トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門外来のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
業績一覧
TOP
-----
業績 2012年
1.「英文論文」 Original Papers (English)
  1. Shimazaki J, Iseda A, Satake Y, Shimazaki-Den S. Effi cacy and safety of long-term corticosteroid eye drops after penetrating keratoplasty: a prospective, randomized, clinical trial. Ophthalmology. 2012; 119(4): 668-673. (Impact factor=5.454 )
  2. Shigeyasu C, Shimazaki J. Ocular surface reconstruction after exposure to high concentrations of antiseptic solutions. Cornea. 2012; 31(1): 59-65. (Impact factor=1.733 )
  3. Yamazoe K, Yamamoto Y, Shimazaki-Den S, Shimazaki J. Visual outcome in Japanese patients with Acanthamoeba keratitis. Eye(Lond). 2012; 26(4): 517-522. (Impact factor=1.851 )
  4. Hirayama M, Yamaguchi T, Satake Y, Shimazaki J. Surgical outcome of Descemet's stripping automated endothelial keratoplasty for bullous keratopathy secondary to argon laser iridotomy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2012. (Impact factor=2.170 )
  5. Hirayama M, Satake Y, Higa K, Yamaguchi T, Shimazaki J. Transplantation of cultivated oral mucosal epithelium prepared in fi brin-coated culture dishes. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012; 53(3): 1602-1609. (Impact factor=3.597 )
  6. Higa K, Kato N, Yoshida S, et al. Aquaporin 1 positive stromal niche-like cells directly interact with N-cadherin-positive clusters in the basal limbal epithelium. Stem Cell Res. 2012; 10: 147-155. (Impact factor=5.127)
  7. Kojima T, Wakamatsu TH, Dogru M, Ogawa Y, Igarashi A, Ibrahim OM, Inaba T, Shimizu T, Noda S, Obata H, Nakamura S, Wakamatsu A, Shirasawa T, Shimazaki J,Negishi K, Tsubota K. Age-related dysfunction of the lacrimal gland and oxidative stress: evidence from the Cu,Zn-superoxide dismutase-1 (Sod1) knockout mice. Am J Pathol. 2012; 180(5): 1879-1896. (Impact factor=4.890 )
  8. Moscovici BK, Holzchuh R, Chiacchio BB, Santo RM, Shimazaki J, Hida RY. Clinical treatment of dry eye using 0.03% tacrolimus eye drops. Cornea. 2012; 31(8):945-949. (Impact factor=1.733 )
  9. Fukuda M, Yamada M, Kinoshita S, Inatomi T, Ohashi Y, Uno T, Shimazaki J, Satake Y, Maeda N, Hori Y, Nishida K, Kubota A, Nakazawa T, Shimomura Y.Comparison of corneal and aqueous humor penetration of moxifl oxacin, gatifl oxacin and levofl oxacin during keratoplasty. Adv Ther. 2012; 29(4): 339-349. (Impact factor=2.105 )
  10. Ibrahim OM, Matsumoto Y, Dogru M, Adan ES, Wakamatsu TH, Shimazaki J, Fujishima H, Tsubota K. In vivo confocal microscopy evaluation of meibomian gland dysfunction in atopic-keratoconjunctivitis patients. Ophthalmology. 2012; 119(10): 1961-1968. (Impact factor=5.454 )
  11. Ibrahim OM, Kojima T, Wakamatsu TH, Dogru M, Matsumoto Y, Ogawa Y, Ogawa J, Negishi K, Shimazaki J, Sakamoto Y, Sasaki H, Tsubota K. Corneal and retinal eff ects of ultraviolet-B exposure in a soft contact lens mouse model. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012; 53(4): 2403-2413. (Impact factor=3.597 )
  12. Kaido M, Yamada M, Sotozono C, Kinoshita S, Shimazaki J, Tagawa Y, Hara Y, Chikama T, Tsubota K. The relation between visual performance and clinical ocular manifestations in stevens-johnson syndrome. Am J Ophthalmol. 2012; 154(3): 499-511. (Impact factor=4.223 )
  13. Wakamatsu TH, Satake Y, Igarashi A, Dogru M, Ibrahim OM, Okada N, Fukagawa K, Shimazaki J, Fujishima H. IgE and eosinophil cationic protein (ECP) as markers of severity in the diagnosis of atopic keratoconjunctivitis. Br J Ophthalmol. 2012; 96(4): 581-586. (Impact factor=2.902 )
  14. Hatou S, Yoshida S, Higa K, et al. Functional corneal endothelium derived from corneal stroma stem cells of neural crest origin by retinoic acid and Wnt/beta-catenin signaling. Stem Cells Dev. 2012. (Impact factor=4.459)
[このページのトップに戻る]
2.「和文論文」 Original Papers (Japanese)
  1. 石岡みさき, 島 潤. 全層角膜移植後の眼表面と涙液機能に対するカルテオロールとチモロール点眼の比較. あたらしい眼科29(1): 113-116, 2012.
[このページのトップに戻る]
3.「和文総説」 Review Papers (Japanese)
  1. 島 潤. ドライアイの診断基準と病型. IOL&RS Vol.26: 3-7, 2012.
  2. 島 潤. マイボーム腺機能不全診断の最近の進歩. 日本眼科学会雑誌 116: 711-713, 2012.
  3. 佐竹良之, 比嘉一成, 田 聖花, 山口剛史, 許斐健二, 坪田一男, 島 潤. 角膜移植後に著明な上皮肥厚をきたした培養口腔粘膜上皮移植眼の組織学的検討. 日本眼科学会雑誌 116: 367, 2012.
  4. 田 聖花, 伊勢田博之, 秦野響子, 村戸ドール, 島 潤. ジクアホソルNa 点眼がドライアイ疑い例の涙液機能および自覚症状に及ぼす影響. 日本眼科学会雑誌 116:261, 2012.
  5. 大口剛司, 小島隆司, 永田妙子, 難波志帆, 野田航介, 川北哲也, 村戸ドール, 島 潤, 坪田一男, 石田 晋. SOD-1 ノックアウトマウスに伴うドライアイにおける2%レバミピド点眼薬の有効性. 日本眼科学会雑誌 116: 260, 2012.
  6. 山口昌彦, 島 潤, 高村悦子, 横井則彦, 渡辺 仁, 大橋裕一. ジクアホソル前向き観察研究におけるドライアイ治療効果と安全性. 日本眼科学会雑誌116: 262, 2012.
  7. 小島隆司, 永田妙子, 岡田直子, 村戸ドール, 島 潤, 坪田一男. Superoxide dismutase-1 ノックアウトマウス結膜における眼表面ムチンの変化. 日本眼科学会雑誌 116: 361, 2012.
  8. 坪田一男, ビッセン宮島弘子, 不二門 尚. 巻頭言. あたらしい眼科 28 '11臨時増刊号: 1, 2011(. 2011年未掲載)
  9. ビッセン宮島弘子. 眼内レンズによる屈折矯正手術. あたらしい眼科 28 '11臨時増刊号: 201-203, 2011(. 2011年未掲載)
  10. ビッセン宮島弘子. フェムトセカンドレーザーによる水晶体手術. あたらしい眼科 28 '11 臨時増刊号: 269-271, 2011(. 2011年未掲載)
  11. ビッセン宮島弘子, 宮田和典. 近年の難症例への対処法. あたらしい眼科 29: 149-150, 2012.
  12. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ. 日本医師会雑誌 141: 770, 2012.
  13. ビッセン宮島弘子. 学会印象記 第65 回日本臨床眼科学会一般口演「眼内レンズ」. 眼科 54: 483-484, 2012.
  14. ビッセン宮島弘子. 理事会だより 診療報酬とウェブサイト. IOL&RS 26: 136, 2012.
[このページのトップに戻る]
4.「和文執筆 ・ 編集」Books/Chapters(Japanese)
  1. ビッセン宮島弘子. フェムト秒レーザーによる白内障手術. 臨床眼科 増刊号 66:294-297, 2012.
  2. ビッセン宮島弘子. LASIK A . 新ES NOW 眼科手術のトラブルシューティング: 96-101, 2012.
  3. 篠崎尚史, 青木 大. 角膜(保存・シェアリング). 移植のための臓器摘出と保存 IV.1-2: 254-256, 2012.
[このページのトップに戻る]
5.「国際学会」 International Meetings

1st Conference on the Tear Film and Ocular Surface in Asia, Kamakura, Japan, 2012/4/2-4.

  1. Matsumoto Y, Ogasawara M, Hayashi T, Tsuneoka H, Yamada H, Kawakita T, Murat D, Shimazaki J, Tsubota K. A novel mutation in the cornea specifi c keratin 12 gene causing Meesmann's corneal dystrophy in a Japanese family.

American Society of Cataract and Refractive Surgery, Chicago, U.S.A., 2012/4/20-24.

  1. Bissen-Miyajima H, Eff ect of Oblique Corneal Astigmatism on Visual Acuity After Implantation of Diff ractive Multifocal IOL.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2012 Annual Meeting, Fort Lauderdale, Florida, U.S.A., 2012/5/6-10.

  1. Satake Y, Higa K, Den-Shimazaki S, Yamaguchi T, Konomi K, Tsubota K, Shimazaki J. Histological evaluation of post-cultivated oral mucosal epithelial transplantation eyes with severe exacerbation of infl ammation following optical keratoplasty.
  2. Yamada J, Hayashi T, Hamuro J, Yamagami S, Kinoshita S. The role of allo-antigen presentation in mice penetrating keratoplasty controlled by mhc matching.

Australasian Society of Cataract and Refractive Surgeons, Queenstown, New Zealand, 2012/8/9-12.

  1. Bissen-Miyajima H. The eff ect of corneal astigmatism on visual acuity in the eye with multifocal IOL.
  2. Bissen-Miyajima H. One year clinical results of newly developed micro-incision toric IOL.

European Society of Cataract & Refractive Surgeons, Milan, Italy, 2012/9/8-12.

  1. Konomi K, Kato N, Shimazaki J. Collagen cross-linking for progressive keratoconus in Japanese eyes.
  2. Bissen-Miyajima H, Oki S, Ohkuma I, Oshima C. Preliminary results of micro-incision trifocal toric intraocular lenses with new optical design
  3. Yoshino M, Bissen-Miyajima H, Minami K. Eff ect of patient age on visual acuity between diff ractive, multifocal and monofocal intraocular lenses.
  4. Nakamura K, Bissen-Miyajima H, Yoshino M, Oki S. Comparision of refractive error correction by conventional LASIK and wavefront-guided LASIK on eyes implanted with diff ractive multifocal IOL.
  5. Minami K, Nonaka R, Yoshino M, Bissen-Miyajima H. One-year comparison of silicone and hydrophobic acrylic multifocal intraocular lenses with same diff ractive design.
  6. Inoue M, Shinoda K, Noda T, Ohnuma K, Bissen-Miyajima H, Hirakata A. Images of visual perceptions experienced during cataract surgery projected onto retinal surface of model eye.

American Academy of Ophthalmology, Chicago, U.S.A., 2012/11/10-13.

  1. Satake Y, Murat D, Fukagawa K, Shimazaki J, Fujishima H. The safety of Long-term topical tacrolimus treatment in severe ocular allergic disease.
[このページのトップに戻る]
6.「国際学会シンポジウム」 International Symposiums

1st Conference on the Tear Film and Ocular Surface in Asia, Japan, 2012/4/2-4.

  1. Shimazaki J. Therapeutic Strategies.
  2. Tsubota K, Shimazaki J. Global dry eye epidemiology update.

American Society of Cataract and Refractive Surgery, Chicago, U.S.A., 2012/4/20-24.

  1. Bissen-Miyajima H. IOL with multifocal and toric functions. (Symposium).

25th Asia-Pacifi c Association of Cataract and Refractive Surgeons, Shanghai, China, 2012/5/31-6/3.

  1. Bissen-Miyajima H. IOL with multifocal and toric functions. (Symposium)

1st Asia Dry Eye Society Advisory Board Meeting, Japan, 2012/11/30-12/1.

  1. Shimazaki J. Dry Eye Medications "Diquas"

The 18th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club, Kyoto, Japan, 2012/12/7-8.

  1. Shimazaki J. Progress in Anterior Segment Examinations. (Symposium)

[このページのトップに戻る]
7.「国内学会」 Domestic Meetings

第35 回日本眼科手術学会総会, 名古屋市, 2012/1/27-29.

  1. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 大木伸一, 佐藤久美子, 南 慶一郎. フェムトセカンドレーザーによる角膜減張切開術の初期成績.

第36 回日本角膜学会総会, 第28 回日本角膜移植学会, 東京, 2012/2/23-25.

  1. 佐竹良之, 深川和己, 村戸ドール, 島 潤, 藤島 浩. FK506 点眼液の長期使用の安全性.
  2. 許斐健二, 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 島 潤. フェムトセカンドレーザーによる角膜内リング挿入術を行った円錐角膜9 例の術後成績.
  3. 溜 裕美子, 冨田大輔, 林 孝彦, 秦野響子, 許斐健二, 佐竹良之, 島 潤. Boston keratoprosthesis 移植後の前眼部OCT による解析.
  4. 太田 優, 深川和己, 佐竹良之, 岡田直子, 佐々木 誠, 村戸ドール, 藤島 浩, 島 潤, 坪田一男. 眼鏡装用による花粉飛入予防効果について.
  5. 冨田大輔, 林 孝彦, 秦野響子, 溜 裕美子, 榛村真智子, 許斐健二, 田 聖花, 佐竹良之, 島 潤. DSAEK 術後の角膜厚の前眼部OCT による解析.
  6. 秦野響子, 山添克弥, 冨田大輔, 林 孝彦, 溜 裕美子, 榛村真智子, 田 聖花, 許斐健二, 佐竹良之, 島 潤. テリエン角膜辺縁変性に対してC 字型表層角膜移植を施行した1 例.
  7. 田 聖花, 若山美紀, 比嘉一成, 田中陽一, 島 潤. スティーブンス・ジョンソン症候群における結膜弛緩症の外科的治療.
  8. 山添克弥, 太田 優, 堀田一樹, 島 潤. デスメ膜非剥離角膜内皮移植(nDSAEK)術後にデスメ膜除去を要した1 例.
  9. 伊勢田博之, 秦野響子, 田 聖花, 島 潤. BUT 短縮型ドライアイに対するジクアホソルナトリウム点眼の効果.
  10. 村戸ドール, 小島隆司, 永田妙子, 松本幸裕, 島武ケ花, 佐竹良之, 島 潤, 坪田一男. SOD-1ノックアウトマウスにおける3%ジクアホソルナトリウム点眼液の有効性.
  11. 松本幸裕, 小笠原幹英, 林 孝彰, 常岡 寛, 山田 尚, 川北哲也, 村戸ドール, 島 潤, 坪田一男. KRT12 遺伝子に新規の変異を認めたMeesmann 角膜ジストロフィの1 家系.
  12. 小笠原幹英, 林 孝彰, 常岡 寛, 山田 尚, 松本幸裕, 川北哲也, 村戸ドール, 坪田一男, 島 潤. KRT12 遺伝子変異(P130Q)を認めたミースマン角膜ジストロフィの1 家系.
  13. 井之川宗右, 中島史絵, 佐竹良之, 井上 真, 永本敏之. 他科との連携が重要であった高温塩酸による重症化学熱傷の1 例.
  14. 山田 潤, 林 孝彦, 羽室淳爾, 山上 聡, 木下 茂. マウスキメラ移植での拒絶誘導をもとにした、DSAEK での拒絶誘導機序の類推.

第116 回日本眼科学会総会, 東京, 2012/4/5-8.

  1. 佐竹良之, 比嘉一成, 田 聖花, 山口剛史, 許斐健二, 坪田一男, 島 潤. 角膜移植後に著明な上皮肥厚をきたした培養口腔粘膜上皮移植眼の組織学的検討.
  2. 田 聖花, 伊勢田博之, 秦野響子, 村戸ドール, 島 潤. ジクアホソルNa 点眼がドライアイに疑い例の涙液機能および自覚症状に及ぼす影響.
  3. 大口剛司, 小島隆司, 永田妙子, 難波志帆, 野田航介, 川北哲也, 村戸ドール, 島 潤, 坪田一男, 石田 晋. SOD-1 ノックアウトマウスに伴うドライアイにおける2%レバミピド点眼薬の有効性.
  4. 山口昌彦, 島 潤, 高村悦子, 横井則彦, 渡辺 仁, 大橋裕一. ジクアホソル前向き観察研究におけるドライアイ治療効果と安全性.
  5. 小島隆司, 永田妙子, 岡田直子, 村戸ドール, 島 潤, 坪田一男. Superoxide dismutase-1 ノックアウトマウス結膜における眼表面ムチンの変化.
  6. 羽藤 晋, 吉田 悟, 比嘉一成, 宮下英之, 坪田一男, 榛村重人.角膜実質幹細胞から角膜内皮細胞への分化誘導.

第25 回日本脳死・脳蘇生学会総会・学術集会, 宮崎市, 2012/5/6.

  1. 篠崎尚史. クオリティーマネジメントセミナーの目的と今後.
  2. 青木 大. コーディネーター教育の現状と今後の課題.

第293 回東京歯科大学学会, 千葉市, 2012/6/2-3.

  1. 梅澤貴志, 山根茂樹, 上松博子, 比嘉一成, 島崎 潤, 吉成正雄, 井出吉信, 阿部伸一.上皮・筋ハイブリッド型細胞シート合成過程に発現する細胞骨格関連タンパク.

第27 回JSCRS 学術総会, 第51 回日本白内障学会総会, 東京, 2012/6/15-17.

  1. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 大木伸一, 野中亮子, 南 慶一郎. 年代別多焦点眼内レンズ挿入後の矯正視力:単焦点眼内レンズとの比較.
  2. 大木伸一, ビッセン宮島弘子, 平沢 学, 吉野真未. 多焦点眼内レンズ挿入後に単焦点眼内レンズに交換した3 例.
  3. 野中亮子, ビッセン宮島弘子, 大木伸一, 南 慶一郎. 異なる光学部素材の回折型多焦点眼内レンズ挿入例の臨床成績.
  4. 佐藤久美子, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 平沢 学, 大木伸一, 大熊 泉. 当院における多焦点眼内レンズ挿入希望例の検討.
  5. 大木伸一. 多焦点から単焦点IOLへの交換例(. ケースレポート)
  6. 山阜宙齪N, 鈴木高佳, 土屋綾子, 林 孝彦, 米山潤子, 小川康太, 後藤仁美. 2 種類の非球面回折型多焦点眼内レンズ挿入後の視機能の比較.

第11 回日本組織移植学会, 東京, 2012/8/4.

  1. 松本由夏. アイバンクによる角膜内皮移植用強角膜切片の加工とその利用.
  2. 村上達也. 全死亡例臓器提供意思確認システムの運用・分析.

第260 回千葉眼科集談会, 千葉市, 2012/9/9.

  1. 太田 優, 佐々木 誠, 藤島 浩, 深川和己, 岡田直子, 坪田一男, 佐竹良之, 島 潤. 眼鏡装用における花粉飛入予防効果について.
  2. 遠藤安希子, 佐竹良之, 許斐健二, 島武ケ花, 島 潤. 角膜内皮移植における移植片挿入法の検討.

第66 回日本臨床眼科学会, 京都市, 2012/10/25-28.

  1. 島 潤, 榛村重人, 佐竹良之, 島武ケ花. これで完璧!角膜移植.
  2. 佐竹良之. アレルギー性結膜疾患治療のストラテジー.
  3. 許斐健二, 加藤直子, 山添響子, 平山雅敏, 冨田大輔, 林 孝彦, 溜 裕美子, 島 潤. 角膜クロスリンキングを行った進行性円錐角膜の11例.
  4. 溜 裕美子, 佐竹良之, 比嘉一成, 冨田大輔, 田 聖花, 村戸ドール, 島 潤. 瘢痕性角結膜症に対するジクアホソルナトリウム点眼液の効果.
  5. 林 孝彦, 溜 裕美子, 山田教弘, 島武ケ花, 島 潤. 角膜後面不整を有する水疱性角結膜症に対する角膜内皮移植術(DSAEK).
  6. 親川 格, 島武ケ花, 村戸ドール, 島 潤. 2%レバミピド点眼液使用直後における実用視力の変化.
  7. 渡辺 仁, 島 潤, 横井則彦, 山口昌彦. ドライアイスペシャリストの老舗のこだわり講座 ―今、明らかになる新しい点眼の使い方―.
  8. 佐伯めぐみ, 根岸一乃, 加藤直子, 鳥居秀成, 渡邊一弘, 村戸ドール, 坪田一男. LASIK 術後眼に対するOKULIX による眼内レンズ度数計算精度.
  9. 小島隆司, 永田妙子, 松本幸裕, 村戸ドール, 坪田一男. Tear meniscus analysis software を用いたジクアホソルナトリウム点眼前後の評価.
  10. 山崎健一郎, 鈴木高佳, 土屋綾子, 林 孝彦, 小川康太, 兒玉仁美, 岡本温美, 米田潤子. +3.00D及び+4.00D加入の多焦点眼内レンズによる白内障術後の視機能の比較.
  11. 平沢 学, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 野中亮子, 大木伸一, 南 慶一郎. Laser in situ keratomileusis 後眼における多焦点眼内レンズ挿入の臨床成績.
  12. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 大木伸一. 回折型多焦点眼内レンズ挿入眼におけるLASIK による屈折誤差矯正の比較.

第39 回日本低温医学会総会, 東京, 2012/11/21.

  1. 青木 大. アイバンクにおける低温管理.
[このページのトップに戻る]
8.「国内学会シンポジウム/セミナー」 Domestic Symposiums

第35 回日本眼科手術学会総会, 名古屋市, 2012/1/27-29.

  1. 島 潤. 角膜移植の基本手技: 早期・晩期合併症.[ 教育セミナー], ( 演者)
  2. 島 潤. 円錐角膜の外科的治療.[ シンポジウム], ( 演者)
  3. 島 潤, 田 聖花, 小林 顕, 五十嵐羊羽, 稲富 勉. 眼表面疾患の治療戦略.[ インストラクションコース], ( 島普Fオーガナイザー, 田:演者)
  4. 市岡 博, 後藤恭孝, 藤掛雅子, 秦 裕子, 南部裕之,豊川紀子. 切開、縫合. [ スキルトランスファー], ( 藤掛:インストラクター)

第28 回京都・滋賀・奈良アイバンクシンポジウム, 京都市, 2012/2/5.

  1. 篠崎尚史. 21 世紀のアイバンク

第48 回日本移植学会, 名古屋市, 2012/2/21.

  1. 篠崎尚史.移植システムT. ( 座長)

第36 回日本角膜学会総会, 第28 回日本角膜移植学会, 東京, 2012/2/23-25.

  1. 島 潤. 対決ドライアイ〜治療法バトルロイヤル〜 . [ ランチョンセミナー], ( パネリスト)
  2. 島 潤. レーザー角膜手術革命!フェムトセカンドレーザー. [ フェアウェルセミナー], ( 演者)

第116 回日本眼科学会総会, 東京, 2012/4/5-8.

  1. ビッセン宮島弘子. 老視矯正眼内レンズ[. シンポジウム]

第6 回箱根ドライアイクラブ, 小田原市, 2012/5/25-26.

  1. 島 潤. 環境関連ドライアイの謎を解く. [ シンポジウム]
  2. 田 聖花. ドライアイに関連する眼表面の外科治療. [ ドライアイ免許皆伝], ( 演者)

水道橋眼科フォーラム, 東京, 2012/5/31.

  1. 島 潤, 許斐健二. 周術期の感染予防を考える. ( 島普F座長, 許斐:世話人)

第45 回医学系大学倫理委員会連絡会議, 東京, 2012/6/15.

  1. 篠崎尚史. 移植を巡る国際的な潮流.

第27 回JSCRS 学術総会, 第51 回日本白内障学会総会, 東京, 2012/6/15-17.

  1. 島 潤, 許斐健二. 円錐角膜の新しい治療. [ インストラクションコース], ( 島普Fオーガナイザー, 許斐:講師)
  2. ビッセン宮島弘子. 手術方法[. 教育セミナー]
  3. Bissen-Miyajima H. Review of ASCRS-JSCRS Joint Symposium "Merging of Cataract and Refractive Surgery" at ASCRS 2012. (Symposium)

フォーサム2012 横浜, 横浜市, 2012/7/14-16.

  1. 島 潤. ドライアイの立場から. [ イブニングセミナー] ,( 演者)

第16 回日本看護管理学会年次大会パネルディスカッション6, 札幌市, 2012/8/24.

  1. 篠崎尚史. 臓器提供時のマネジメントについて考える.

第48 回日本移植学会拡大臓器推進委員会, 名古屋市, 2012/9/20.

  1. 篠崎尚史. 厚労科研における臓器提供社会基盤整備事業の概要.

水道橋眼科フォーラム, 東京, 2012/10/4.

  1. 島 潤, 許斐健二. フェムトセカンドレーザーによる角膜手術. ( 島普F演者, 許斐:世話人)

第294 回東京歯科大学学会, 東京, 2012/10/20-21.

  1. 島 潤. ドライアイとQOL. [ 特別講演1].

第66 回日本臨床眼科学会, 京都市, 2012/10/25-28.

  1. ビッセン宮島弘子, 宮田和典, 神谷和孝, 中村邦彦. 白内障手術と乱視矯正〜トーリック眼内レンズをマスターしよう〜[. インストラクションコース]
[このページのトップに戻る]
9.国際講演
  1. Bissen-Miyajima H. Multifocal and Toric IOLs. St. Mary's Hospital Eye Center Anniversary Symposium, Soul, Korea, 2012/10/20-21.
[このページのトップに戻る]
10.国内講演
  1. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患の診断と治療. 第3 回広島眼科 Winter Seminar のご案内, 広島市, 2012/1/14.
  2. 島 潤. ドライアイの新しい治療戦略. 茨城県眼科医会学術講演会のご案内, 水戸市, 2012/1/15.
  3. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患アップデイト. 第8 回湘南眼科倶楽部, 鎌倉市, 2012/2/2.
  4. 島 潤. これだけは押さえよう! ドライアイと関連疾患の診察. Santen Cornea Symposium in Kobe 〜ジクアス点眼液3%発売1 周年記念講演会〜 , 神戸市,2012/2/4.
  5. 島 潤. ドライアイと関連疾患〜超実際的診断のコツ〜 . 中国・四国ジクアス点眼液3%発売1 周年記念講演会, 高松市, 2012/2/19.
  6. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患、診療のポイント. ムコスタ点眼液UD2%発売記念講演会in 福岡, 福岡市, 2012/3/10.
  7. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患アップデート. 平成24 年度鳥取県眼科医会総会・講演会 第85 回鳥取大学眼科研究会, 米子市, 2012/3/18.
  8. 島 潤. ドライアイの診断と治療. 山武地区ドライアイ勉強会, 千葉市, 2012/3/29.
  9. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患の新しい治療法. ムコスタ点眼液発売記念講演会 in 静岡, 静岡市, 2012/3/31.
  10. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患アップデート. ドライアイキャラバンin 沖縄, 那覇市, 2012/4/21.
  11. 島 潤. 角膜疾患の外科的治療 最近の進歩. 第148 回宮崎県眼科医会講習会, 宮崎市, 2012/6/2.
  12. 島 潤. 水疱性角膜症のすべて. 第17 回Tokyo Ocular Surface Forum, 東京, 2012/7/6.
  13. 島 潤. 角膜疾患の外科的治療 最近の進歩. 第1 回関西角膜セミナー, 大阪市, 2012/7/7.
  14. 島 潤. 角膜疾患の新しい治療. 第27 回三重県眼科セミナー, 津市, 2012/7/22.
  15. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患への新しい取り組み. 第389 回大阪眼科集談会プログラム, 大阪市, 2012/8/4.
  16. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患アップデイト. 第197 回長崎眼科集談会, 長崎市, 2012/9/9.
  17. 島 潤. フェムトセカンドレーザーを用いた角膜手術. 第16 回Cornea Update Seminar・Tokyo, 東京,2012/10/6.
  18. 島 潤. 涙液からみた眼表面疾患の診断と治療. 第19 回群馬眼科フォーラム学術講演会, 前橋市, 2012/11/27.
  19. 島武ケ花. ドライアイ〜これからの診断と治療〜 . 牛久龍崎角膜疾患講演会, 土浦市, 2012/1/20.
  20. 島武ケ花. ドライアイ〜これからの診断と治療〜 . 文京区眼科医会学術講演会, 東京, 2012/3/3.
  21. 島武ケ花. ドライアイ これからの診断と治療. ムコスタ点眼液UD2%発売記念講演会in 千葉, 千葉市, 2012/4/28.
  22. 島武ケ花. ドライアイ〜これからの診断と治療〜 . 角膜Santen Ocularsurface Seminar, 東京, 2012/7/6.
  23. 島武ケ花. ドライアイ〜これからの診断と治療〜 . 第2 回島根西部地区ドライアイ研究会, 浜田市, 2012/8/23.
  24. 島武ケ花. 最新の角膜疾患治療〜角膜移植からドライアイまで〜 . 中越サージャンの会, 長岡市, 2012/9/19.
  25. 島武ケ花. 結膜弛緩症. ドーナツセミナー 2012 秋, 東京, 2012/11/1.
  26. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズの未来. 第5 回東京眼科アカデミー, 東京, 2012/2/4-5.
  27. ビッセン宮島弘子. 将来の白内障手術. 第2 回オープン手術カンファランス, 福岡市, 2012/2/18.
  28. ビッセン宮島弘子. 近未来の屈折手術と白内障手術アップデート. 眼科診療アップデートセミナー 2012, 京都市, 2012/3/17-18.
  29. ビッセン宮島弘子. 老眼治療最前線. 第11 回東京歯科大学水道橋病院 症例報告会, 東京, 2012/5/17.
  30. ビッセン宮島弘子. 第27回JSCRS学術総会トピックス. 日本抗加齢医学会・JSCRS(日本白内障屈折矯正手術学会)合同エデュケーショナルセミナー, 東京, 2012/5/29.
  31. ビッセン宮島弘子. 水晶体超音波乳化吸引術と眼内レンズ. 慶應義塾大学教育講演, 東京, 2012/7/5.
  32. ビッセン宮島弘子. 確実な視機能向上と拡がる適応〜トーリックIOL 〜 . トーリックIOL セミナー in 京都, 京都市, 2012/8/25.
  33. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術. 北海道眼科医会北海道ブロック講習会, 札幌市, 2012/9/29.
  34. ビッセン宮島弘子. AMO 多焦点眼内レンズセミナー, 札幌市, 2012/11/10.
  35. 篠崎尚史. 21 世紀のアイバンク. 第28 回京都・滋賀・奈良アイバンクシンポジウム, 京都市, 2012/2/5.
  36. 篠崎尚史. 組織移植の現状. 組織移植学習会〜角膜移植について学ぼう〜聖マリアンナ医科大学, 川崎市, 2012/2/23.
  37. 篠崎尚史. 世界と日本における臓器移植法. 順天堂大学医学部学生実習, 市川市, 2012/6/8.
  38. 篠崎尚史. 国際理解講座. 富山国際大学附属高校, 富山市, 2012/9/8.
  39. 篠崎尚史. 生命. 清心女子高等学校, 岡山市, 2012/10/30.
  40. 篠崎尚史. 移植医療における感染防御. 杏林大学保健学部バイオセイフティ学研修会, 市川市, 2012/11/11.
  41. 青木 大. ドナーコーディネーター研修報告. 第2 回日本臓器移植ネットワーク協議会・都道府県コーディネーター・院内コーディネーター・組織移植コーディネーター・アイバンクコーディネーター合同セミナー, 福岡市, 2012/2/18.
  42. 青木 大. 全死亡例臓器提供意思確認システム(RRS)の取組みについて. 第24 回アイバンクワークショップセミナー, 東京, 2012/2/25.
  43. 青木 大. 組織移植のコーディネーション. 社団法人臓器移植ネットワーク本部, 新人コーディネーター研修, 東京, 2012/4/23.
  44. 青木 大. 角膜移植. 杏林大学保健学部, 東京, 2012/5/1.
  45. 青木 大. アイバンクと角膜移植. 順天堂大学医学部学生実習, 市川市, 2012/6/8.
  46. 青木 大. 医療従事者への啓発活動. 杏林大学保健学部, 東京, 2012/9/18.
  47. 青木 大. アイバンクコーディネーターの重要性. アイバンク愛の光基金, 京都市, 2012/9/25.
  48. 青木 大. 移植医療と移植コーディネーター. 杏林大学保健学部バイオセイフティ学研修会, 市川市, 2012/11/11.
  49. 松本由夏. アイバンクについて. 昭和学院中学校職場体験, 市川市, 2012/11/21.
[このページのトップに戻る]
11.啓蒙(新聞)
  1. 島 潤. 体とこころの通信簿. 朝日新聞, 2012/6/11, 5 面.
  2. 篠崎尚史. 福井県アイバンク活動強化. 日刊県民福井(中日新聞), 2012/5/3, 1 面.
  3. 篠崎尚史. 人体組織に共通コード. 朝日新聞, 2012/7/20, 1面.
12.啓蒙(雑誌、冊子)
  1. 島 潤. Medical Sciences 健康と乾燥 ドライアイ. EPTA Vol.56: 54-55, 2012/4.
  2. 島 潤, 横井則彦, 堀 裕一. ムコスタ点眼液UD2%発売記念座談会「ドライアイ診療の新時代〜ドライアイの自覚症状を考える〜」. あたらしい眼科 29(4): 1-7,2012/4.
  3. 島 潤. 角膜手術 安全性と制度を求めて. 新Eye Surgery Now. No10, 2012/5.
  4. 島 潤. 水疱性角膜症の現状と将来. 日本の眼科 第83 巻 第8 号: 35-36, 2012/8.
  5. 島 潤. 今ふえている「アイトラブル」. HEALTH GUIDE autumn Vol.94: 8-11, 2012.
  6. 島 潤. 角膜内皮移植の合併症. 臨床眼科 増刊号 Vol.66: 211-214, 2012/11.
  7. 佐竹良之. 上皮移植. 角膜手術 安全性と制度を求めて. 新Eye Surgery Now. No10: 38-45, 2012/5.
  8. 許斐健二. 角膜内リング挿入術. 角膜手術 安全性と制度を求めて. 新Eye Surgery Now. No10: 78-85, 2012/5.
  9. 島武ケ花. ドライアイのコア・メカニズムに影響を与えるさまざまな要因. あたらしい眼科29(4): 299-304, 2012/4.
  10. 島武ケ花. 深層層状角膜移植(DALK). 臨床眼科 増刊号 Vol.66: 187-191, 2012/11.
  11. 島武ケ花. 結膜弛緩症の術式について. Frontiers in Dry Eye Vol.7: 68-73, 2012/10.
  12. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズによる白内障治療. 手術数でわかるいい病院2012. 朝日新聞出版: 586, 2012.
  13. ビッセン宮島弘子. 老視を考えた度数調整をすることでレーシックのメリットを生かせる. わが家のげんきをそだてる笑顔4: 24, 2012.
  14. ビッセン宮島弘子. 白内障治療特集. 婦人公論 女性の病気がわかる本. 中央公論新社: 60, 2012.
  15. Bissen-Miyajima H. What's ahead in 2012: Aligning toric IOLs. Eye World 8: 21, 2012.
  16. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズによる白内障治療. 女性のための「いい病院」. 朝日新聞出版: 172, 2012.
  17. ビッセン宮島弘子「. 白内障治療」特集. 病院の実力. 読売新聞社: 46, 2012.
13.啓蒙(書籍)
  1. 島 潤. レーザー虹彩切開術後水疱性角膜症の特徴. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No12 角膜内皮障害to the Rescue: 160-162, 2012.
  2. 島 潤. 角膜移植の適応と術式の選択. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No12 角膜内皮障害to the Rescue: 224-229, 2012.
  3. 島 潤. 角膜移植後拒絶反応. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No15 メディカルオフサルモロジー: 106-109, 2012.
  4. 島 潤. CQ 円錐角膜のコラーゲンクロスリンキングについて教えて下さい. 専門医のための眼科診療クオリファイ. No15メディカルオフサルモロジー: 110-111, 2012.
  5. 島 潤, 佐竹良之, 島武ケ花. 第4 章眼科主要症候とその病態生理. TEXT 眼科学: 75-108, 2012/12.
  6. 島武ケ花. 分娩時外傷・牛眼. 専門医のための眼科診療クオリファイ No12 角膜内皮障害to the Rescue: 181-183, 2012.
  7. 島武ケ花. 内眼術後の高眼圧. 専門医のための眼科診療クオリファイ No12 角膜内皮障害to the Rescue: 184-185, 2012.
  8. 篠崎尚史. アイバンク. 専門医のための眼科診療クオリファイ No 12 角膜内皮障害 to the Rescue: 280-283, 2012.
  9. 青木 大. アイバンクコーディネーター. いろいろな職場で活躍する検査技師. 都臨技会誌: 2012.2:40(1) 232 号: 45, 2012.
  10. 青木 大. アイバンク. 専門医のための眼科診療クオリファイNo12 角膜内皮障害to the Rescue: 280-283, 2012.
  11. 青木 大. 角膜移植法制. 専門医のための眼科診療クオリファイNo12 角膜内皮障害to the Rescue: 284-287, 2012.
  12. 青木 大. アイバンクワークショップセミナー: Routine Referral System の取り組について. アイバンクジャーナル 16(2): 6-13, 2012.
[このページのトップに戻る]
14.啓蒙(テレビ)
  1. 島 潤. しつこい身体の不調を解消する5 つの新事実スペシャル−目の疲れ. たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 ( テレビ朝日) 2012/4/10.
  2. 島 潤. 体がSOS!やってはいけないSP. イカさまタコさま (TBS テレビ) 2012/6/13.
[このページのトップに戻る]
-----
TOP
 
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明