開に羊膜移植が奏功した1例.

第59回日本臨床眼科学会, 札幌市, 2005/10/7-10.

  1. ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 平容子, 大沼一彦. モデル眼を用いた新しい回折型多焦点眼内レンズ挿入後の画像.
  2. 篠崎尚史. アイバンクの発展を目指して−アメリカアイバンクの現状と課題.
  3. 田聖花, 榛村重人, 坪田一男, 島崎潤. 深層表層角膜移植術後の白内障手術-全層角膜移植と比較して.
  4. 川島素子, 佐竹良之, 角環, 榛村重人, 坪田一男, 島崎潤. 輪部機能不全症例に対する培養上皮移植後の二期的角膜移植術の経過.?
  5. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子. 後房型有水晶体眼内レンズ(PRL)挿入後2年の臨床成績.?
  6. 本田理恵, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 大木伸一, 大沼一彦. 遠方および近方視での瞳孔径.
  7. 御宮知達也, 田聖花, 島崎潤. 深層表層角膜移植術(DLKP)後に抜糸により創口の離解を生じた5例の検討.
  8. 冨田真智子, 榛村重人, 大本雅弘, 御宮知達也, 坪田一男, 島崎潤. レジデントとベテラン術者による全層角膜移植術の術後成績の比較.
  9. 内野裕一, 高橋慎一, 佐竹良之, 田聖花, 川島素子, 大本雅弘, 御宮知達也, 井之川宗右, 冨田真智子, 角環, 島崎潤. γ-グロブリン大量療法および? 培養口腔粘膜上皮移植を施行した急性期眼類天疱瘡の1例.
  10. 石岡みさき, 八木幸子, 島崎潤, 坪田一男. 徐放型ベータブロッカーが眼表面に与える影響.
  11. 加藤直子, 田中まり, 石岡みさき, 深川和己, 佐竹良之, 吉野健一, 坪田一男, 藤島 浩. 季節性アレルギー性結膜炎に対するリボスチン4回点眼と? 掻痒時点眼の比較.
  12. 村戸ドール, 岡田直子, 加藤直子, 五十嵐安弥子, 田中まり, 高野洋之, 深川和己, 坪田一男, 藤島浩. アトピー性角結膜炎(AKC)及び春季カタル? (VKC)における眼表面状態の違い.
  13. 原修哉, 小島隆司, 市川一夫, 挟間章博, 三宅将生, 佐々木恭正, 村戸ドール, 後藤英樹, 坪田一男. 結膜上皮におけるENaCの存在に関連した 新しい涙液貯溜のメカニズムの可能性.
  14. 大木伸一, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳. Wavefront-guided LASIKにおいて解析結果に度数調整した例の検討

第280回東京歯科大学学会(総会), 千葉市, 2005/10/15-16.

  1. 五十嵐崇恭, 外木守雄, 坪田一男, 篠崎尚史, 島崎潤, 山根源之. ウサギ口腔粘膜上皮幹細胞の濃縮および性質の解析.

第55回日本アレルギー学会秋季学術大会, 盛岡市, 2005/10/20-22.

  1. 深川和己, 藤島浩, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 鯨昭子, 坪田一男. 重症アレルギー性角結膜炎におけるオメガ3不飽和脂肪酸の関与.
  2. 藤島浩, 斉藤博久, 松本健治, 深川和己, 岡田直子, 五十嵐安弥子, 鯨昭子. ディーゼル因子のアレルギー性結膜炎への影響.

第41回日本移植学会, 新潟市, 2005/10/28-30.

  1. 浅水健志, 篠崎尚史. 臓器提供意思確認のためのRoutine Referral System(RRS)導入報告.

第11回日本臨床死生学会, 第30回日本自殺予防学会, 東京, 2005/11/26-27.

  1. 浅水健志, 篠崎尚史, 安達富美子. グリーフケアとなり得る臓器提供の行為−ドナー家族の声から.
[このページのトップに戻る]
8.「国内学会シンポジウム」 Domestic Symposiums

第28回日本眼科手術学会, 大阪市, 2005/1/28-30.

  1. ビッセン宮島弘子. 海外最新情報にみる、将来のすがた. ランチョンセミナー
  2. ビッセン宮島弘子. 極小切開白内障手術. アフタヌーンセミナー
  3. ビッセン宮島弘子. OVD全般の可能性の中でのHealon V. イブニングセミナー OVDs(Ophthalmic Viscosurgical Devices)の? 展望−Visco Surgeryの現在と将来−.
  4. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術. シンポジウム
  5. 榛村重人, 田聖花. 難症例の対処法. ランチョンセミナー
  6. 大本雅弘. 羊膜移植 疾患別治療戦略:羊膜カバー. インストラクションコース
  7. 深川和己. 免疫抑制剤点眼は重症アレルギー性結膜炎の治療戦略に何をもたらすか? 専門別研究会オキュラーサーフェス
  8. 石岡みさき, 忍足和浩, 花崎秀敏, 高田真智子.「楽しい開業」. インストラクションコース

第4回日本再生医療学会, 大阪市, 2005/3/1-2.

  1. 篠崎尚史. 眼・感覚器.

第77回日本生化学会, 横浜市, 2005/3/28.

  1. 安井正人. アクアポリンの構造・機能相関. シンポジウム.

第82回日本生理学会, 仙台市, 2005/5/18-20.

  1. Sasaki Y, Ishida N, Yasui M, Tsubota K. Aquaporin 5 gating mechanism in lacrimal gland acinar cells.
  2. 安井正人. 水とイオン輸送の新展開. シンポジウム

第20回日本眼内レンズ屈折手術学会, 京都市, 2005/6/17-19.

  1. Bissen-Miyajima H. New generation multifocal IOLs. Asia Refractive-Cataract Update.
  2. ビッセン宮島弘子. 目指すはアクネ(アテネ). ランチョンセミナ
  3. ビッセン宮島弘子. 2.0mm角膜創からのPEA+IOL. イブニングセミナー
  4. ビッセン宮島弘子. 出そろった各種レンズとその評価基準. シンポジウム
  5. ビッセン宮島弘子. 白内障手術におけるヒアルロン酸. ランチョンセミナー
  6. ビッセン宮島弘子. 極小切開手術. 特別企画

第59回日本臨床眼科学会, 札幌市, 2005/10/7-10.

  1. 島崎潤. 解決SPK・下方のSPK 〜ドライアイ〜. イブニング・セミナー
  2. 加藤直子. やさしい角結膜感染症 結膜炎. インストラクションコース
  3. 加藤直子. 春季カタルにおける巨大乳頭増殖 リモデリングか炎症か? 専門別研究会

第41回日本移植学会総会シンポジウム, 新潟, 2005/10/29-30.

  1. 篠崎尚史. ドナーコーディネーターとレシピエントコーディネーターの役割.
[このページのトップに戻る]
9.英語講演
  1. Shinozaki N. Economical aspects of organ donation and transplantation. 1st World Day for Organ Donation and Transplantation, Geneva, ? Switzerland, 2005/10/14.
  2. Shinozaki N. Run for Vision. Ichikawa Volunteer Interpreter's Society. Ichikawa, 2005/9/25.
  3. Shinozaki N. Corneal transplantation and human tissue. Circulation of Human Body Parts: Local, National and Beyond, Tokyo, 2005/11/5.
[このページのトップに戻る]
10.日本語講演

雑誌

  1. ビッセン宮島弘子. 最新眼内レンズと屈折矯正. 第17回天理眼科臨床懇話会, 奈良市, 2005/3/5.
  2. ビッセン宮島弘子. LASIKとPhakic IOLの適応基準. 眼科診療アップデート2005 in 京都, 京都市, 2005/3/12.
  3. ビッセン宮島弘子. 眼内レンズインプラント. 第279回東京歯科大学学会例会特別講演, 千葉市, 2005/6/4.
  4. ビッセン宮島弘子. LASIKとPhakic IOL−今後の動向−. 第4回北海道角膜セミナー, 札幌市, 2005/6/25.
  5. ビッセン宮島弘子. LASIK手術の実際. レーザー屈折矯正の基礎, 東京, 2005/8/23.
  6. ビッセン宮島弘子. 白内障手術と屈折矯正手術の新しい動き. 平成17年度東濃眼科医会, 多治見市, 2005/11/19.
  7. ビッセン宮島弘子. Phakic IOLの現状と今後の可能性. 第12回九州山口屈折矯正手術研究会特別講演, 福岡市, 2005/11/26.
  8. 島崎潤. ドライアイ診断のポイント. 第6回川崎眼科フォーラム, 川崎市, 2005/2/26.
  9. 島崎潤. 結膜弛緩症と翼状片:適応と術式の選択. 第22回慈恵医大柏病院眼科症例検討会, 柏市, 2005/4/21.
  10. 島崎潤. ドライアイ診断のポイント. 平成17年度福岡県眼科医会総会講演会, 福岡市, 2005/4/23.
  11. 島崎潤. 角膜再生 −現代の再生医療はどこまで進化しているか−. 長寿アカデミア生涯学習健康講座, 東京, 2005/5/20.
  12. 島崎潤. 角膜の再生と羊膜. 藤岡多野医師会学術講演会, 藤岡市, 2005/5/26.
  13. 島崎潤. 角膜診療クオリティアップ(1) 診療所で行う角膜検査、処置、手術のコツ. 開業医のためのドライアイ&角膜診療クオリティアップ −イブニングセミナー2005−, 東京, 2005/9/17.
  14. 島崎潤. 翼状片と結膜弛緩症:手術の適応とコツ. 埼玉県眼科教育講演会プログラム, さいたま市, 2005/9/25.
  15. 島崎潤. ドライアイと類縁疾患:診断のポイント. 第12回大田区眼科医会・東邦大学第一眼科合同勉強会, 東京, 2005/10/22.
  16. 島崎潤. 最近の角膜移植:上皮から内皮まで−層別手術の時代−. 角膜上皮移植. 第20回千葉県眼科手術懇話会, 千葉市, 2005/10/30.
  17. 島崎潤. ドライアイとその類縁疾患. 第76回香川県眼科集談会, 高松市, 2005/12/18.
  18. 篠崎尚史.「生命」医療従事者からみた倫理観. 清心女子高等学校, 倉敷市, 2005/1/18.
  19. 篠崎尚史. 医療の現状と課題−生命科学コースに期待すること−. 清心女子高等学校教職員会, 倉敷市, 2005/1/18.
  20. 篠崎尚史. 医療人に必要な倫理観−移植医療の実際をふまえて−. 川崎市立衛生短期大学, 川崎市, 2005/1/24.
  21. 篠崎尚史. 組織移植概論. 日本組織移植学会組織移植コーディネーター アイバンクコーディネーター合同セミナー, 市川市, 2005.12/17.
  22. 篠崎尚史. 医療人に必要な倫理観−移植医療の実際をふまえて−. 千葉県立衛生短期大学特別講義. 千葉県立衛生短期大学, 千葉市, 2005/2/9.
  23. 篠崎尚史. 視覚器の発生・構造. 杏林大学医学部M4講義, 三鷹市, 2005/4/7.
  24. 篠崎尚史. 日本のアイバンクの実際と移植医療の現場. (財)兵庫アイバンク10周年記念式典, 神戸市, 2005/4/9.
  25. 篠崎尚史. 角膜センター紹介. フィリピンマリキナ市見学会, 市川市, 2005/5/12.
  26. 篠崎尚史. ドクター・ポスドクのためのバイオ業界就職セミナー. アールアンドディーサポート(株), 東京, 2005/6/10.
  27. 篠崎尚史. 眼科における移植医療. 杏林大学保健学部学生研修会, 市川市, 2005/6/25.
  28. 篠崎尚史. 角膜センター概要. 延生大学校見学会, 市川市, 2005/8/24
  29. 篠崎尚史. 角膜センター報告. 東京麻布ライオンズクラブ, 東京都, 2005/9/22.
  30. 篠崎尚史. 眼科再生医療. 杏林大学医学部M4講義, 三鷹市, 2005/9/29.
  31. 篠崎尚史. 移植医療を推進していくために. 第17回福岡県院内移植コーディネーター連絡協議会, 福岡市, 2005/10/7.
  32. 篠崎尚史. 提供数を増やすには. 第3回富山県院内移植コーディネーター連絡会, 富山市, 2005/11/18.
  33. 篠崎尚史. 応用物理. 東京大学応用物理学講座, 東京, 2005/11/22.
  34. 篠崎尚史. 移植医療と再生医療の現状と課題. 北斗病院院内セミナー. 北斗病院, 帯広市, 2005/11/25.
  35. 篠崎尚史.「生命」医療従事者からみた倫理観. 清心女子高等学校, 倉敷市, 2005/11/29.
  36. 篠崎尚史. 世界から見た日本の移植医療. 平成17年度第2回熊本県院内移植コーディネーター研修会, 熊本市, 2005/12/10.
  37. 篠崎尚史. 日本でのDAP(Donor Action Program)の現状−平成15年からの12都道府県の現状・実績・特徴. 平成17年度第1回JOTコーディネーター都道府県コーディネーター 組織移植アイバンクコーディネーター合同セミナー, 市川市, 2005/12/17.
  38. 篠崎尚史. DAPをインストールするために. 平成17年度第1回JOTコーディネーター 都道府県コーディネーター 組織移植コーディネーター アイバンクコーディネーター合同セミナー, 市川市, 2005/12/18.
  39. 佐竹良之. ランチョンセミナー3:アレルギー牲結膜炎・特に活性酸素について. フォーサム・イン横浜, 横浜市, 2005/ 7/9.
  40. 佐竹良之. アレルギー性結膜炎、その診断と治療,第175回浦安市医師会学術講演会, 浦安市, 2005/10/17.
  41. 井之川宗右, 島崎潤. 角膜ぶどう腫に対して、強角膜全層移植を施行した1例. 第24回COST, 東京, 2005/11/25.
  42. 浅水健志. 移植コーディネーター概論「移植と免疫」「啓発活動」. 日本組織移植学会コーディネーターセミナー, 市川市, 2005/2/5.
  43. 浅水健志. 移植医療について. 新人研修オリエンテーション. セコメディック病院, 船橋市, 2005/4/4.
  44. 浅水健志. アイバンク−今後の展望−. 第51回ライオンズクラブ国際協会330-C地区年次大会, 松戸市, 2005/4/24.
  45. 浅水健志. アイバンクコーディネーターの挑戦. 東京医科歯科大学お茶の水会同窓会記念講演会, 東京, 2005/6/4.
  46. 浅水健志. アイバンクコーディネーターについて. 杏林大学保健学部学生研修会, 市川市, 2005/6/25.
  47. 浅水健志. 病院開発ケーススタディ. 第12回アイバンクワークショップセミナー, 東京, 2005/7/29.
  48. 浅水健志. 病院開発−効率的な提供システムの構築−. 杏林大学保健学部, 八王子市, 2005/11/1.
  49. 浅水健志. 角膜移植とアイバンク. 杏林大学保健学部, 八王子市, 2005/11/22.
  50. 浅水健志, 土屋健一. 東京医科歯科大学医学部保険衛生学科臨地実習講師. 市川市, 2005/12/13-14.
  51. 浅水健志. 組織移植各論〜インフォームドコンセントを見据えて〜皮膚・心臓弁・血管・膵島・骨・角膜について. 平成17年度第1回JOTコーディネーター 都道府県コーディネーター 組織移植コーディネーター アイバンクコーディネーター合同セミナー, 市川市, 2005/12/17.
[このページのトップに戻る]
11.啓蒙(新聞、雑誌、書籍、テレビなど)

雑誌 (Magazines)

  1. ビッセン宮島弘子. 目のレンズが白く濁る「白内障」とはこんな病気です. サンケイリビングマイファーマシー3月号: 13-20, 2005/2.
  2. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術ABC No.2 百聞は一見にしかず. 3i角膜診療 2: 8, 2005.
  3. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術の王道; LASIKの基礎. Pharma Medica 23: 19-22, 2005.
  4. 島崎潤. 名医の最新治療17 翼状片. 週刊朝日. 5・6・13合併増大号: 118-119. 2005/5.

書籍 (Books)

  1. 東京歯科大学市川総合病院眼科. 医者がすすめる専門病院 千葉 茨城: 286. ライフ企画. 2005/11/3.
  2. 浅水健志. 医療にかかわる仕事−アイバンクコーディネーター. 視覚障害者にかかわるしごと事典. 大活字. 東京. 262-267, 2005/7.

新聞  (Newspapers)

  1. 島崎潤. 病気を老化と勘違いしない見極めポイント 目が乾く. 日刊ゲンダイ: 13面. 2005/9/29.
  2. 島崎潤. もっと知りたい日本の最新医療 眼科治療の今. 日刊ゲンダイ: 21-22面. 2005/11/1.
  3. 冨田真智子. 涙はなぜ出るの? 毎日小学生新聞: 2005/2/16.

テレビ (Television)

  1. 島崎潤. これが世界のスーパードクター!TV初潜入天才名医仰天テクニック完全公開スペシャル!! .TBSテレビ. 2005/9/23(. 再放送 2005/11/5.)

ラジオ (Radio)

  1. 深川和己(. 聞き手,順天堂大学総合診療科教授、林田康男)アレルギー性結膜炎. ラジオ短波,ド クターサロン. 2005/6/15.

リーフレット/CD-ROM

  1. Bissen-Miyajima H. Clinical evaluation of bimanual phacoemulsification using the Infiniti system. Outcomes in Ophthalmic Surgery 1(2):7, 2005 Spring.
  2. Bissen-Miyajima H. Healon5 OVD helps surgeons during complicated cataract cases. The 21st century surgeon 1(1):5-7, 2005/4.
  3. ビッセン宮島弘子. 白内障手術の屈折矯正としてのアプローチ. Ophthalmic Surgery Trends&Techniques: 6-7, 2005/6.
  4. 島崎潤. マイボーム腺機能不全とドライアイ 第70回日本中部眼科学会 −ランチョンセミナーより−. 参天製薬株式会社. 2004/11.
  5. 島崎潤. 角膜移植術後感染症. Ophthalmic Foresight 10(2). 万有製薬株式会社. 2005/7.
  6. 島崎潤. ドライアイ診断のポイント. 参天製薬株式会社. 2005/10.
  7. 島崎潤. 緑内障点眼治療における角膜のトラブルシューティング 第59回日本臨床眼科学会 −ランチョンセミナーより−. Medical Tribune 38(49): 23, 2005/12/8.
  8. 島崎潤. 眼で診る!ドライアイ・タイプ別診断. 参天製薬株式会社. 2005/3. (CD-ROM)
  9. 角環. World Cornea Congress V 印象記. 米国白内障・屈折矯正手術学会レポート.OCC JAPAN K. K. :8, 2005/7

一般啓発活動

  1. 浅水健志. 献眼登録キャンペーン. 東京シティロードレース2005, 東京, 2005/6/11-12.
  2. 浅水健志. ドナーカードキャンペーン. 第26回健康市川市民の集い, 市川市, 2005/10/23.
-----
TOP
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明