トップページに戻る 東京歯科大学市川総合病院 眼科 サイトマップ
HOME
眼科紹介
ご挨拶
沿革
年度別トピックス
診療医師・スタッフのご紹介
研究グループ紹介
掲載記事・取材のご紹介
業績一覧
セミナー・勉強会のご案内
地図・交通案内
患者さまへ
専門外来のご紹介
角膜移植をお受けになる方へ
治療実績のご紹介
疾患別のご説明
患者満足度調査結果
外来のご案内
月間医師外来スケジュール
関連施設のご紹介
臨床研究に関するお知らせ
求人情報
研修医募集案内
研究員募集案内
視能訓練士募集
その他求人に関するお問い合わせ
 
初診仮予約申込書FAXフォーム・ダウンロード
 

www をGoogleで検索 当サイト内を検索
業績一覧
TOP
-----
業績2009年
1.「英文論文」 Original Papers (English)
  1. Shimazaki J, Harashima A, Tanaka Y. Corneal endotheliitis with cytomegalovirus infection of corneal stroma. Eye. 2009. (Impact factor = 2.064)
  2. Shimazaki J, Higa K, Kato N, Satake Y. Barrier function of cultivated limbal and oral mucosal epithelial cell sheets. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Dec; 50(12): 5672-5680. (Impact factor = 3.582)
  3. Shimazaki J, Uchino Y, Tsubota K. Late irreversible corneal oedema after laser iridotomy. Br J Ophthalmol. 2009 Jan; 93(1): 125-126. (Impact factor = 2.859)
  4. Ban Y, Ogawa Y, Goto E, Uchino M, Terauchi N, Seki M, Nakaya M, Saiki M, Mori T, Okamoto S, Matsumoto Y, Dogru M, Shimazaki J, Tsubota K. Tear function and lipid layer alterations in dry eye patients with chronic graft-vs-host disease. Eye (Lond). 2009 Jan; 23(1): 202-208. (Impact factor = 2.064)
  5. Higa K, Shimmura S, Miyashita H, Kato N, Ogawa Y, Kawakita T, Shimazaki J, Tsubota K. N-cadherin in the maintenance of human corneal limbal epithelial progenitor cells in vitro. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Oct;50(10):4640-4645. (Impact factor = 3.582)
  6. Kawakita T, Shimmura S, Higa K, Espana EM, He H, Shimazaki J, Tsubota K, Tseng SC. Greater growth potential of p63-positive epithelial cell clusters maintained in human limbal epithelial sheets. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Oct; 50(10): 4611-4617. (Impact factor = 3.582)
  7. Kawakita T, Kawashima M, Murat D, Tsubota K, Shimazaki J. Measurement of fornix depth and area: a novel method of determining the severity of fornix shortening. Eye (Lond). 2009 May; 23(5): 1115-1119. (Impact factor = 2.064)
  8. Kawashima M, Kawakita T, Shigeyasu C, Shimazaki J. Lamellar corneal injury by bamboo splinters: a case report. J Med Case Reports. 2009 May 8; 3: 7226.
  9. Kawashima M, Kawakita T, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Characteristics of traumatic globe rupture after keratoplasty. Ophthalmology. 2009 Nov; 116(11): 2072-2076. (Impact factor = 5.296)
  10. Ishioka M, Kato N, Takano Y, Shimazaki J, Tsubota K. The quantitative detection of blurring of vision after eyedrop instillation using a functional visual acuity system. Acta Ophthalmol. 2009 Aug; 87(5): 574-575. (Impact factor = 2.138)
  11. Omoto M, Miyashita H, Shimmura S, Higa K, Kawakita T, Yoshida S, McGrogan M, Shimazaki J, Tsubota K. The use of human mesenchymal stem cellderived feeder cells for the cultivation of transplantable epithelial sheets. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 May; 50(5): 2109-2115. (Impact factor = 3.582)
  12. Wakamatsu TH, Okada N, Kojima T, Matsumoto Y, Ibrahim OM, Dogru M, Adan ES, Fukagawa K, Katakami C, Tsubota K, Shimazaki J, Fujishima H. Evaluation of conjunctival in¨ammatory status by confocal scanning laser microscopy and conjunctival brush cytology in patients with atopic keratoconjunctivitis (AKC). Mol Vis. 2009 Aug 15; 15: 1611-1619. (Impact factor = 2.464)
  13. Yoshino M, Bissen-Miyajima H, Oki S. Residual amounts of ophathalmic viscosurgical devices on the corneal endothelium following phacoemulsi\cation. Jpn J Ophthalmol 2009; 53: 62-64. (Impact factor = 1.257)
  14. Nakamura K, Bissen-Miyajima H, Oki S, Onuma K. Pupil size in di!erent Japanese age groups and the implications for intraocular lens choice. J cataract Refract Surg 2009; 35: 134-138. (Impact factor = 2.508)
  15. Inoue M, Bissen-Miyajima H, Yoshino M, Suzuki T. Wavy horizontal artifacts on optical coherence tomography line-scanning images caused by di!ractive multifocal intraocular lenses. J Cataract Refract Surg 2009; 35: 1239-1243. (Impact factor = 2.508)
  16. Liu W, Deng C, McLaughlin CR, Fagerholm P, lagali NS, Heyne B, Scaiano JC, Watcky MA, Kato Y, Munger R. Shinozaki N, Li F, Gri´th M. Collagenphosphorylcholine interpenetrating network hydrogels as corneal substitutes. Biomaterials 2009 Mar; 30(8): 1551-9. (Impact factor = 6.646)
  17. Ward S, Wakamatsu T, Dogru M, Ibrahim O, Kaido M, Ogawa Y, Matsumoto Y, Igarashi A, Ishida R, Shimazaki J, Shinider C, Negishi K, Katakami G, Tsubota K. The role of oxidative stress and in¨ammation in conjunctivochalasis. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009. (Impact factor = 3.582)
[このページのトップに戻る]
2.「和文論文」 Original Papers (Japanese)
  1. 市橋慶之, 冨田真智子, 島 潤. 角膜内皮移植術の短期治療成績. 日本眼科学会雑誌113(7): 721-726, 2009.
  2. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 鈴木高佳, 川村亮介, 井上真. 回折型多焦点眼内レンズ挿入後に網膜硝子体疾患治療を要した4例. あたらしい眼科 26(11): 1543- 1547, 2009.
  3. 北村奈恵, ビッセン宮島弘子, 吉野真未. 白内障手術後のToxic Anterior Segment Syndrome(TASS)と思われる3例. IOL&RS 23(2): 224-228, 2009.
  4. 大木伸一, ビッセン宮島弘子, 中村邦彦. VISX STAR S4IRを用いたWavefront-Guided Laser In Situ Keratomileusisにおける虹彩紋理認証率. IOL&RS 23(1): 73-77, 2009.
  5. 大木伸一, ビッセン宮島弘子, 中村邦彦, 吉野真未, 斉藤悦子. 回折型多焦点眼内レンズ挿入後の立体視. IOL&RS 23(3): 371-374, 2009.
  6. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 北村奈恵, 大木伸一. 回折型多焦点眼内レンズの片眼挿入例の検討. あたらしい眼科 26(7): 991-996, 2009.
  7. 中川やよい, 内尾英一, 岡本茂樹, 佐竹良之, 庄司純, 深川和己, 福島敦樹, 福田憲, 藤島浩, 宮崎大, 横井則彦, 高村悦子. アレルギー性結膜患者の求める診断・ニーズ について −インターネット患者アンケート全国調査2009年度報告−. 新薬と臨牀58(12): 2086-2098, 2009.
[このページのトップに戻る]
3.「英文総説」 Original Papers (Japanese)
  1. Bissen-Miyajima H. Views from Asia-Paci\c. Eye World Asia-Paci\c; 5: 26, June, 2009.
  2. Bissen-Miyajima H. Views from Asia-Paci\c. Eye World Asia-Paci\c; 5: 30, September, 2009.
[このページのトップに戻る]
4.「和文総説」 Review Papers (Japanese)
  1. 島 潤. 角膜の先天異常. 眼科 51(6): 741-745, 2009.
  2. 島 潤. 内眼手術, 外傷に伴う角膜内皮損傷. あたらしい眼科 26(2): 179-185, 2009.
  3. ビッセン宮島弘子. 眼科医のための屈折矯正手術情報. 日本眼科学会雑誌 113(5):616-617, 2009.
  4. 佐竹良之. 標準コンタクトレンズ診療 アレルギー性結膜炎患者へのコンタクトレンズ処方. 眼科プラクティス 27: 192, 2009.
  5. 佐竹良之. 目が痒いときに冷やすのは良いですか? Q&Aでわかるアレルギー疾患 5: 86-87, 2009.
  6. 佐竹良之. アレルギー性結膜炎. MEDICAMENT NEWS 1983: 4-5, 2009.
  7. 堀 好子. 屈折矯正手術の長期成績. IOL&RS 23(3): 348-351, 2009.
  8. 堀 好子. LASIK術後の感染症について. 眼科手術 22: 487-490, 2009.
  9. 山口剛史. DSAEK後の視機能. 眼科手術 22: 469-474, 2009.
  10. 市橋慶之, 島 潤. DSAEK トリプル手術. IOL&RS 23(3): 334-338, 2009.
  11. 市橋慶之. 写真セミナー 角膜内皮移植後の移植偏位と接着不良. あたらしい眼科 26(5): 637-638, 2009.
[このページのトップに戻る]
5.「英文執筆・編集」Books/Chapters(English)
  1. Bissen-Miyajima H. Cataract surgery in the presence of other ocular comorbidities. Cataract Surgery:411-415, ELSEVIER, 2009.
[このページのトップに戻る]
6.「和文図書」Books(Japanese)
  1. 島 潤. これで完璧 角膜移植. 南山堂, 東京, 2009.
[このページのトップに戻る]
7.「和文執筆 ・ 編集」Books/Chapters(Japanese)
  1. 島 潤, 佐伯めぐみ. 屈折矯正手術. 視力検査 屈折検査: 97-101, 金原出版, 東京, 2009.
  2. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ. O plus E 眼の光学 31(3): 287-291, アドコム・メディア, 東京, 2009.
  3. ビッセン宮島弘子. 第62回日本臨床眼科学会 学会印象記 多焦点眼内レンズ. 眼科 51(4):501-502, 金原出版, 東京, 2009.
  4. ビッセン宮島弘子. 第32回日本眼科手術学会 会長企画シンポジウム みんなで考えよう!眼科手術の諸問題 多焦点眼内レンズ. 日本の眼科 80(5):623, 日本眼科医会, 東京, 2009.
  5. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正ABCNo.7 気になる合併症. 3i 角膜診療:8, メジカルビュー, 東京, 2009.
  6. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正ABCNo.8 フェムトセカンドレーザー. 3i 角膜診療:8, メジカルビュー, 東京, 2009.
  7. ビッセン宮島弘子. 動画でわかる白内障手術. 中山書店, 東京, 2009.
  8. 篠崎尚史. ドナーアクションプログラム. 移植44: 5217-5220, 日本移植学会, 東京, 2009.
  9. 篠崎尚史「. 臓器移植法」改正案における脳死. 移植 44: 5143-5149,日本移植学会, 東京, 2009.
  10. 篠崎尚史. 病院意識調査(HAS)の結果からみた病院啓発の課題. 移植 44: 337, 日本移植学会, 東京, 2009.
  11. 篠崎尚史. わが国における移植コーディネーターアンケート調査結果の報告. 移植 44:333, 日本移植学会, 東京, 2009.
  12. 篠崎尚史. 角膜移植の現状. 暮らしと健康 7月号: 44-46, 保健同人社, 東京, 2009.
  13. 篠崎尚史. 4.バイオ角膜 医療材料・医療機器−その安全性と生体適合性への取り組み−: 181-192, シーエムシー出版, 東京, 2009.
  14. 田 聖花. ドライアイ. からだの科学 263: 100-104, 日本評論社, 東京, 2009.
  15. 番 裕美子, 島 潤. 角膜の病気. からだの科学 263: 78-80, 日本評論社, 東京, 2009.
  16. 山口剛史. 眼内レンズ偏位(Sunsetを含む). 眼科 臨時増刊号 眼科救急外来: 1285-1289, 日本眼科学会, 東京, 2009.
  17. 山口剛史. [患者さんの背景・病態で考える 薬の選び方・使い方のエッセンス] 眼 白内障 治療 91: 1359-1362, 南山堂, 東京, 2009.
  18. 山口剛史. 白内障術後の皮質残存. 眼科疾患アトラス 眼科 50: 1365, 金原出版, 東京, 2009.
  19. 山口剛史. 白内障手術. 眼内レンズ. 眼科ナーシングプラクティス: 22-23, 56, 文光堂, 東京, 2009.
  20. 八木幸子. 基本視機能検査. からだの科学 263: 40-43, 日本評論社, 東京, 2009.
  21. 吉野真未, ビッセン宮島弘子. 眼のしくみ. 口腔と全身疾患:30-34, クインテッセンス, 東京, 2009.
[このページのトップに戻る]
8.「国際学会」 International Meetings

World Health Organization, Geneva, Switzerland, 2009/1/20-28.

  1. Shinozaki N. 124th Executive Board: Human organ and tissue transplantation.

American Society of Cataract and Refractive Surgery, Chicago, U.S.A., 2009/3/3-8.

  1. Bissen-Miyajima H. Comparison of intraocular pressure measurements during LASIK ¨ap creation by femtosecond laser and mechanical microkeratome.
  2. Inoue M, Yoshino M, Bissen-Miyajima H. Wavy artifacts in line scanning image of optical coherence tomography with Multifocal di!ractive IOL.
  3. Nakamura K, Bissen-Miyajima H, Yoshino M, Minami K, Oki S. Contrast sensitivity after LASIK to enhance di!ractive Multifocal IOL implantation.
  4. Yoshino M, Bissen-Miyajima H, Oki S, Minami K, Nakamura K, Maeda N. Variations in refractive analysis with various di!ractive Multifocal IOLs di!erent wavefront analyzers.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2009 Annual Meeting, Fort Lauderdale, Florida, U.S.A., 2009/5/3-7.

  1. Tomita M, Wang MC, Taniguchi H, Takahashi H, Shimazaki J, Akiba H, Yagita H, Hori J. Tim-3/Gal-9 pathway is necessary for corneal allograft survival.

Eye bank Association of America, Seattle, U.S.A., 2009/6/13-22.

  1. Shinozaki N. 48th Annual Meeting, putting the “I” back in eye banking: involvement, inspiration and innovation.

SightLife Global Eye Bank & Corneal Transplant Congress, Seattle, Washington, U.S.A., 2009/6/17.

  1. Asamizu K, Matsumoto Y, Aoki D, Shinozaki N. The analysis of the results of Routine Referral System in Japan.
  2. Matsumoto Y, Asamizu K, Aoki D, Shinozaki N. The analysis of family structure and its reaction on Routine Referral System in Japan.

European Society of Cataract & Refractive Surgeons, Barcelona, Spain, 2009/9/12-16.

  1. Bissen-Miyajima H. What we can learn from vitreoretinal observations in the eye with a multifocal IOL.

2009 Korea-Japan Joint Cornea Conference, Kyoto, Japan, 2009/10/16-17.

  1. Shimazaki J. Double bubble technique for facilitating descemet’s membrane exposure in deep anterior lamellar keratoplasty.
  2. Yamaguchi Y, Negishi K, Dogru M, Shimmura S, Tsubota K, Shimazaki J. Comparison of anterior and posterior corneal surface irregularity in descemet’s stripping automated endothelial keratoplasty and penetrating keratoplasty.

European Transplant Coordinators Organization 16th Congress Berlin, Germany, 2009/10/2-11.

  1. Shinozaki N. 16th Congress, National key member meeting.

Eye bank Association of America, San Francisco, U.S.A., 2009/10/20-25.

  1. Shinozaki N. Fall Leadership Meeting: Reform your future.

2009 Joint Meeting of the American Academy of Ophthalmology and the Pan-American Association of Ophthalmology, San Francisco, U.S.A.,2009/10/24-27.

  1. Satake Y, Dogru M, Takano Y, Tanaka M, Fukagawa K, Shimazaki J, Fujishima H. Long-term safety of papillary resection in severe ocular allergy.

European Union Standards and Training in the Inspection of Tissue Establishment, Warsaw, Poland, 2009/11/30-12/7.

  1. Shinozaki N. EUSTITE \nal conference call.
[このページのトップに戻る]
9.「国際学会シンポジウム」 International Symposiums

APAO-AAO Joint Meeting Bali 2009  The 24th Congress of the Asia-Pacific Academy of Ophthalmology, Bali, Indonesia, 2009/5/16-19.

  1. Shimazaki J. Surgical technique and outcome of deep anterior lamellar keratoplasty (DALK).
  2. Shimazaki J. Bullous keratopathy in Japan; how di!erent our Asian eyes are?

Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons, Tokyo, Japan, 2009/6/26-28.

  1. Bissen-Miyajima H. Patient’s and surgeon’s view through the Multifocal IOL.
  2. Bissen-Miyajima H. An outbreak of infectious keratitis after LASIK in Japan.

The 5th International Meeting on Advanced Cataract & Refractive Surgery, Seoul, Korea, 2009/9/24-27.

  1. Bissen-Miyajima H. Lasik Following implantation of Multifocal IOLs.
  2. Bissen-Miyajima H. Micro-incision Cataract Surgery with iMics1.

The 15th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club, Kyoto, Japan, 2009/12/4-5.

  1. Oshika T, Shimazaki J. Refractive surgery & optics, corneal transplantation.
  2. Den S. How Good is Transplantation of corneal parts over penetrating keratoplasty?
[このページのトップに戻る]
10.「国内学会」 Domestic Meetings

第32回日本眼科手術学会総会, 神戸市, 2009/1/23-25.

  1. 島 潤. 翼状片手術:遊離結膜弁移植を中心に.
  2. ビッセン宮島弘子, 南 慶一郎, 吉野真未, 大木伸一, 西村麻理子. フェムトセカンドレーザーによる角膜フラップ作製時の眼圧変動.
  3. 福山雄一, 島 潤, 市橋慶之, 望月祐人. 前眼部OCTを用いた全層角膜移植術後のホスト・グラフト接合部の観察.
  4. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 林 研, 桝本美樹, 平 容子, 中村邦彦. 着色回折型多焦点眼内レンズ挿入後の視機能.
  5. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 西村麻理子, 大木伸一. 回折型多焦点眼内レンズ挿入眼の角膜乱視と裸眼視力.
  6. 鈴木高佳, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 川村亮介, 井上 真. 回折型多焦点眼内レンズ挿入後に網膜硝子体疾患治療を要した3例.

第33回角膜カンファランス, 第25回日本角膜移植学会, 大阪市, 2008/2/19-21.

  1. 佐竹良之, 比嘉一成, 島 潤. 基質をもたない上皮シートを用いた眼表面再建の成績.
  2. 比嘉一成, 榛村重人, 加藤直子, 宮下英之, 小川葉子, 川北哲也, 島 潤, 坪田一男. 角膜輪部上皮未分化細胞の維持とN-cadherinの関係.
  3. 冨田真智子, 堀 純子, 王 明聡, 谷口ヒロ子, 高橋 浩, 島 潤, 秋葉久弥, 八木田秀雄. 角膜移植後の免疫寛容におけるTim-3/Gal-9シグナルの役割.
  4. 番 裕美子, 田 聖花, 島 潤. 非接触型マイボグラフィーによるマイボーム腺の形態の定量的評価.
  5. 市橋慶之, 冨田真智子, 島 潤. 角膜内皮移植術後の屈折と眼内レンズ度数ずれの検討.
  6. 堀 好子, 伊勢田博之, 稲葉節子, 田 聖花, 島 潤. アルギン酸含有カルテオロール持続性点眼液の涙液動態への影響.
  7. 織地宣嘉, 佐竹良之, 山本祐介, 浅水健志, 松本由夏, 島 潤. プレカット海外ドナー角膜の内皮細胞密度の変化.
  8. 浅水健志, 松本由夏, 篠崎尚史. 全死亡例臓器提供意思確認システム(RRS)におけるデータ解析.
  9. 川北哲也, 榛村重人, 比嘉一成, 島 潤. 角膜輪部に存在するp63陽性細胞塊はステムセルリッチな細胞集団か?.

第8回日本再生医療学会総会, 東京, 2009/3/5-6.

  1. 比嘉一成, 榛村重人, 加藤直子, 宮下英之, 小川葉子, 川北哲也, 島 潤, 坪田一男.角膜輪部ニッチモデルにおけるN-cadherinの角膜上皮未分化の維持.
  2. 島 潤, 比嘉一成, 佐竹良之.培養上皮シートのバリアー機能解析.
  3. 佐竹良之, 比嘉一成, 島 潤.培養口腔粘膜上皮シートによる眼表面再建.
  4. 大本雅弘, 宮下英之, 比嘉一成, 坪田一男, 榛村重人.ヒト骨髄間葉系幹細胞のフィーダー細胞としての有用性.

第253回千葉眼科集談会, 千葉市, 2009/3/8.

  1. 福山雄一, 佐竹良之, 市橋慶之, 番 裕美子, 島 潤. 深部表層角膜移植後の外傷性移植片離開の一例.
  2. 山本祐介, 冨田真智子, 田 聖花, 島 潤. アカントアメーバ角膜炎の治療成績.

第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009/4/16-19.

  1. 原島歩美, 田 聖花, 島 潤. 全層角膜移植後のステロイド点眼長期継続の有用性と安全性.
  2. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 中村邦彦, 大木孝太郎, 戸島佐代子, 清水直子. 多焦点眼内レンズZM900の白内障摘出眼に対する臨床試験.

第63回臨床アレルギー研究会, 東京, 2009/6/20.

  1. 佐竹良之, 高野洋之, 田中まり, 深川和己, ムラトドール, 島 潤, 藤島 浩. 春季カタルに対するタクロリムス点眼薬の効果.

第22回日本脳死・脳蘇生学会, 横浜市, 2009/6/26.

  1. 篠崎尚史. DAPについて.

第48回日本白内障学会総会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会・第45回日本眼光学学会総会, 東京, 2008/6/26-28.

  1. ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 西村麻理子, 大木伸一, 野中亮子. 近方加入度数を減らした回折型非球面多焦点眼内レンズの術後成績.
  2. 堀 好子, 島 潤, ビッセン宮島弘子, 松本幸裕, 坪田一男, 海老原伸行, 高橋 浩. LASIK術後の多発感染症例.
  3. 山口剛史, 鳥居秀成, 根岸一乃, 坪田一男. 白内障術後の角膜・全眼球球面収差と瞳孔径の検討.
  4. 吉野真未, ビッセン宮島弘子, 大木伸一, 野中亮子, 南 慶一郎, 中村邦彦. 回折型多焦点眼内レンズ挿入後早期のコントラスト感度変化.
  5. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 西村麻理子, 大木伸一, 野中亮子. 屈折型と回折型多焦点眼内レンズを段階的に片眼ずつ挿入した症例の視機能.
  6. 大木伸一, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 亀井 泉, 中村邦彦. 多焦点眼内レンズ挿入例における東大式エゴグラムの試行.
  7. 野中亮子, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 大木伸一, 中村邦彦. 多焦点眼内レンズにけるIOLマスターとAモードによる度数決定.

第8回日本組織移植学会総会・学術集会, 東京, 2009/8/29.

  1. 浅水健志, 松本由夏, 青木大, 篠崎尚史. 強膜移植の適応と予後.
  2. 松本由夏, 浅水健志, 青木大, 篠崎尚史. 東京歯科大学市川総合病院眼科における角膜移植術式の推移.
  3. 青木大, 浅水健志, 松本由夏, 篠崎尚史. 当院における全死亡例臓器提供意思確認システムの運用分析.

第254回千葉眼科集談会, 千葉市, 2009/9/13.

  1. 山本 忍, 許斐健二, 浅水健志, 松本由夏, 青木 大, 篠崎尚史. 東京歯科大学市川総合病院における全死亡例臓器提供意思確認システムによるドナー数への影響とその分析.
  2. 許斐健二. 中毒性表皮融解壊死症発症後、比較的早期に他家培養角膜輪部上皮移植を行い、その後ボストン強膜レンズで視力改善を認めた一例.

第63回日本臨床眼科学会, 福岡市, 2009/10/9-12.

  1. 島 潤. Double-bubble法による深層層状角膜移植.
  2. ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 大木伸一, 亀井 泉, 南 慶一郎, 平 容子. 回折型多焦点眼内レンズ挿入後不満例の検討.
  3. 中村邦彦, ビッセン宮島弘子, 吉野真未, 大木伸一, 野中亮子. +3Dおよび+4D加入回折型多焦点眼内レンズ挿入眼の中間視力.
  4. 佐竹良之, 村戸ドール, 高野洋之, 田中まり, 深川和己, 島 潤, 藤島 浩. 重症アレルギー性結膜疾患に対する乳頭切除の瞼結膜への影響と安全性.
  5. 番 裕美子, 山本 忍, 田 聖花, 島 潤. 性別によるマイボーム腺形態の比較.
  6. 山添克弥, 山本祐介, 島 潤. アカントアメーバ角膜炎の予後に影響を及ぼす因子の検討.
  7. 原島歩美, 佐竹良之, 篠崎尚史, 島 潤. 角膜移植の対象疾患と術式の変遷.
  8. 織地宣嘉, 榛村真智子, 佐竹良之, 島 潤. 全層角膜移植後の高眼圧に対する炭酸脱水酵素阻害剤点眼の有用性と安全性.
  9. 川北哲也, 川島素子, 村戸ドール, 榛村重人, 島 潤, 坪田一男. 結膜嚢深度測定による結膜嚢短縮の評価.
  10. 佐久間俊郎, 清川正敏, 田中 稔, 島 潤. 全層角膜移植術と硝子体手術同時手術の治療成績について.
[このページのトップに戻る]
11.「国内学会シンポジウム/セミナー」 Domestic Symposiums

第32回日本眼科手術学会総会, 神戸市, 2009/1/23-25.

  1. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ, みんなで考えよう眼科手術の諸問題 [会長企画シンポジウム]
  2. 田 聖花. 術前準備と器具. [教育セミナー 角膜6角膜移植の基本手技6]
  3. 堀好子. LASIKを中心とした術式. [教育セミナー 屈折矯正手術6屈折矯正手術の基本6]
  4. 片上千加子, 島 潤, 外園千恵, 小林 顕, 五十嵐羊羽, 田 聖花. 角膜・結膜−眼表面疾患の外科的治療戦略−. [インストラクションコース]

第42回日本臨床腎移植学会, 浦安市, 2009/1/30.

  1. 篠崎尚史. 臓器移植法の改正に向けて−これでいいのか日本の臓器移植法−. [シンポジウムB]

第33回角膜カンファランス, 第25回日本角膜移植学会, 大阪市, 2009/2/19-21.

  1. 島 潤, 渡辺仁. 眼表面サイエンス. [シンポジウム]
  2. 島 潤. 新しい液状涙点プラグによるドライアイ治療. [ランチョンセミナー]

第2回千葉眼科プライマリーケア研究会, 浦安市, 2009/2/26.

  1. 佐竹良之. ドライアイ. [シンポジウム]

第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009/4/16-19.

  1. 島 潤. 深層前部表層角膜移植(DALK)の適応、術式、術後観察. [サブスペシャリティサンデー 前眼部疾患]
  2. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ. 前眼部疾患:最新型PEA装置、新規眼内レンズとその使用. [サブスペシャリティーサンデー]
  3. 篠崎尚史. 眼科における産学連携の動き「眼科系ベンチャーの企業化への道」. [シンポジウム]
  4. 佐竹良之. 所見別に見る 春季カタルの診断・治療方法. [フェアウェルセミナー]

第3回箱根ドライアイクラブ, 箱根町, 2009/6/19-20.

  1. 島 潤. マイボーム腺で世界をリード〜既知と未知〜. [シンポジウム]
  2. 島 潤. MGDの病態. [シンポジウム]
  3. 田 聖花. 診断のコツ. [集中講義]
  4. 番裕美子. アーリーバードレポート Tear function and lipid layer alterations in dry eye patients with chronic graft-vs-host disease. [論文紹介]

第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会, 東京, 2009/6/26-28.

  1. ビッセン宮島弘子. iLASIK. [シンポジウム]
  2. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズの新しい使用法. [シンポジウム]
  3. ビッセン宮島弘子. トーリック眼内レンズ登場−術前準備、実際の挿入、臨床成績−. [イブニングセミナー]
  4. ビッセン宮島弘子. リズーム. [老眼研究会 モーニングセミナー]
  5. 山口剛史. 穿孔性角膜穿孔後の白内障手術の一例. [ランチョンセミナー]

スリーサム・イン なにわ, 大阪市, 2009/7/10-12.

  1. 島 潤. 新しい液状涙点プラグによるドライアイ治療. [ランチョンセミナー]

第8回日本組織移植学会学術集会, 東京, 2009/8/29.

  1. 篠崎尚史. セッション1 コーディネーション. [座長]

第45回日本移植学会, 東京, 2009/9/18.

  1. 篠崎尚史. コーディネーター・移植システム. [座長]

第63回日本臨床眼科学会, 福岡市, 2009/10/9-12.

  1. 島 潤. 眼表面再建術. [シンポジウム]
  2. 島 潤, 榛村重人, 佐竹良之, 田 聖花. これで完璧!角膜移植. [インストラクションコース]
  3. ビッセン宮島弘子. 屈折矯正手術. 角結膜手術の未来. [シンポジウム]
  4. ビッセン宮島弘子, 宮田和典, 神谷和孝, 中村邦彦. 白内障手術と乱視矯正. [インストラクションコース]
  5. 渡辺 仁, 島 潤, 横井則彦. ドライアイスペシャリストの老舗こだわり講座−ドライアイの鑑別や関連疾患を極める−. [インストラクションコース]
[このページのトップに戻る]
12.国際講演

European Society of Cataract & Refractive Surgeons, Barcelona, Spain, 2009/9/12-16.

  1. Bissen-Miyajima H. Clinical Experience with HOYA iSert.

Video Cataratta Refrattiva, Milano, Italy, 2009/10/16-17.

  1. Bissen-Miyajima H. Update on Micro-incision Cataract Surgery.
  2. Bissen-Miyajima H. Trends in the Use of Multifocal IOLs.

Taiwan Society of Cataract and Refractive Surgery, Taipei, Taiwan, 2009/11/14.

  1. Bissen-Miyajima H. Trends of multifocal IOLs.
  2. Bissen-Miyajima H. New technologies for micro-incision Cataract Surgery.

9th Vietnam National Conference Burn, Reconstructive and Plastic Surgery. Hanoi, Vietnam, 2009/3/4.

  1. Shinozaki N. Advance in burn care in Japan.
[このページのトップに戻る]
13.国内講演
  1. 島 潤. ドライアイと類縁疾患. 第43回東京大学眼科茶話会 Tokyo Ophthalmology Club, 東京 2009/1/13.
  2. 島 潤. 角膜移植と再生医療. 平成20年度日本歯科色彩学会見学会, 市川市, 2009/1/17.
  3. 島 潤. あの人は今?B. 第30回記念COST, 東京 2009/2/27.
  4. 島 潤. ドライアイってどんな病気?. 日経健康セミナー, 東京, 2009/3/22.
  5. 島 潤. 角膜内皮移植移植術の現状について. 第14回Tokyo Ocular Surface Forum, 東京, 2009/7/4.
  6. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患あれこれ. 第6回自治医科大学附属さいたま医療センター 眼科クリニカル・カンファレンス, さいたま市, 2009/7/25.
  7. 島 潤. 角膜移植:この20年の変遷. 慶應義塾大学医学部眼科 創設90周年記念講演会, 東京, 2009/10/3.
  8. 島 潤. オキュラーサーフェス疾患あれこれ. 第9回東京歯科大学眼科イブニングセミナー, 市川市, 2009/10/22.
  9. 島 潤. 角膜手術UP デイト. 眼疾患研究会 2009「秋」, 東京, 2009/11/5.
  10. 島 潤. 最近話題のオキュラーサーフェス疾患. 第12回臨床眼科フォーラム学術講演会, 上越市, 2009/11/13.
  11. 島 潤. 日常遭遇する角膜疾患の治療. 第11回札幌眼疾患研究会, 札幌市, 2009/11/28.
  12. ビッセン宮島弘子. 白内障手術と屈折矯正手術の最新情報. 総務委員会女歯科医会「講習会」, 横浜市, 2009/1/29.
  13. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズ. 眼科診療アップデートセミナー, 京都市, 2009/3/7.
  14. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズの臨床応用. 第8回東京歯科大学水道橋病院 症例報告会, 東京, 2009/5/14.
  15. ビッセン宮島弘子. 水晶体超音波乳化吸引術と眼内レンズ. 慶應義塾大学医学部眼科学教室 研修プログラム, 東京, 2009/5/19.
  16. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズを成功させる秘訣. 第6回静岡県東部眼科フォーラム, 沼津市. 2009/5/21.
  17. ビッセン宮島弘子. Add-On lens について. 第3回白内障・屈折矯正/網膜硝子体合同諮問会議, 名護市, 2009/7/4.
  18. ビッセン宮島弘子. トーリックIOL ~ Acrisof IQ TORIC ~ 臨床報告. 多焦点IOL症例検討会.アルコンレストアユーザーズセミナー, 東京, 2009/8/23.
  19. ビッセン宮島弘子. 眼内レンズの進歩. 慶應義塾大学医学部眼科創設90年記念講演会・祝賀会, 東京, 2009/10/3.
  20. ビッセン宮島弘子. 眼内レンズの進歩. 社団法人大阪府眼科医会教育ゼミナール, 大阪市, 2009/11/7.
  21. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズの最新情報. 聖母眼科 県民目の健康セミナー, 坂出市, 2009/11/8.
  22. ビッセン宮島弘子. Cataract Refractive Surgery〜多焦点とトーリック眼内レンズの登場〜. 第68回広島地方眼科学会, 広島市, 2009/11/29.
  23. ビッセン宮島弘子. AMO多焦点眼内レンズユーザーミーティング, 東京, 2009/12/12.
  24. 篠崎尚史. わが国の移植医療・臓器提供の現状について−最近の話題−, 第3回臓器提供・移植を考える神奈川の会, 川崎市, 2009/1/19.
  25. 篠崎尚史. 世界の移植事情について, 臓器提供の現場を知る体験型セミナー, 福岡市, 2009/2/21.
  26. 篠崎尚史. CKD患者のQOL向上のために〜腎移植拡大に向けた取り組み〜 慢性腎臓病(CKD)シンポジウム〜あなたの腎臓はだいじょうぶ?, 東京, 2009/2/13.
  27. 篠崎尚史. ドナーアクションプログラムとは, 神戸大学移植フォーラム, 神戸市, 2009/3/27.
  28. 篠崎尚史. 文部科学省が推進する臨床研究推進政策, 平成21年度名古屋大学先端医療開発戦略懇話会, 名古屋市, 2009/6/12.
  29. 篠崎尚史. WHOと臓器移植. NPO日本医学ジャーナリスト協会例会講演. 東京, 2009/6/25.
  30. 篠崎尚史. 臓器提供増加に向けて−WHOが推奨するスペイン成功モデル−, 第9回兵庫腎疾患対策協会総会特別講演, 神戸市, 2009/7/11.
  31. 篠崎尚史. 世界の臓器移植の現状とWHO宣言, 腎移植認定医 第1回集中教育セミナー,東京, 2009/7/12.
  32. 篠崎尚史. 環境と健康 気候変動と温暖化, 市川市健康都市推進講座,市川市, 2009/9/26.
  33. 篠崎尚史. 生命〜医療従事者からみた倫理観〜, 清心女子高等学校, 倉敷市, 2009/11/10.
  34. 佐竹良之. 明日から役立つ、アレルギー性結膜炎治療のポイント. 名古屋北部眼科懇話会, 名古屋市, 2009/1/28.
  35. 佐竹良之. アレルギー性結膜炎の病態把握とその治療戦略. 第8回北海道角膜セミナー, 札幌市, 2009/10/31.
  36. 佐竹良之. アレルギー性結膜疾患どう診てどう治す. 第442回小田原医師会・足柄上医師会合同学術講演会, 小田原市, 2009/12/17.
  37. 田 聖花. ドライアイとその類縁疾患. 第2回千葉眼科プライマリーケア研究会, 浦安市, 2009/2/26.
  38. 浅水健志. RRSからの角膜提供. 第31回福岡県臓器提供普及協議会, 福岡市, 2009/3/3.
  39. 浅水健志. 移植医療について. 看護部新人オリエンテーション, 市川市, 2009/4/2.
  40. 浅水健志. 鎖骨下静脈からの採血. 提供角膜の安全性確保のための講習会, 静岡市, 2009/5/28.
  41. 浅水健志. 移植医療と倫理. ヒューマニズム講義, 慶應義塾大学薬学部, 東京, 2009/12/1.
  42. 青木 大. 組織移植について. 第42回日本臨床腎移植学会 院内コーディネーター連絡会, 浦安市, 2009/1/29.
  43. 青木 大. 組織移植各論 皮膚・膵島・角膜, 平成20年度 第2回 JOTCo・. 都道府県Co・. 院内Co・. 組織移植Co・.アイバンクCo.合同セミナー, 市川市, 2009/2/15.
  44. 青木 大. 組織移植について. 第8回日本移植コーディネーター協議会総合研修会, 東京, 2009/11/1.
  45. 松本由夏. アイバンクと移植コーディネーター. 昭和学院中学職場体験学習, 市川市, 2009/9/29.
  46. 松本由夏. アイバンクと移植コーディネーター. 新松戸西小学校キャリア学習, 松戸市, 2009/11/22.
[このページのトップに戻る]
15.啓蒙(新聞)
  1. 島 潤. 患者を生きる 角膜移植@〜E. 朝日新聞, 2009/12/22-27, 27/29面.
  2. ビッセン宮島弘子. レーシックの安全性は・・・. 読売新聞, 2009/2/27, 37面.
  3. ビッセン宮島弘子. レーシック手術の危険性は?. 読売新聞. 2009/10/25, 17面.
  4. 篠崎尚史. 角膜移植 高まる技術. 朝日新聞, 2009/1/18, 18面.
  5. 篠崎尚史. 世界の移植臓器通し番号で管理. 朝日新聞, 2009/1/19, 1面.
  6. 篠崎尚史. 世界共通 臓器通し番号. 東京新聞, 2009/2/1. 20面.
  7. 篠崎尚史. 提供者家族 癒やす交流. 読売新聞, 2009/7/16. 医療ルネサンス
[このページのトップに戻る]
16.啓蒙(雑誌)
  1. 島 潤. 角膜上皮移植. Ophthalmic Foresight 14(1): 8-9, 2009.
  2. ビッセン宮島弘子. 理事会だより. IOL&RS 22:538, 2008.
  3. ビッセン宮島弘子. 白内障治療で老眼も治す. 日経メディカル 2:44-45, 2009.
  4. Bissen-Miyajima H. Protecting the corneal endothelium during cataract surgery. Ocular Surgery News 20(2), 2009.
  5. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズをめぐる最新の動向−新世代の回折型レンズの登場と評価療養導入の意義−. Ophthalmics MAGAZINE 7:2-7, 2009.
  6. ビッセン宮島弘子. レーシック手術とは. 女性セブン3/26: 44, 2009.
  7. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術. 先進医療Book, 2009.
  8. ビッセン宮島弘子. 多焦点眼内レンズを使った白内障手術. クリニックQ&A:6-7, 2009.
  9. ビッセン宮島弘子. カリスマ女医が答える「レーシック基礎講座」Q&A. プレイボーイ 24:34-41, 2009.
  10. ビッセン宮島弘子. 新名医の最新治療 vol.97 近視. 週刊朝日 9/11: 108-110, 2009.
  11. ビッセン宮島弘子. LASIKによる多焦点IOL術後の近視・乱視矯正も可能に. Medical Tribune: 21, 2009.
  12. ビッセン宮島弘子. 白内障の多焦点眼内レンズとはQ&A. Health & Life 10:21, 2009.
  13. 田 聖花. 治療法ディベート 血清点眼治療−その奥義を探る. Frontiers in Dry Eye 4(1): 62-69, 2009.
  14. 番 裕美子. ドライアイ外来最前線 東京歯科大学市川総合病院ドライアイ外来. Frontiers in Dry Eye 4(1): 60-61, 2009.
  15. 番 裕美子. トピックス@ 第33回角膜カンファランス 第25回日本角膜移植学会. Frontiers in Dry Eye 4(2): 22-23, 2009.
  16. 市橋慶之. 目で見て理解する疾患 ドライアイ. Alcon Eye 2: 2-5, 2009.
17.啓蒙(書籍)
  1. ビッセン宮島弘子. 医者がすすめる専門病院 東京都版 2009-12:391, ライフ企画, 2009/1.
  2. ビッセン宮島弘子. 老眼も治す多焦点眼内レンズ. 出会えてよかった−先進医療技術を選んだ患者さんたちのエッセー集−:122-129, コスモピーアール, 2009/4.
[このページのトップに戻る]
18.啓蒙(ラジオ/インターネット)
  1. ビッセン宮島弘子. 近視矯正レーシック(LASIK)とは. ラジオNIKKE「I 医学講座」, 2009/10/22放送.
  2. ビッセン宮島弘子. 白内障情報室. 白内障患者Webサイト監修, 2009/6.
[このページのトップに戻る]
-----
TOP
 
 
[このページのトップに戻る]
 
眼科お問い合せ
 
地図・交通案内

東京歯科大学 市川総合病院 眼科の専門分野と疾患別のご説明